【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール » HUE Project Board

公開日: |最終更新日時:

HUE Project Board

HUE Project Boardは社内外でのプロジェクトを円滑に進めるために開発された、オンラインシェア型プロジェクト進捗管理サービスです。2021年7月利用開始と新しいサービスですが、ガントチャート機能やかんばん機能を搭載し、チームや組織、外部との業務の効率化をサポートします。

HUE Project Boardの機能

直感的な操作で扱いやすい操作画面

HUE Project Board直感的な操作で扱いやすい操作画面
引用元:

HUE Project Boardは、表計算ソフトのような感覚でタスク内容や担当者、期限を直感的な操作で入力できます。管理項目は簡単な設定で変更・追加が可能です。変更内容はリアルタイムで反映されるため、他のメンバーもすぐに確認できます。
プロジェクトの進捗状況は、ガントチャート機能やかんばん機能で更新できるため、確認も容易です。

プロジェクトやタスクの完了率などを分析可能

HUE Project Boardプロジェクトやタスクの完了率などを分析可能
引用元:

プロジェクトごとに、完了率やタスクの配分及び進捗率を確認することができます。また、コメント機能を活用して、タスク内で進捗を確認し調整が可能です。チームリーダーが、全体およびメンバーひとりひとりの状況を把握し、分析することで、プロジェクト全体の遅延を防ぎます。

外部との共同プロジェクトでも安心

HUE Project Board外部との共同プロジェクトでも安心
引用元:

社外の取引先と一緒にプロジェクトを進める場合、アクセスできる範囲が社内と社外で異なるケースが考えられます。こういった場合、社内とゲストのユーザーを分けて管理でき、招待可能なユーザーを安全に制限できるため、安心してプロジェクトを進めることができます。

HUE Project Boardで何が叶う!?

ファイル更新の手間がなくなる

プロジェクトでエクセルを利用したファイル管理を行っている場合、同じタイミングに更新を行うと、どちらが最新版かの把握ができなくなってしまいます。Hue Project Boardは進捗やタスク登録がリアルタイム更新のため、ストレスなく常に最新のプロジェクト情報を確認することができます。

テレワーク中でも進捗を共有できる

テレワークによってお互いのコミュニケーションがとりづらくなり、タスク進捗が把握しにくくなったかもしれません。しかし、Hue Project Boardではリアルタイムで進捗状況が把握できます。コメント機能も備わっているため、必要な場合はタスク内で進捗確認を行うことも可能です。

社外ともプロジェクトの進捗を共有できる

即時のコミュニケーションが難しい社外とのプロジェクトでも、共同で進捗管理ができます。ゲストユーザーを招待する際には、プロジェクトごとにドメインを設定できたり、部外者を招き入れないようセキュリティも安全です。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

HUE Project Boardの導入事例

事例01

TDK株式会社(井出氏・須澤氏)

HUE Project Board事例1

引用元:

HUE Project Board導入のきっかけと使用状況

システムの開発者とプロジェクトマネージャーのミーティングでタスクを話し合っている時に、ワークスさんが、タスク内容と期限を、その場でWBS(HUE Project Boardの前身)にぱぱっと入力してくれました。
その後、別の業務をやってからこのプロジェクトのことに戻った時に、WBSをぱっと見て、「あ、このタスク今週中にやらなきゃいけないんだった」、とビジュアルだけですっと入ってきたんです。実際に使ってみたことで、確かにこの機能はあった方がいいなと思いました。
直感的に操作できるデザインなので、誰でも「HUE プロジェクトボード」にすぐに馴染めるようになると思います。テーマの進捗状況の共有が非常にスムーズになるので、今後も、営業の事業部担当や海外拠点も含め、TDKの中で広く共有して使っていきたいですね。

その他の導入企業

TDK株式会社以外のHUE Project Board導入事例は、公式サイトに記載がありませんでした。

HUE Project Boardのネット上の
口コミ・評判

ネット上に、HUE Project Boardの口コミは見つかりませんでした。

HUE Project Boardはどういう企業や
部署に向いている?

HUE Project Boardはプロジェクトでのコラボレーションを支援する管理ツールです。そのため、複数のプロジェクトを抱えるチームに特に向いていると言えるでしょう。

HUE Project Boardの費用

20名まで、30日間無料のトライアルが利用できます。

トライアル終了後は、自動での契約移行は行われないため、有料契約を希望する場合は、株式会社ワークスアプリケーションズまで問い合わせてください。

プラン名 プロジェクトボード
月額費用 1,056円
ストレージ
容量
10GB
(1ライセンスあたり)

デザイナーも使える
プロジェクト管理ツールを探す

そのほかのエンジニア向け
プロジェクト管理ツールを探す

関連ページ

【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール
Brabio!(ブラビオ)
ActiveAssets(アクティブアセット)
Qast
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Microsoft Project
サイボウズOffice
kintone(キントーン)
GoWorks(ゴーワークス)
Agilefant
Jira(ジラ)
Asana(アサナ)
NotePM
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
Tom’s Planner
Huddler
Project Director
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
Youtrack
ReTask
Bitrix24
synco(シンコー)
aipo
vync(ビンク)
Adobe Creative Cloud
みんなでガント
Stock(ストック)
Reforma PSA(レフォルマピーエスエー)
Save Point(セーブポイント)
Todoist
Trello(トレロ)
AdFlow(アドフロー)
universions(ユニバージョンズ)
JECTOR(ジェクター)
クラウドログ(旧InnoPM)
OpenProject
CIERTO(シエルト)
gantter
Mammoth Project
Zoho Projects
ganttpro
Sciforma(サイフォーマ)
Flow
Instagantt
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
Notion
SI Object Browser PM
ZenHub
Contrack(コントラック)
ZAC(ザック)
Nozbe