プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)

公開日: |最終更新日時:

VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)

クリエイティブ制作を行う上での制作管理ツールであるVideo Works クラウド。

制作における全ての作業を一元管理します。電話やメールだと時間も労力もかかる修正指示を、画面に直接書き込むことで効率的に行うことができるでしょう。

以前はCrevo Baseという名称でしたが、2020年11月17日(※)に名称をVideo Works クラウドに変更しています。

※参照元:公式note https://note.com/crevo_base/n/n36bc1681599f

Video Works クラウドの
機能

画面に書き込める
レビュー機能

レビュー機能では、画面に直接修正指示を書き込めます。修正履歴も残るため、後の確認にも役立つでしょう。関係者内での共有も可能で、電話やメールでの修正依頼を行う必要がなく、効率的な作業が見込めます。

簡単な操作で
スケジュール作成

スケジュールの作成や編集が直感的な操作で行えます。タスク漏れも自動的に通知する機能も搭載。テンプレートが保存できるため、毎回ゼロから作成する必要はありません。スケジュール作成作業の手間を省くことができます。

安全な環境でのファイル共有

ファイルのシェア用URLを発行することで、ファイルの共有が行えます。ファイルはプロジェクトに紐づいて管理されるため、行方不明になることはないでしょう。パスワードと有効期限を設定することで、安全な環境でのシェアが可能となります。

直感的なリソース管理が可能

リソース管理機能では、メンバーの稼働状況を一目で確認できます。プロジェクトを横断して確認できるため、同時並行の案件が多いプロジェクトでも問題ありません。誰が何をしていて、誰をアサインするべきか瞬時に把握できるでしょう。

クリエイターへの仕事依頼機能

Video Works クラウド(旧Crevo Base)には国内外7,000名もの登録クリエイターが所属。クリエイターの過去の実績や評価も閲覧できるため、企業の要望に合ったクリエイターに作業を依頼することができます。

Video Works クラウドで
何が叶う!?

効率化

動画などの制作において画面に直接修正指示を書き込めるため、修正指示の依頼が分かりやすくなります。管理者側・製作者側両方の作業時間を短縮することができ、作業効率化が見込めるでしょう。

また、複数案件をひとりの担当者が並行して進める場合、各案件のデータが分散してしまい管理が煩雑になってしまいます。しかしVideo Works クラウドでは案件単位でファイルの共有やスケジュール管理ができるため、効率的に複数案件を同時進行できます。

クオリティアップ

スケジュール管理やリソース管理が直感的にできるため全体を見渡せるようになります。マネジメント業務が効率よく行えるようになり、空いた時間で新しい取り組みを行えるでしょう。結果として、全体的なクオリティアップに繋がります。

ミス防止

レビュー機能では修正依頼履歴や修正履歴が残ります。後から確認できるため、言った言わない問題が発生することはありません。すれ違いや勘違いを防ぎ、ミスが発生しにくい環境をつくれるでしょう。

当サイトでは、そのほかナレッジ化に関する情報もまとめていますが、VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)の公式サイトからはその情報が得られませんでした。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

Video Works クラウドの
導入事例

事例01

インターコネクト
「30分かかっていた修正指示が6分で完了」

課題01 動画修正指示に1回当たり30分ほどの時間がかかっていた
課題02 指示や確認のための電話のやり取りが煩雑
課題03 ディレクターが常に忙しく、新たな担当領域を広げる時間を確保できない
インターコネクトVideoWorks クラウド(旧Crevo Base)導入事例

引用元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
https://base.crevo.jp/cases/interconnect

仕事依頼機能やファイル管理機能があり、静止画や動画に直接修正指示を書き込むことが可能です。

指示内容はプロジェクトやファイル別に管理できるため、これまで30分かかっていた修正指示をわずか6分に短縮。秒単位で直接指示ができるため、電話での確認や、やりとりも大幅に減少できました。

さらに、ツールの一元化によりディレクション統括がしやすくなったことで、ディレクターの業務を効率化が可能となり、マネジメント効率もアップしました。

参照元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base) https://base.crevo.jp/cases/interconnect

事例02

ブランディングテクノロジー
「具体的な働き方改革の実践に寄与」

課題01 案件増加に伴い、PMと制作の両立が難しくなっていた
課題02 コストや固定費がかかるため、積極的な新人採用ができなかった
課題03 スタッフの業務量は増える一方で、少しでも削減したかった
ブランディングテクノロジー VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)導入事例

引用元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
https://cloud.videoworks.com/cases/branding-t

