【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 【2023年】プロジェクト管理ツール » Save Point(セーブポイント)

公開日: |更新日:

Save Point(セーブポイント)

Save Point(セーブポイント)は、発注連絡から納品まで、制作業務を一括管理できるツール。多種多様な大量のデータをやりとりしなければいけないゲームやアニメ制作などの業種に支持されています。

Save Pointの機能

制作スケジュールを一元化

複数の制作スケジュールをSave Point上でまとめて管理できる工程のスレッドでメッセージや制作物のやり取りができます。メールやチャットツール、アップロードソフトは必要ありません。

画像比較機能で修正漏れ防止

Save Pointには画像にコメントを追記する機能があり、訂正のニュアンスやミスの修正指示をはっきり伝えることができます。画像を重ね、切り替えて見比べる画像比較機能を使い、修正指示の抜け漏れのチェックも簡単。

ダウンロード時間をゼロに

Web上でプレビューを見ることができるので、データファイルのダウンロードが不要。ダウンロードして確認する手間、ダウンロードしたファイルを削除する手間は、1回1回は小さくても、あなどれない“塵も積もれば山となる”の無駄な時間なので、それがなくなるのは地味にうれしいポイント。

直感的で使いやすいUI

PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTファイルに対応しているので、広告や漫画制作などの業界ではコミュニケーションの効率を高めてくれます。

ムダなコミュニケーションを
省くスレッド機能

スレッド単位で各工程のメッセージや制作物のやり取りができるので、メールやチャットツールなどでのコミュニケーションのわずらわしさが減ります。

Save Pointで何が叶う!?

効率化

メール本文のURLからデータ共有サービスへ移動したり、素材のダウンロードの時間、PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTでデータの確認する作業、過去のメールを探してフィードバックを確認する…などなど、細かい工数を減らすことができます。

クオリティアップ

効率化の項目の効果で、クリエイティブに専念する時間を確保できます。

ミス防止

制作上のやりとりも含んだ全ての過程をSave Pointのみで完結できるので、共有フォルダや過去のCD、DVDなどからデータを探しまわる必要は無くなります。

そのため、紛失などのヒューマンエラーを防止できます。

ナレッジ化

ディレクターにとっては進捗を見える化するツール、デザイナーにとっては制作の一手間を削減するツールのSave Pointは、過去の案件のデータを全て保管、共有できるので、会社の資産としてナレッジ化していくことができます。

おすすめのクリエイティブ管理ツールを比較検討する

Save Pointの導入事例

事例01

グラム
「メンバー間の情報の統一ができるように」

課題01 メンバー間の情報共有やスケジュール管理が必要
課題02 アイデアやナレッジが蓄積されていなかった
Save Point gramn導入事例

引用元:Save Point
https://www.savept.com/2020/08/26/gramn/

Save Pointのスレッドビューに企画会議の内容は全て保存。過去に議論された内容がナレッジとして蓄積されているため、その場にいなかったメンバーも話し合いの内容や情報をキャッチできるようになりました。

情報は多いですが、ラベルの色やサムネイルなど視覚的に分かりやすいため情報の見落としがほとんどありません。コミュニケーションが見える化されることでメンバー間の情報が統一でき、効率性もアップしました。

参照元:Save Point https://www.savept.com/2020/08/26/gramn/

事例02

ミクシィ
「コミュニケーションのすれ違いがなくなった」

課題01 コミュニケーションのすれ違いトラブルを防止したい
課題02 イラスト製作工程のロールバックを避けたかった
課題03 属人化しやすいナレッジを蓄積したかった
Save Point mixi導入事例

引用元:Save Point
https://www.savept.com/2020/01/21/mixi/

Save Pointを導入したことで修正指示や監修が全てログに残せるようになりました。

コミュニケーションのログを案件やスレッドごとに分かれて探すことができすぐに確認できるため「言った・言わない」問題など、コミュニケーションのすれ違いがなくなりました。

