ツールひとつで、
仕事が変わる。
生活が変わる。
世界が変わる。

仕事を劇的に効率化させるために、個々にスキルアップを求めるだけの時代はもう終わり。
会社の業務内容にあったプロジェクト管理ツールを導入するだけで、効率化・ミス防止・クオリティアップが実現可能です。
このサイトでは、業務内容にジャストなツールが見つかります。

公開日: |最終更新日時:

キービジュアル

何のプロジェクトを
管理したいのかで選ぶ

業務内容によって必要な機能が違い、ツールが得意とする分野もそれぞれ異なります。「クリエイティブ制作」「ソフトウェア開発」「製造」それぞれの分野で最適なプロジェクト管理ツールを調査・比較し、まとめました。

クリエイティブ制作
プロジェクト管理に適したツール

クリエイティブ制作に必要な7つの機能、チャット・コメント機能、ガントチャート、オンライン校正、デザイン管理、ファイル管理、素材アーカイブ、スマホ対応を多く備えたツールから順番に紹介していきます。
この7つを備えていれば、ほかのツールと併用する必要はなくなります。
(※2020年12月にプロジェクト管理ツール32社の機能を調査しています)

制作会社が制作のために作ったツール
該当機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • オンライン校正
  • デザイン管理
  • ファイル管理
  • 素材アーカイブ
  • スマホ対応
アドフロー

引用元:AdFlow(アドフロー)
https://adflow.jp/

AdFlowがクリエイティブ制作に
適している理由
1

“小さな無駄を排除”して大幅工数削減

データ圧縮時間が
ゼロになる

データ圧縮時間がゼロになる

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/solution/apparel

AdFlowでは1GBまでのファイル添付が可能。日々の圧縮作業は1回1〜2分程度でも、チリも積もれば山となります。導入事例では、圧縮作業の削減だけで、部署全体で月間10時間の短縮になったという声も。

修正指示のために
アプリを使わなくてOK

パワーポイントを使う必要なし!

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/function

制作物に関する修正の指示は、AdFlow上で行って、そのままAdFlow内でメッセージ添付すれば終わります。いつものようにアプリを開き、修正指示を出して、保存して、またそのデータをメールやチャットなどの別アプリで送ったり…といった1回につき数分の手間が省けます。

pdfやjpgへの
書き出しがいらない

pdfやjpgへの書き出しがいらない

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/function

ai・psd・epsなどを、デザイナーがディレクターのためにpdf・jpgに書き出すというあるあるが、AdFlowであればプレビュー機能があるので、全部なくなります。書き出しに使っている1回3分・1日2回として、1ヶ月120分程度の削減になります。

2

クリエイティブ以外の“業務ストレスをゼロ”にする

案件のスタートアップが
速攻終わる

案件のスタートアップが速攻終わる

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/function

新しいプロジェクトを立ち上げる時は、納期を入れればガントチャートも自動で生成されます。スケジュール作成・調整、ガント作成など、必須の進行管理業務の手間が格段に減ります。

メールを探す
時間がなくなる

引き継ぎ時間が大幅短縮

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/solution/apparel

プロジェクトに紐づいてメッセージや素材がすべて管理されていくので、大量のメールから目当てのものを検索する手間がなくなるほか、制作途中で担当者が変更したり休んでも、引き継ぎにかかる時間を要しません。

3

あるあるミスを仕組みで防止し無駄な行動をなくす

厄介な先祖返りを防ぐ
「バージョン管理」

厄介な先祖返りを防止!

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/function

AdFlowでは、クリエイティブの初稿~最新稿までしっかりと“見える化”されます。常に最新のデータを確認することができ、先祖返りの防止にも役立ちます。

簡単UIとサポートで
操作ミスもなし

丁寧なサポートで導入後も安心

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/about

直感的に操作できる簡単なUIで操作ミスなどが起こりにくいようになっています。事例では「1案件の制作を終える頃には何の抵抗もなく使えるようになっていました」というコメントもあるなど、使いやすさにも定評があります。

4

ナレッジ・資産化による時短とクオリティアップ

アップした素材は
自動でデータベース化

自動でデータベース化!

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/solution/cosmetics

完成後のクリエイティブは、自動でデータベース化。いつでも過去のクリエイティブを検索・確認できます。好きなタグを設定することもできるので、よく使うものも独自のタグをつければ探しやすくなります。

意思やトーンの統一を
可能にする視覚化

自動でデータベース化!