「ジョブボード」を活用することにより、アウトソースが可能な編集作業などを映像エディターに発注することが可能となりました。そのため、社内スタッフがプロジェクトマネジメントに集中することができ、負担軽減を図りながら質の高い提案ができるように。

制作管理ツールでプロジェクトを見える化することで、各スタッフの業務量の最適化も図られました。働き方改革と質の高いソリューションの提供が同時にできたことに大きな成果があったと考えています。

参照元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base) https://cloud.videoworks.com/cases/branding-t

事例03

ソフトバンク
「膨大な量のマニュアル動画の制作を標準化」

課題01 マニュアル動画の制作と修正に手間と時間がかかっていた
課題02 作業の抜け漏れや追加修正の見落としがあった
課題03 フォーマットの統一、過去バージョンとの比較が難しかった
ソフトバンク VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)導入事例

引用元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
https://base.crevo.jp/cases/softbank

動画に直接修正指示を書き込むことができるようになり、案件ごとに書き出す必要がなくなりました。修正した内容もファイル機能により一元管理できるため、必要な時に確認することで抜けや漏れも激減。

フォーマットや過去バージョンとの比較も容易になり、制作の標準化ができたことも大きな成果のひとつです。

業務全体の効率化や工数の削減が可能となったため、よりユーザーの理解度を上げるためのコンテンツや施策を企画することもできるようになりました。

参照元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base) https://base.crevo.jp/cases/softbank

事例04

富士通エフ・オー・エム
「情報共有がスムーズに」

課題01 外部ファイル転送サービスの使用で、データの分散、煩雑な管理という課題があった
課題02 セキュリティ要件が壁となり、自由に情報を共有することが難しかった
課題03 社内での制作ノウハウの共有に時間や手間がかかっていた
富士通エフ・オー・エム VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)導入事例

引用元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
https://base.crevo.jp/cases/fujitsufom

スケジュール機能やファイル機能を活用することで、案件単位でのファイルの共有、スケジュール管理ができるようになりました。また、1人の担当者が複数の案件を同時進行していく際、情報共有がスムーズに行えることも大きなメリット。

閲覧パスワードや公開期間の指定が可能なので、セキュリティに配慮しながらファイルの共有ができます。さらに、担当以外の案件の進捗状態を確認でき、過去データへのアクセスもしやすくなったため、制作ノウハウについても容易に共有できるようになりました。

参照元:VideoWorks クラウド(旧Crevo Base) https://base.crevo.jp/cases/fujitsufom

その他の導入企業

上記に事例を載せた企業以外の名前や事例は掲載されていませんでした。

Video Works クラウドの
ネット上の
口コミ・評判

Video Works クラウドは
どういう企業や
部署に向いている?

Video Works クラウドはクリエイティブ制作の管理ツールです。業種や会社規模問わず様々な企業で利用できますが、広告代理店や制作会社などの企業や、動画などの製作を行う部署に特に向いているでしょう。

制作にふさわしい機能がほぼ揃っていますが、その他のクリエイティブ管理ツールも比較検討してみたい…という場合は、以下のページにクリエイティブ管理ツールのまとめがありますので、参考にしてください。

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

VideoWorksの費用

・仕事掲載・依頼は無料(クリエイターから手数料20%を徴収)
・動画・映像制作会社、広告代理店向け月額プラン(金額記載なし)
・大手企業向け安心保証プラン(金額記載なし)
参照元:VideoWorks公式HP(https://videoworks.com/plan/)

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Reforma PSA(レフォルマピーエスエー)
GoWorks(ゴーワークス)
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
Microsoft Project
MeisterTask
smartsheet(スマートシート)
AdFlow(アドフロー)
Jooto(ジョートー)
Agilefant
MA-EYES(エムエーアイズ)
Sciforma(サイフォーマ)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
ReTask
ZAC(ザック)
みんなでガント
アラジンオフィス
Project Director
クラウドログ(旧InnoPM)
Redmine(レッドマイン)
SI Object Browser PM
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Save Point(セーブポイント)
Nozbe
ganttpro
Stock(ストック)
Contrack(コントラック)
EAST2
vync(ビンク)
Notion
Wrike(ライク)
jive(ジャイブ)
kintone(キントーン)
Zoho Projects
Bitrix24
Mammoth Project
monday.com
gantter
Brabio!(ブラビオ)
universions(ユニバージョンズ)
synco(シンコー)
Jira(ジラ)
サイボウズOffice
GoogleTables
NotePM
Trello(トレロ)
Genie Frame(ジニーフレーム)
Instagantt
Huddler
ANDPAD
Youtrack