プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » MeisterTask

公開日: |最終更新日時:

MeisterTask

MeisterTaskは、多彩なタスク管理機能をメインとしたプロジェクト管理ツール。タスク機能を通じた「これからの仕事」の管理だけではなく、分析機能を通じた「終わった仕事」のレポート作成も得意とするPDCA型のツールです。機能の特徴やユーザーからの口コミ評判などをチェックしてみましょう。

MeisterTaskの機能

カンバン形式をベースにしたカスタマイズ可能なプロジェクト管理機能

カンバン形式をベースとし、自由にカスタマイズできるプロジェクト機能を搭載。プロジェクトごと、部署ごと、企業ごとに使い勝手の良い仕様に仕上げることで、それぞれに合った業務効率化を目指すことができます。 フィルター機能やタイムライン機能、自動化機能、繰り返しタスク管理などの様々な機能もプロジェクト管理機能に標準搭載。

議事録やフィードバックなどをログ化

プロジェクトをスタートさせて完了させるまでの間、「検討したこと」や「決まったこと」などを、確実に共有し保管しておくことが大事。これらの情報が行方不明になってしまうと、関係者同士の「言った」「言わない」の問題へ発展しかねません。

MeisterTaskでは、メールやチャットでは行方不明になりそうな情報をログ化するので、後からでも簡単に確認することが可能。精度の高い情報管理を実現します。

「MeisterTask」の名の通りタスク機能が非常に充実

そのツール名が示す通り、MeisterTaskは、何よりタスク機能が充実した管理ツールです。単にタスクと期日を登録したり通知がきたりする機能だけではなく、時間トラッキング機能(タスクに費やされた時間の追跡)やタスク関係性機能(関連タスク、重複タスクなどの紐づけ)など、他の管理機能とは一線を画したタスク管理機能を多数搭載しています。

MeisterTaskで何が叶う!?

業務の効率化

プロジェクトに参加する各メンバーのタスクをカンバン形式で一元管理できるため、各メンバーに無駄のない動きが期待できます。結果、プロジェクト全体で業務が大きく効率化する可能性があるでしょう。レポート機能も細かく活用すれば、メンバーの適材適所も分かりやすくなるため、一層の業務効率化が期待できます。

生産性の向上

様々なタスク管理機能を駆使することで、結果として生産性の向上へとつながる可能性があります。たとえばタスク機能の一つである時間トラッキング機能。特定のタスクに費やされた時間を追跡する機能ですが、この機能をよく分析することにより適切な時間配分を検討しなおすことができます。すなわち、時間のかかる業務は時間を増やし、時間のかからない業務は時間を削る。これを単純に実践するだけでも、大きく生産性が向上することでしょう。

クオリティアップ

各種のタスク機能などを駆使することで、メンバーたちの中には、時間と心の余裕が生まれる可能性があります。この余裕の部分を生産物の厚みに加えたり、または、自己研鑽や余暇にあてるなどすれば、生産物のクオリティアップが期待できます。生産物のクオリティが上がれば、クライアントの安定化や新規獲得にもつながるのではないでしょうか。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

MeisterTaskの導入事例

MeisterTaskの導入事例は公式サイトに記載ありません。

その他の導入企業

MeisterTaskの導入事例は公式サイトに記載ありません。

MeisterTaskの
ネット上の口コミ・評判

これまでは、タスク管理は個人の手元で各人がバラバラに行っていたが、プロジェクトなど人と関わる仕事する際なども含めて、情報を共有することで進捗状況や関連するタスクも確認することができるようになり、生産性が向上した。

引用元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/meistertask/profile#review-15855)

非エンジニアの方にも気軽にアイデアを書いてもらうカンバンツールとして利用しています。操作も簡単、見た目の抵抗感も無いですし、楽しんで書けるとのことで重宝しています。

引用元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/meistertask/profile#review-15855)

MeisterTaskは
どういう企業や
部署に向いている?

多彩なタスク管理機能による業務の効率化、およびプロジェクトの分析を通じたレポート作成を得意とするMeisterTask。PDCAを軸にして動くすべての企業・部署において、MeisterTaskを有益に使えるものと思われます。 ソフトウェアサービス会社、金融機関、交通機関など、すてに多くの組織の多くのプロジェクトで導入されているMeisterTask。ベーシックプランは無料で利用できるので、試してみたい管理者の方はMeisterTaskの公式HPをチェックしてみてください。

クリエイティブ向け
プロジェクト管理
ツールを探す

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
monday.com
smartsheet(スマートシート)
jive(ジャイブ)
Asana(アサナ)
Notion
Agilefant
Taskworld(タスクワールド)
サイボウズOffice
gantter
Youtrack
アラジンオフィス
ganttpro
Contrack(コントラック)
みんなでガント
Adobe Creative Cloud
Bitrix24
JECTOR(ジェクター)
Tom’s planner
NotePM
SI Object Browser PM
MA-EYES(エムエーアイズ)
Huddler
Time Krei(タイムクレイ)
Save Point(セーブポイント)
kintone(キントーン)
Brabio!(ブラビオ)
ActiveAssets(アクティブアセット)
GoogleTables
Evernote
Brushup(ブラッシュアップ)
universions(ユニバージョンズ)
COMMU
Todoist
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
SMOOTHie(スムージー)
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
Sciforma(サイフォーマ)
synco(シンコー)
Redmine(レッドマイン)
ANDPAD
CIERTO(シエルト)
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
Stock(ストック)
ReTask
Project Director
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
ZAC(ザック)
vync(ビンク)