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/function

素材が1ヶ所に保存されていくこと、加えてプロジェクトごとに「このトーンでいく」などの共通事項が登録可能なので、今までの制作物を元に、新たなクリエイティブに対し、スタッフ一同で齟齬がない形で進めることができます。

amanaの写真が
1枚1,100円(公式HPに税表記はありませんでした)で買える

amanaimagesの写真が1枚1,100円(公式HPに税表記はありませんでした)で買える

引用元:AdFlow
https://adflow.jp/stockphoto

アマナイメージズ素材フォトのうち、110万点をAdFlowで格安購入が可能。1点あたりの単価・通常9,000円程度のものが、1,100〜2,500円(公式HPに税表記はありませんでした)になるAdFlowユーザーだけの特別価格です。

AdFlowの導入実績
導入実績
1,600社以上

非常に幅広い分野の会社に導入されている実績がありますが、なかでも多いのは、広告代理店、アパレル・ファッション、EC・通販、化粧品、WEB制作関係の会社です。大手大企業が多く利用しているのが特徴のひとつと言えるでしょう。
※2021年8月時点の実績(引用・事例参照元:Adflow https://adflow.jp/)

導入企業

adidas / ships / POLA / SUNTORY / BANDAI NAMCO / Unilever / ADASTRIA / Right-on / ORBIS / GYAO / 株式会社リクルート / 株式会社電通 / WEGO / crocs / DHC / ユニ・チャーム / Digital Garage / コ1,400ニカミノルタ / PEACH JOHN / UNITED ARROWS / 銀座ステファニー化粧品 / ヒューレット・パッカード / WOWWOW など

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/

AdFlow×企業導入事例
株式会社日本HP

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/interview/hp_japan

株式会社日本HP

制作工数が66%削減!
制作物の品質も上がりました。

制作フローがフォーマット化されておらずクオリティを高めるプロセスができていない、増加する商品数に対し制作工数が膨大にかかるため適正数のクリエイティブが提供できない、という2点が課題でした。

導入後は、まず制作工数が削減!1制作物あたりの制作工数を66%削減できました。
また、制作工数の大幅削減により、制作物チェックに割ける時間が増えたため、制作物のクオリティも上がりました。さらに、メッセージの見落としや最終稿・バージョンの取り間違えなどのミスも減っています。
もっと読む
トレンダーズ株式会社

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/interview/trenders

トレンダーズ株式会社

分散していたツールが一元化され、
生産性がアップしました!

案件依頼や修正指示はチャットかメール、素材の受け渡しや管理はファイルサーバなど、ツールが分散していたので情報が一元化されず、問題が種々起こっていました。

導入後は、ディレクター一人あたりの制作依頼量(生産性)が大きく上がり、非常に良い結果であると実感しています。素材や制作物バージョンの管理、修正指示等の手間も格段に減り、こうしたことも制作依頼量アップにつながっていると思います。
もっと読む
Septeni Ad Creative株式会社

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/interview/septeniadcreative

Septeni Ad Creative株式会社

クリエイティブの数が多いなら絶対導入した方が良いです

制作しているクリエイティブの数が把握できないくらいのボリュームになってきているのであれば、必ず導入された方が良いと思います。

クオリティの品質チェック、進行管理、コミュニケーション面での効率化と整備が大きく期待できるツールです。使ってみて思うことは、管理側にも向いているツールだということです。クリエイティブの制作というのは属人的になりやすいのですが、その中でもどういうフローで、どのようなものをメンバーが作っているか、何が課題だったかなどをタイムリーに振り返り、把握できるので、ナレッジマネジメントや人材教育にも活かしやすいです。
もっと読む
ANAセールス株式会社

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/interview/anasales

ANAセールス株式会社

ディレクター1人あたりの作業は月10時間削減

サイト管理チームでは、メールを中心に制作業務を組み立てていたため、個々で自身の業務を管理している状況でした。そこでツールの導入を検討し、AdFlow含めて4ツールで比較検討を行いました。その中で、以下の必須項目に丸がすべてついた唯一のツールであるAdFlowの導入を決定しました。

①案件単位でやり取りができる、②校正指示がツール内でできる、③イメージや作成物を管理・保管できる、④スケジュール、タスク管理ができる、⑤日本国内サポートが万全であるという4つです。
圧縮作業だけに目を向けても、1回の圧縮作業が3分程度だとすると1日30分、1ヶ月で10時間ほどの時間を削減することができました。こうして見ると大きいですね。
もっと読む
株式会社バンダイナムコアーツ

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/interview/bandainamcoarts

株式会社バンダイナムコアーツ

制作進行上の手間が圧倒的に減りました!