ログが残るということはナレッジが蓄積されるということ。

判断基準の共有や、全てオープンなのでメンバーの上手なディレクションなど間近で見ることができて勉強にもなっています。

参照元:Save Point https://www.savept.com/2020/01/21/mixi/

事例03

DeNA
「チリツモ工数を減らしてコストも削減」

課題01 クリエイティブ制作フローが統一されていなかった
課題02 クリエイターの隙間工数を削減したかった
課題03 個々の作業内容のマネジメントをしたかった
Save Point DeNA導入事例

引用元:Save Point
https://www.savept.com/2020/01/15/dena/

ゲーム事業部のクリエイティブ制作における業務フローの整理を行い、進捗状況、制作点数の見える化を実現。

やり取りのログや素材など全てが一元管理されるようになり、PSDデータやclipデータもそのままプレビューできるようになったため制作管理のチリツモ工数を大幅に削減することができました。

複数部署にまたがってアカウント管理を行っていましたが、どの部署の誰がアカウントを持っているのか確認できる点も魅力的です。コスト削減にも繋がっています。

参照元:Save Point https://www.savept.com/2020/01/15/dena/

事例04

豊国印刷
「作業工程が可視化され業務の効率性アップ」

課題01 告知バナー制作を効率的に行いたかった
課題02 制作の過程が記憶任せになってしまっていた
課題03 制作品質のイメージ共有が難しかった
Save Point 豊国印刷導入事例

引用元:Save Point
https://www.savept.com/2019/11/26/toyokuni/

月に200本近いバナーを納品する際コミュニケーションにかかるコストが増えていましたが、Save Pointを導入したことで制作進行を管理。

やり取りや制作の流れが縦につながってみることができ、メンバー全員で同時に共有できるようになって進捗管理が効率的になりました。すべての発注物を一覧管理できるようにも。絵やビジュアルにフォーカスしたツールなので直感的に操作できます。

具体的な修正指示を出せるようになって引継ぎもスムーズになりました。

参照元:Save Point https://www.savept.com/2019/11/26/toyokuni/

事例05

ゲシピ
「クオリティの平準化にも繋がった」

課題01 多数のツールを使用していて業務が非効率になっていた
課題02 動画データの受け渡しに時間がかかっていた
Save Point ゲシピ導入事例

引用元:Save Point
https://www.savept.com/2019/08/08/gecipe/

Save Pointでは、フリーのアップロードツールを使用していたときに起きていたデータの破損問題がおこらないため、無駄な時間を削減できて、データの保全性にも繋がっています。

また動画をダウンロードせずそのままプレビューできるため、管理ミスによる二度手間三度手間が全くなくなりました。結果として大幅に業務の効率性がアップしました。

とても分かりやすいUIのためメンバー全員がすぐ使用でき、業務の透明化やクオリティの平準化も達成することができました。

参照元:Save Point https://www.savept.com/2019/08/08/gecipe/

その他の導入企業

Save Point導入事例
引用元:Save Point https://www.savept.com/cases/

WonderPlanet/LIBER/LANDHO!/MAGES./MARVELOUS!/FujiGames/dwango/DMM GAMES/ゲシピ/grimoire/Gramn/面白法人カヤック/IGNIS/anixare/Akatsukiなど

2020年12月時点の情報 参照元:Save Point https://www.savept.com/

クリエイティブ管理におすすめ!
プロジェクト管理ツール2選

Save Pointのネット上の
口コミ・評判

Save Pointはどういう企業や
部署に向いている?

アニメやゲームなどの事例が多く、公式サイトでも「多彩なゲームアセットへの対応」との記載があることから、やはりアニメ・ゲーム業界に向いていると言えるでしょう。

クリエイティブ管理ツールは、Save Point以外にも多彩なものがリリースされています。以下にまとめていますので、参考にしてください。

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

【2023年】プロジェクト管理ツール
オンラインストレージおすすめ一覧
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Stock(ストック)