【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 【2023年】プロジェクト管理ツール » GoogleTables

公開日: |更新日:

GoogleTables

GoogleTablesは、Googleが発表したプロジェクト管理ツールです。まだアメリカのみの公開となっており日本でのリリースはこれからですが、スプレッドシートなど親しんだツールとの連携も含めて期待されているツールとなっています。

GoogleTablesの機能

botによる作業自動化

GoogleTablesの特徴としては、手作業で行っていたものをbotが行ってくれるというものが挙げられます。例として挙がっているのが、タスクの期日などをメールで送れるようになるというもの。botはノーコードで設定が可能となっているため、スクリプトを書く知識がない方でも設定することが可能なようです。

スプレッドシート等既存サービスとの連携

レポーティングに関して、CSV・スプレッドシートの利用が可能となっています。出力が可能となっているだけでなく、CSVのインポートもできるようです。

柔軟なビュー表示

スプレッドシート形式のガント的な見せ方をはじめ、リスト形式・カンバン・チケットでの管理など、いくつかのビューでタスクの管理が可能です。特定のビューに依存しないため、個々の好みやプロジェクトの様式にあわせて柔軟に対応できるツールとなっているようです。

GoogleTablesで何が叶う?

botによる効率化

メールでのアラートや出力設定など、これまで手作業でやっていた部分もbotでの対応が可能になるとのこと。これが効率化の観点では一番大きいと言えるでしょう。しかもノーコードで設定ができるというので、誰でも使いやすく効率化につなげられるのはプロジェクトマネージャーとしては魅力なポイントです。

既存のGoogleサービスとの連携

スプレッドシートやGmailなど、Googleのサービスを利用している人は多いでしょう。既存のサービスとも連動させられることは、プロジェクト管理ツールの導入にあたって非常に魅力です。さらに、無料プランも用意されているため、まずは個人的に試してみることもできます。自分で使ってみて、使いやすければチームに導入を検討するといった動きもできるので、今後の国内リリースにも期待が持てます。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを比較検討する

GoogleTablesの導入事例

GoogleTablesの導入事例は掲載されていませんでした。

GoogleTablesの口コミ評判

GoogleTablesはどういう企業や
部署に向いている?

まだアメリカでベータ版が展開されているのみで、日本国内のリリースはまだですがGoogleのサービスを中心に業務を行っている企業にとっては導入しやすいツールであると言えるでしょう。botによる自動化など、プロジェクト管理により効率化を求めている場合は非常に役立ちそうです。無料プランもあるようなので、個人単位で導入してUIを試してみるとよいかもしれません。

関連ページ

【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

【2023年】プロジェクト管理ツール
オンラインストレージおすすめ一覧
vync(ビンク)
Sciforma(サイフォーマ)