制作会社とやり取りするメールが膨大で、これまでは、その検索に多くの時間を使っていました。

しかし導入後は、AdFlowのメッセージ機能の活用により、制作進行上の手間が圧倒的に減ったと実感しています。そのおかげで、パブリシティ業務にも多くの時間を割くことができるようになりました。また、導入時、クリエイターズマッチさんから手厚いレクチャーがあり、スムーズに導入できたのも良かったです!
もっと読む
株式会社ライトオン

引用・事例参照元:AdFlow
https://adflow.jp/interview/righton

株式会社ライトオン

クリエイティブの共有が非常に便利!
業務効率も上がりました。

導入前は、各チーム間で画像や制作物の共有ができておらず、本来流用できるものも流用されなかったり、同じような制作物を作っていたりと無駄が多い状況でした。

導入後は、クリエイティブの共有が本当に便利になりましたね!同じようなものを部署ごとに作らず、流用もできるようになったことで、制作物に統一感も生まれました。また、制作会社とのやり取りにおいてメールを探す必要がなくなったので業務効率が上がり、取り間違いのミスもなくなりました。
もっと読む
もっと読む
AdFlowを開発した
クリエイターズマッチとは?
AdFlowを開発したクリエイターズマッチとは?

引用元:クリエイターズマッチ
https://c-m.co.jp/

制作会社だからこそ、
かゆいところに手が届く

クリエイターズマッチは制作会社です。もともと、エクセルやファイル管理の業務を極力削減し、時間を割くべきプランニングやデザインといったクリエイティブ業務に集中できる環境を生み出したいという思いで開発したのが「AdFlow」なのです。

制作会社だからこそ、制作者が求めているかゆいところに手が届くツールが開発できるというわけ。

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:Adflow https://adflow.jp/news)

  • 夏期休業のお知らせ(2021/8/6)
  • 『Contents Innovation Conference2020』出展のお知らせ(2020/9/29)
  • 日本最大級のオンライン展示会『IT&MARKETING EXPO2020』に出展(2020/9/7)
  • 【メディア掲載のお知らせ】「Web Designing」2020年10月号で AdFlow Proof を紹介いただきました!(2020/8/18)
最新セミナー情報
【9/3開催】最大の効果を出すためにターゲットに合わせたクリエイティブ制作の効率化ノウハウとは?

クリエイターズマッチでは、クリエイティブ制作に特化した「業務効率化」をテーマに、WEBセミナーを開催予定です。月2,000本以上の広告制作を行っているクリエイターズマッチが、AdFlowを用いてどのように業務効率化を実現しているか。導入実績1,600社以上を誇るAdFlowの活用事例を、無料で聞くことができる貴重な機会です。制作進行管理の効率化を推進していきたい、という方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

引用・参照元:AdFlow
https://adflow.jp/seminar_event/20210903

  • 日時:2021/9/3(金) 10:00〜10:30
  • 参加費:無料
  • 形式:Zoom(自席でご参加いただけます)
AdFlowのここが
クリエイティブ制作にジャスト!
まとめ
  • 1フローのいたるところの無駄を改善し、時短&工数削減
  • 2クリエイティブ業務以外の圧縮・書き出し・スケジュール作成などを徹底排除
  • 3素材の共有と見える化による、全員の意思統一を現実に
動画に特化したプロジェクト管理ツール

JECTORジェクター

該当機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • オンライン校正
  • ファイル管理
  • 素材アーカイブ
  • スマホ対応
ジェクター

引用元:JECTOR
https://www.jector.com/

JECTORがクリエイティブ制作に
適している理由

独自の動画プレーヤーで
詳細指示が可能

x0.25から最大x8.0まで再生速度を変更することができ、コマ送りも自由自在。動画上にコメントやマーカーなどで指示を入れることも可能です。

プロジェクトの動きは
全員で共有

データをアップロードすると、「更新通知」メールで自動的にメンバーに通知されるため、別途連絡する必要はありません。連絡の一手間を削減することができます。

機密性が高いデータも
安全に共有

それぞれの目的に応じたセキュリティ機能を利用可能。機密性の高いデータでも、安全に共有できます。また、「プロジェクトフォルダ」なら、メンバー間で適切な権限により共有することが可能です(社内外でのやり取りはログで記録)。

JECTORの導入実績
導入実績
掲載なし

幅広い業種の企業がJECTORを導入していますが、とくに、放送局や新聞社といったメディア関係の会社や映画関係の会社が多く利用しているようです。公式サイトで確認できる実績のページでは、有名大手の企業も多く並んでいます。

※導入企業数の掲載はありませんが、サイトに掲載している「導入企業ロゴ」の数は59社となります。

※2021年8月時点(引用・事例参照元:JECTOR https://www.jector.com/)

