プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » GroupTask

公開日: |最終更新日時:

GroupTask

必要な機能のみ搭載、チーム運営を円滑にするGroupTask。

タスク管理と情報共有が可能なGroupTaskの機能や導入のメリットをチェックしよう。

GroupTaskの機能

見える化で管理サポート

プロジェクトリーダーなどの管理者が各スタッフの業務状況をツール上で把握可能な点もメリットのGroupTask。各タスクにどの程度の時間を要しているのか、離れた場所でも画面上で確認できるため、連絡・確認作業の双方の負担軽減にも貢献しています。

依頼も受託もシンプルに

GroupTaskでは、ツールを経由し、メンバーにタスクを依頼することができます。また、サブタスクを作成することで、複数のメンバーでの業務分担も依頼も可能。優先度や期日、担当者の設定が可能なので、依頼する側も受ける側にもわかりやすい点がポイントの機能でしょう。

ツール上で進捗報告

プロジェクトミーティングをすることなく、進捗状況の報告要求が可能なGroupTask。タスク作成者が担当者に対してボタン一つで進捗報告を要求できる機能も特徴の一つです。ツールを通して各スタッフの業務状況を把握でき、プロジェクト運営の円滑化をサポートしています。

期日や優先度順表示で作業効率アップ

GroupTaskでは、各スタッフは自分が担当する業務を一目で把握できるようマイタスクにも工夫があります。このマイタスクでは、レスポンスしなければいけないタスクなど、期日や優先度順に表示されます。これにより、自分の業務状況をすぐに把握でき、効率的な作業を行うことができます。

複数のプロジェクトの同時進行もOK

企業では、複数のプロジェクトに所属するスタッフも少なくありません。GroupTaskでは、一つのアカウントでいくつかのグループに所属することが可能です。メニューバーでグループ選択をすることで、グループごとの業務進捗や自分が担当のタスクの確認も簡単に行え、期日漏れなどを防ぐツールとしても役立つでしょう。

GroupTaskで何が叶う!?

リモートワーク中でもスタッフ管理の負担軽減

管理者が各スタッフの業務を管理することもプロジェクトでは必要不可欠です。複数の働き方を取り入れる企業にとって、社内ワークでもリモートワークでも同じ成果を上げなければならず、管理者にとって各スタッフの業務進捗状況の把握手段が課題ともいえるでしょう。GroupTask は、管理者が各スタッフの業務をタイムリーに確認・指示を出せるため、今までの体制を大きく変えることなくプロジェクトを進められる点もメリット。少ない負担で円滑な運営が可能となることで、働き方によって成果が左右されるというリスク回避にもおすすめです。

自分の仕事に集中できる環境構築

GroupTaskにより、これまで費やしてきたミーティングや確認・報告作業の時間を自分の作業時間に充てられる点も導入のメリットの一つです。業務の依頼、報告もGroupTask内で完結し、ミーティングや電話連絡など作業を遮られることもないため、各スタッフの作業効率アップにも期待できるでしょう。また、個人のタスク管理やスケジュール管理もGroupTask上で見える化されるため、作業以外の無駄な時間を削減できます。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

GroupTaskのネット上の
口コミ・評判

シンプルなので利用しやすい

シンプルなところが魅力的です。UIも良いと思います。機能がシンプルなので利用しやすい。入力が簡単で気に入っております。UIもきれいでお気に入りです。

入力に時間をかけるのは極力避けたいのでGroupTaskのシンプルさは良い。

引用元:GroupTask(https://grouptask.biz/#carouselExampleIndicators-sample)

海外製では無く日本製

PC、スマホ、タブレットと使用可能で、OSもiOSとandroidでも使用可。海外製では無く日本製で、リテラシーの高低関わらず使用可能。ここが導入基準だったので、全く問題無いです。

引用元:GroupTask(https://grouptask.biz/#carouselExampleIndicators-sample)

GroupTaskはどういう企業や部署に向いている?

GroupTask は無料プランから月額2,500円ほどのプランまでの4種類を提供しています。プランごとにタスクの保存期間などが異なり、プロジェクトの規模や企業規模に応じて選択可能な点もポイントでしょう。無料のまま継続使用もできるため、少人数のプロジェクトチームで気軽に導入することもできます。GroupTaskは、業種にかかわらず、チームとして一つの仕事を進める場合にもおすすめのツールといえるでしょう。

GroupTaskの費用

・フリー:容量1GB・30タスク、0円/日
・スタンダード:容量 30GB・2,000タスク、10円(税込)/日・ユーザー
・プレミアム:容量 200GB、タスク制限なし、8,500円(税込)/月・ユーザー
参照元:GroupTask公式HP(https://grouptask.biz/course)

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
monday.com
MeisterTask
サイボウズOffice
Redmine(レッドマイン)
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
ANDPAD
Wrike(ライク)
gantter
Tom’s planner
synco(シンコー)
Project Director
Jooto(ジョートー)
Zoho Projects
Huddler
MA-EYES(エムエーアイズ)
Bitrix24
ReTask
jive(ジャイブ)
Qast
AdFlow(アドフロー)
クラウドログ(旧InnoPM)
Microsoft Project
GoWorks(ゴーワークス)
みんなでガント
Contrack(コントラック)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
Adobe Creative Cloud
Reforma PSA(レフォルマピーエスエー)
Trello(トレロ)
Stock(ストック)
aipo
Evernote
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Brabio!(ブラビオ)
GoogleTables
Mammoth Project
COMMU
Todoist
smartsheet(スマートシート)
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
clarizen(クラリゼン)
universions(ユニバージョンズ)
kintone(キントーン)
vync(ビンク)
Redbooth
Time Krei(タイムクレイ)
Save Point(セーブポイント)
SI Object Browser PM
SMOOTHie(スムージー)
ZAC(ザック)