プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » EAST2

公開日: |最終更新日時:

EAST2

EAST2は、商談からプロジェクト進捗、勤務管理など、会社業務のすべての効率化を図る総合的な管理ツール。すべての機能のベースに「原価管理」の発想を置いている点が、EAST2の個性・強みとなるでしょう。

EAST2の機能

商談から受注・回収までの引合受注管理機能

会社にとって、プロジェクトやタスク以前に行うべきベースとなる業務が営業。営業管理なくして、何の仕事も成り立ちません。EAST2は、商談管理、引合・見積管理、受注・納品管理、請求・回収管理、顧客台帳など、営業管理に関連する様々な機能を搭載。営業をタスク化に近い状態にすることで、営業担当者の負担を大きく抑えます。

予算作成や進捗状況が一目で分かるプロジェクト管理機能

プロジェクトの遂行に関連して、予算管理や工程進捗管理、プロジェクト原価管理などの機能を搭載しています。特にEAST2は、原価管理に強みを持つツール。クオリティの高い仕事を低予算で提供するためには、ツールを活用した緻密な原価管理が必須となるでしょう。

休暇や時間外も含めた正確な勤務管理機能

各スタッフの詳細な勤務管理機能もEAST2の特徴。勤務計画(シフト)や勤務実績などの一般的な管理機能のほか、休暇申請、時間外勤務(申請・承認)、代休管理、36協定チェック、各種休暇管理など、勤務に関連するすべての機能を細やかに管理することができます。アバウトな勤務管理を排除し、大切なスタッフに長く働いてもらうためのツールとも言えます。

EAST2で何が叶う!?

原価管理

EAST2のキャッチコピーは「プロジェクト原価管理型EPR」。発生時点での入力を原則としたプロジェクト原価の「見える化」を通じ、予測と実績を踏まえた経営状況のモニタリングをできることが、EAST2の強みと言えます。原価管理をベースにしたPDCAの繰り返しにより、経営管理の精度が向上していくことでしょう。

効率化

受注管理や進捗管理、勤務管理などの各種機能をフル活用することで、様々な部署・部門・チームにおける無駄が排除されることでしょう。ひいては、会社全体の業務効率化が実現します。

クオリティアップ

部署を問わず、一人ひとりのスタッフの業務が効率化することにより、時短効果が生まれます。時短によって創出された時間を使ってプロジェクトに厚みを加えれば、クライアントに提供するサービスのクオリティがアップすることでしょう。クオリティの高いサービスを提供することで、クライアントの定着を図ることもできます。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

EAST2の導入事例

事例01

非公表
「紙ベースでの作業が減り業務が効率化」

課題01 紙ベースによる作業が多く手間がかかる
課題02 紙資料の持込みにともなうミスが多い
課題03 非効率な作業で取引先を待たせることが多かった

EAST2と連動するタブレットアプリ工(TAKUMI)を準備しております。電子化したマニュアルなどタブレットに入れて現場へ持ってゆけるため、重い資料を現場に持ち込む必要がありません。また、予定になかった機器の資料については、取りにもどらずともネットを使って取り寄せることができます。点検や作業の記録はその場で報告書として作成し、作業の完了後すぐに、お客様へお渡しすることができます。

参照元:キューキエンジニアリング https://solution.keng.co.jp/case/

事例02

キューキエンジニアリング
「現場と事務方との情報共有が実現」

課題01 現場作業が多く情報共有が難しかった
課題02 現場から共有フォルダを見ることができなかった
課題03 紙資料の保管場所が共有されていなかった

電子ファイルの管理と紙の所在管理ができ、電子ファイルは登録すると閲覧用としてPDFに自動変換しますので、現場からも閲覧が可能です。また、チェックイン・アウト機能によるVer管理。組織による閲覧権限の設定、プロジェクトに紐づけての管理なども可能です。

参照元:キューキエンジニアリング https://solution.keng.co.jp/case/

その他の導入企業

導入企業はたくさんあるようですが、具体的な企業名は公表されていませんでした。

2021年5月時点での情報の参照元:キューキエンジニアリング https://solution.keng.co.jp/case/

EAST2のネット上の口コミ・評判

口コミは見つかりませんでした。

EAST2はどういう企業や部署に向いている?

業種を問わず、あらゆる会社で有益に活用できるプロジェクト管理ツールです。特に、資材・機材や棚卸資産などの原価管理が重視される業態においては、非常に重宝されるツールになるのではないでしょうか? なおEAST2の公式HPでも説明がありますが、EAST2は大企業向けのツールではなく「中堅・中小企業向け」のツールになることを了承しておきましょう。

EAST2の費用

公式HPに記載がありませんでした。

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Huddler
MA-EYES(エムエーアイズ)
clarizen(クラリゼン)
Contrack(コントラック)
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
Zoho Projects
Mammoth Project
Notion
Jooto(ジョートー)
smartsheet(スマートシート)
Reforma PSA(レフォルマピーエスエー)
Agilefant
gantter
Project Director
COMMU
Genie Frame(ジニーフレーム)
vync(ビンク)
GroupTask
kintone(キントーン)
universions(ユニバージョンズ)
Youtrack
Stock(ストック)
Save Point(セーブポイント)
Microsoft Project
Asana(アサナ)
Jira(ジラ)
NotePM
ZAC(ザック)
クラウドログ(旧InnoPM)
Tom’s planner
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
AdFlow(アドフロー)
Bitrix24
Todoist
サイボウズOffice
Trello(トレロ)
SMOOTHie(スムージー)
ganttpro
みんなでガント
monday.com
synco(シンコー)
Brabio!(ブラビオ)
CIERTO(シエルト)
ReTask
Evernote
Time Krei(タイムクレイ)
Redbooth
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
ActiveAssets(アクティブアセット)
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)