導入企業ロゴ

東映株式会社 / 有限会社神風動画 / 株式会社アニプレックス / 株式会社シンカ / エルゼビア・ジャパン株式会社 / 特定非営利活動法人 日本ブラインドサッカー協会 / ケーアールケープロデュース株式会社 / 一般社団法人 衛星放送協会 / 東映音楽出版株式会社 / 日本綜合テレビ株式会社 / 株式会社ヒューマックスシネマ など

引用・事例参照元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/page/2/

Jector導入事例

引用元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/page/2/

JECTOR×企業導入事例
株式会社アニプレックス

引用・事例参照元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/aniplex/

株式会社アニプレックス

使いやすさとセキュリティの
バランスが良いです

社内外のデータやり取りに安全な手段を探していたほか、会社や業務内容の拡大に対応できるツールも必要と感じていました。

また、過去の素材の管理・再利用にかかる手間も課題でした。JECTORを選び、社員の要望に沿ったサービスを導入できたと実感しています。アップロードのスピードをはじめ、業務効率もアップしていますね。また、使いやすさとセキュリティのバランスは非常に重要なところですが、JECTORはそのバランスがとても良いと感じられます。
もっと読む
会社名会社名

引用・事例参照元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/toei/

東映株式会社

管理側にもユーザー側にも
便利で安心な製品です。

導入前は、わざわざ画面キャプチャーを撮って、ワードなどに貼って、「ここをこうやって!」と文章で指示が戻ってきていました。

今は、それがなくなりました。つまり、確認して戻すプロデューサーにとっても、JECTORを使った方が負担が減って楽だと思っているわけです。JECTORはマネジメント側が安心できるセキュリティ、ユーザ側が簡単便利に使える機能やUIを兼ね備えたバランスの良い製品だと思っております。
もっと読む
JECTORを開発した
株式会社ねこじゃらしとは?
JECTORを開発した株式会社ねこじゃらしとは?

引用元:ねこじゃらし
https://www.nekojarashi.com/

BackStoreなど
複数のツールを開発

クラウド上にユーザーのデータを保管するサービスをメインに提供している株式会社ねこじゃらし。JECTORのほか、国内で1,600社以上の企業に導入されたクラウドバックアップサービス「BackStore」など、複数のツールの開発を手掛けています。

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:JECTOR https://www.jector.com/news/)

  • EVENTS INFO オンライン展示会「アニメ×ゲームサミット2021」に出展致します(2021/1/18)
  • INFO 「JECTOR 一時利用不可に係るお詫び」掲載のお知らせ(2021/6/11)
  • INFO 【UPDATE】新型コロナウイルスの影響による勤務体制の一時変更について(2021/5/1)
最新セミナー情報

公式HPにセミナー情報の記載はありませんでした。

リソースの管理までできるツール

VideoWorks
クラウド
(旧クレボベース)

該当機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • オンライン校正
  • ファイル管理
  • スマホ対応
VideoWorks クラウド

引用元:VideoWorks クラウド
https://cloud.videoworks.com/

VideoWorks クラウドがクリエイティブ制作に適している理由

電話・メールでの
修正依頼を省略可

画面上に直接修正指示を書き込める機能が便利。メールや電話を使った修正依頼の手間をカットできます。また、修正履歴もきちんと残せるため、ミスやトラブルも防げます。さらにシェア用URLの活用により、関係者間での共有もラクラクです!

メンバーの稼働状況が
わかりやすい

プロジェクトを横断して、メンバーの稼働状況が確認できます。リソースがどれくらい余っているか、誰をアサインしたら良いのかがわかります。
同時進行の案件が多い場合に、適切なメンバー編成に役立ちます。

クリエイターへの
仕事依頼機能

国内外のクリエイター7,000名に、いつでも仕事を依頼することができます。予定スケジュールや予算などの要件を合わせた依頼ができ、非常にスムーズ!また、クリエイターの実績や評価などもしっかり確認できます。

VideoWorks クラウドの導入実績
導入実績
記載なし

※導入企業数の掲載はありませんが、サイトに掲載している「導入企業ロゴ」の数は4社となります。 ※2021年8月時点の実績

導入企業ロゴ

株式会社インターコネクト / ソフトバンク株式会社 / 富士通エフ・オー・エム株式会社 / ブランディングテクノロジー株式会社

引用・事例参照元:VideoWorksクラウド
https://cloud.videoworks.com/

VideoWorks クラウド事例

引用元:VideoWorks クラウド
https://cloud.videoworks.com/cases

VideoWorks クラウド×
企業導入事例
株式会社インターコネクト

引用・事例参照元:VideoWorks クラウド
https://cloud.videoworks.com/cases/interconnect

株式会社インターコネクト

30分かかっていた修正指示が6分に短縮!

東京と大阪の制作チームでコミュニケーションをとりながら制作を進めていますが、例えば動画の修正指示を出すためにパワーポイントで資料作成を行っており、一度のディレクション指示でも30分ほど時間がかかっていました。

VideoWorks クラウドを活用することで、静止画や動画に直接修正指示を書き込みし、また修正指示履歴をプロジェクトやファイル別に管理ができるため、30分かけていた修正指示がわずか6分でできるようになりました。
もっと読む
ブランディングテクノロジー株式会社

引用・事例参照元:VideoWorks クラウド
https://cloud.videoworks.com/cases/branding-t

ブランディングテクノロジー株式会社

社内の負担を減らしつつ
質の高い提案が可能に!

動画案件増加に伴い、今までの質を維持しながらプロジェクトマネジメントと制作を両立させることに無理が生じて、残業が多く発生していました。

また、新しく人を採用するにも採用コストや固定費がかかるため、簡単には採用に踏み切れずにいました。そこで、VideoWorks クラウドの「仕事依頼」を活用してアウトソースできる編集作業などをクリエイター(映像エディター)へ発注。社内人員をプロジェクトマネジメントに集中させることで、社内の負担を軽減しながら、より質の高い提案ができる体制を構築しました。(後略)
もっと読む
VideoWorks クラウドを開発したCrevo株式会社とは?
VideoWorks クラウドを開発したCrevo株式会社とは?

引用元:Crevo
https://corp.crevo.jp/

クリエイターが輝くためのツールを制作

「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる。」を理念に、クリエイターが輝き、社会の豊かさを創造していけるようなサービスの提供を目標にしている会社です。

動画制作支援サービス「Crevo」、クリエイティブ制作特化型の制作管理ツール「VideoWorks クラウド」などを展開。

最新情報

※随時更新予定。

最新セミナー情報

公式HPにセミナー情報の記載はありませんでした。

ソフトウェア開発
プロジェクト管理に適したツール

ソフトウェア開発におけるツールは、作業を円滑にするチャットなどのコミュニケーション機能、ガントチャート、課題を管理するバグ管理、バージョン管理、ナレッジを蓄積できるwikiなどの機能があると作業が円滑に進むため、それらの機能搭載数が多い順にツールをご紹介します。
ただし、Slackなどと併用して使うことがスタンダードになりつつあるので、欲しい機能に最適なツールを複数使うことも視野にいれましょう。
(※2020年12月にプロジェクト管理ツール32社の機能を調査しています)

エンジニアといえば、の鉄板ツール

Backlogバックログ

該当機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • ガントチャート
  • バグ管理
  • バージョン管理
  • Wiki(ナレッジ)
Backlog

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/

Backlogがソフトウェア開発に
適している理由
1

使う人のことを考えた見やすいUIの機能で工数削減

業務ごとに
進捗状況を“見える化”

業務ごとにプロジェクトを作って進捗状況を見える化

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/project-management-software/

プロジェクトの進捗状況を“見える化”。「開発」「デザイン」「マーケティング」といった各業務にプロジェクトを作って課題をまとめることで、全体の作業を整理することができます。

情報共有によりやり取り
の手間をカット!

情報共有によりやり取りの手間をカット!

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/project-management-software/

Backlogは、社内のメンバーはもちろん、取引先や代理店なども、1つのスペースで情報共有可能。また、作業も行えます(管理者は各ユーザーに権限を振り分け、権限管理が可能)。

見やすい
ガントチャート

プロジェクトの可視化により進捗

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/project-management-software/

Backlogでは、プロジェクト計画が色わけされた見やすいガントチャートによって可視化されます。お互いの進捗状況の把握により、作業の遅延にいち早く気が付くことができるようになります。

2

ちょっとした“いいね”と“便利”で円滑進行

いいね文化で
チームをアゲる

チームコラボレーションを円滑化!

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/team-collaboration-software/

Backlogには、300種を超えるキャラクターアイコンや、スターによる「いいね!」機能など、チームメンバーのコラボレーションを促進できる機能が備わっています。チームコラボレーションの円滑化は、クオリティアップにつながります。

便利な「お知らせ機能」を活用

便利な「お知らせ機能」を活用!

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/team-collaboration-software/

「お知らせ機能」を使うことで、チームメンバーへの情報共有がスムーズになります。未対応か否かもアイコンで一発確認できるので、タスク漏れを防止します。

3

全員の動きを“見える化”して、抜け漏れを防ぐ

作業の進捗が
一目でわかる

作業の進捗が一目でわかる

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/project-management-software/

課題の担当者や期限を設定すれば、進捗が一目で確認可能。作業の進捗は、「未対応」「処理中」「処理済み」「完了」の4つのステータスから選択でき、対応漏れを防ぎます。

修正・対応履歴を
ツリー表示

修正・対応履歴をツリー表示

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/bug-tracking-software/

システムの不具合に対応した履歴をツリー表示します。担当者、プッシュ・プルの内容、作業日時の記録から、ソースコードの差分表示まで、チーム内での動きが見える化できます。

4

プロセスを管理して課題解決につなげる

バグの修正状況が
蓄積される

バグの修正状況が蓄積される

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/bug-tracking-software/

Backlogでは、システムの不具合を課題として管理することが可能。「バグの発見日時」「発見者」「再現方法」「修正履歴」などといった、バグ追跡に必要となる情報がしっかりと記録されます。

開発プロセスを
管理できる

開発プロセスを管理できる

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/team-collaboration-software/

「Backlog Wiki」機能により、開発プロセスを管理することができます。チームのメンバー間で自由に共同編集が可能なほか、以前のバージョンの参照や、復元なども可能。

Backlogの導入実績
導入実績
6,000

2017年11月時点で6,000社を突破という記載があります(※)。ソフトウェア開発やウェブ制作、新聞社、広告代理店など、多種多様な業界において利用されています。
※引用・事例参照元:Backlog https://backlog.com/ja/blog/pr-1711-backlog-6000-mini-game/

導入企業

Adobe / KDDI / omron / NTT docomo / Vanilla Air / H.I.S / Fsic Co.,Ltd. / TransferWise / MiSUMi / atWare / Reserve LINK / SHIKUMI DESIGN / GungHO / BUKANCO / Sprocket / OCS(ANA GROUP) / Leberages / VEGA corporation / ekonte など

引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/

Backlog×企業導入事例
ソフトバンクロボティクス(グローバルビジネス開発チーム)

引用・事例参照元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/softbank-robotics/

ソフトバンクロボティクス
(グローバルビジネス開発チーム)

チームの生産性をアップすることができました

多量のメールとスプレッドシートの対応に追われていました。実現性の高いプロジェクト計画の作成から進捗管理まで、プロジェクトの一連の流れを管理することを目的にBacklogを導入しました。

導入の結果、パートナー企業とのコラボレーションが促進され、低コストでプロジェクト管理を大幅に改善できました。メール作成から表計算ソフトのファイルの書式の調整、メール分類などの作業が不要になり、ビジネス的な利益に直結する作業により多くの時間を割り当てられるようにも。
もっと読む
サンスター株式会社

引用・事例参照元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/sunstar/

サンスター株式会社

ミスコミュニケーションの改善に
役立ちました

サンスターではブランドマーケティングのタスク管理にBacklogを活用しています。

外部の代理店と共同して、自社製品のウェブコンテンツの制作を進めており、コンテンツの素材やスケジュールなどの重要な情報をBacklogに集約して共有しています。BacklogのWikiやファイルを活用することで、メールでのコミュニケーションで起きていた作業依頼の伝達漏れや認識の相違などによるミスコミュニケーションが改善されました。
もっと読む
ウェブリオ株式会社

引用・事例参照元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/weblio/

ウェブリオ株式会社

プロジェクト担当者や期限が明確に

ウェブリオが10年間使ってきたプロジェクト管理システムは操作性が悪く、エンジニア以外のビジネス職のスタッフや初心者が利用する際に学習コストがかかっていました。

実用性と直感的に操作ができるデザインを兼ね備えたツールが必要ということで、Backlogを導入。導入したことで、ウェブリオはプロジェクト担当者や期限を明確にできました。さらにBacklogのファイル共有機能はメールでの使い勝手の悪さを大幅に改善しました。
もっと読む
JALブランドコミュニケーション

引用・事例参照元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/jal-brand-communication/

JALブランドコミュニケーション

タスクの進捗の共有が
スムーズになりました

JALブランドコミュニケーションのマーケティングと開発・制作部門のタスク管理には表計算ソフトが使われていました。

しかし、書式やファイルのフォーマットが全体で統一されておらず、進捗の迅速な共有ができていませんでした。Backlogを導入したことで、書式とフォーマットの統一を実現。プロジェクトやタスクの進捗共有が円滑になり、社内のメンバーや代理店とのコラボレーションが促進されました。
もっと読む
日本経済新聞社

引用・事例参照元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/nikkei/

日本経済新聞社

プロジェクトの管理が
非常に円滑になりました

(前略)日経電子版を開発・運営するデジタル事業では、表計算ソフトでプロジェクトの進捗管理表や業務の引き継ぎ書が作成されていました。

しかし、長年蓄積されたファイルの数は膨大な量になっており、検索性や視認性の観点で大きな問題を抱えていました。その解決手段としてBacklogのWikiは最適でした。600アカウントという大規模利用だからこそ、業務を迅速に引き継げる漏れのない情報共有の仕組みづくりはプロジェクトに絶大な効果をもたらしているのでしょう。
もっと読む
株式会社リザーブリンク

引用・事例参照元:Backlog
https://backlog.com/ja/customers/reservelink/

株式会社リザーブリンク

タスクの対応漏れ対策に役立っています。

自社サービスの開発管理から業務連絡まで、幅広い業務でBacklogを利用しています。

Backlogを導入する前は、社内共通のコミュニケーションツールを設けておらず、仕事の担当者や期限などを共有する手段はメールやチャット、週次ミーティングなど人によって異なっていました。情報共有がうまく出来ていないがために起きていた、タスクの対応漏れ対策にBacklogは一役買いました。Backlogは開発から人事・総務まで、業種を問わず幅広いタスク管理に対応しています。
もっと読む
もっと読む
Backlogを開発したヌーラボとは?
Backlogを開発したヌーラボとは?

引用元:ヌーラボ
https://nulab.com/ja/about/

世界に6拠点を持つ“研究所”

「チームで働くすべての人に」がコンセプト。チームのコラボレーション促進によって仕事が楽しくなるようなサービスを提供しています。
2004年に設立後、福岡に本社を構えて東京と京都に支社を、さらにアメリカ(ニューヨーク)、シンガポール、オランダにも拠点を置き、活動しています。

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:Backlog https://backlog.com/ja/product-updates/)

  • Backlog にアクセスしづらい状況となっていました (2021/07/16)
  • コメント追加時のメール通知に不具合がありました(2021/7/5)
  • ユーザーの「制限」に不具合がありました(2021/6/22)
  • Backlog にアクセスしづらい状況となっていました (2021/06/1)
  • Gitリポジトリのデフォルトブランチの名前が「master」から「main」に変わります(2021/5/10)
  • 【重要なお知らせ】Backlog エンタープライズ は次回リリースより PostgreSQL 9.5 と MySQL 5.6 および IE11 のサポートを終了します(2021/2/25)
  • サポート窓口の対応時間の変更のお知らせ(2021/1/28)
最新セミナー情報
【9/28開催】ご利用前の方対象 Backlog説明会
Backlogのここが
ソフトウェア開発にジャスト!
まとめ
  • 1情報共有にまつわる豊富な便利機能を搭載
  • 2直感的に操作できるインターフェース
  • 3キャラクターアイコンやいいね機能など、チームのコラボレーションを促す
3,000以上のアプリと連動が可能

Jiraジラ

該当機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • ガントチャート
  • バグ管理
  • バージョン管理
ジラ

引用元:Jira
https://www.atlassian.com/ja/software/jira

Jiraがソフトウェア開発に
適している理由
ーザー数は、1,000万にのぼるそうです。

計画&追跡機能で
チームの動きを可視化

課題やスプリント計画などを作り、チーム全体にタスクを分散可能。また、しっかりと可視化された進捗状況を把握できます。

アプリでニーズに
合わせてカスタマイズ

Jiraは3,000以上のアプリによって拡張可能。チームのあらゆるニーズに合わせて、欲しい機能を得ることができます。

チームに合った
ワークフロー

ソフトウェアをリリースするまでの工程は、チームによって異なります。Jiraは、既存のワークフローやカスタマイズを活用するなど、チームのプロセスに適したものが随時作れます。

Jiraの導入実績
導入実績
65,000

航空宇宙、自動車、教育、IT、政府など、実にさまざまな業界において導入されています。日本、アメリカ、中国など、国境を越えて多くの企業が利用しているツールです。
※2021年8月時点の実績(引用・事例参照元:Jira https://www.atlassian.com/ja/software/jira)

Jira導入事例

引用元:Jira
https://www.atlassian.com/ja/customers/the-telegraph

Jira×企業導入事例
Audi

引用・事例参照元:Jira
https://www.atlassian.com/ja/customers/audi

Audi

業務の透明性・効率性がアップ

AudiのR&Dセンターには、世界中のサプライヤーとコラボレーションする約6,000人のエンジニア、デザイナー、ソフトウェア、QAチームメンバーがおり、生産性を損なわずに全員が常に同じ認識を持つことが課題でした。

「Jira」と「Confluenced」の導入によって、これまでにないほど多くの知識が共有されるようになり、透明性・効率性のアップに成功しました!
もっと読む
LIXIL

引用・事例参照元:Jira
https://www.atlassian.com/ja/customers/lixil

LIXIL

メール確認に要していた時間が0に

課題・タスク管理に、共有ファイルサーバーにあるExcel を用いていたものの、ファイルが分散・増大して業務の進捗状況が把握困難に…。

また、ヘルプデスク業務の効率化によるユーザー満足度アップや、円滑なリモートワーク実現に向けたクラウドサービスの活用も課題でした。「Jira Software」「Confluence」の導入により、数百~1000件のメール確認に要していた時間がゼロに!また、クラウド版のアトラシアン製品を使うことで、円滑なリモートワークも遂行できています。
もっと読む
Jiraを開発したアトラシアンとは?
Jiraを開発したアトラシアンとは?

引用元:アトラシアン
https://www.atlassian.com/ja

世界に18万の顧客を抱える企業

業種や企業規模にかかわらず、さまざまなチームのミッションの遂行に役立つソフトウェアを開発している会社。チームの力を重視しており、「あらゆるチームの潜在能力を解き放つこと」をミッションに掲げています。
公式サイトによると、190か国以上で18万の顧客を抱え、アトラシアンのクラウドを使用する月間のアクティブユーザー数は、1,000万にのぼるそうです。
※実績はすべて2021年6月時点 引用・事例参照元:アトラシアン https://www.atlassian.com/ja/customers

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:Jira https://www.atlassian.com/ja/company/events)

  • Atlassian Cloud ソリューション ~Atlassian Cloudで、組織のあらゆる可能性をつなげて加速し、拡張しましょう。~/場所:複数の都市、世界中(2021/1/1~12/31)
  • エンタープライズのアジャイルの拡張/場所:複数の都市、世界中(2021/1/1~12/31)
  • ITSMでサービスデスクを変革/場所:複数の都市、世界中(2021/1/1~12/31)
最新セミナー情報

公式HPにセミナー情報の記載はありませんでした。

直感で使える視覚に訴えるUI

Asanaアサナ

該当機能一覧
  • ガントチャート
  • バグ管理
  • バージョン管理
アサナ

引用元:Asana
https://asana.com/ja

Asanaがソフトウェア開発に
適している理由

仕事のプロセスが
透明化するボード

タスクを付箋のように整理しておけるボードでは、プロジェクトに関わるメンバーのタスク、プロセスがすぐに確認できます。直感的に使えるため、教育コストも少なくすみます。

プロジェクトの進行状況を
リアルタイムに確認

ポートフォリオで、全プロジェクトの進行状況をリアルタイムに確認可能。重要なプロジェクトのステータスも、常にモニタリングできます。リスクに対する能動的な対処が可能になるでしょう。

オートメーション機能の
活用でより快適に!

煩わしい作業は、「オートメーション」を利用すれば自動的に処理可能。ワークフローを簡素化して、時間を節約&ミスを軽減し、より重要な業務に時間を回しましょう。

Asanaの導入実績
導入実績
記載なし

スタートアップから大規模な大手まで、さまざまな企業がAsanaを導入しています。日本だけでなく、アメリカやヨーロッパなど世界各国で利用されており、その業種もさまざまです。
※導入企業数の掲載はありませんが、サイトに掲載している「導入事例」の数は2021年8月時点で114社となります。

asana

引用元:Asana
https://asana.com/ja/customers

Asana×企業導入事例
LIG

引用・事例参照元:Asana
https://asana.com/ja/case-study/lig

LIG

Web制作業務の70%はAsanaで管理

日常業務を落とし込みやすいツールです。Web制作における工程漏れの防止や、各人の作業環境や条件の統一も容易です。

特に重宝しているのがテンプレート機能です。複数のタスクをテンプレートに登録しておけば、タスクを一覧できヌケやモレなく作業が実施できます。
すでに当社Web制作業務の70%程度はAsanaで管理できると考えています。
Asanaで管理していないのは、請求書や契約書などの文書周りのみ。検討時には気付かなかったチームワーク作りのための機能が多く、新たな発見もあります。
もっと読む
Zaim

引用・事例参照元:Asana
https://asana.com/ja/case-study/zaim

Zaim

業務がスムーズになり、
引き継ぎにも役立っています

既に多くの人が複数の業務に関わっており、全てを漏れなく覚えて業務を進めることは、現実的にはとても難しい状況です。

自分たちの頭の中で覚えられる範囲を超えています。しかし、Asanaに書けば覚えていなくても大丈夫という安心感があります。
経営企画部の事務系の引き継ぎにも Asanaを効率的に活用しています。事務系はパートタイムで働く方もおり、時には曜日ごとにタスクを遂行するメンバーが異なります。
Asanaであれば引き継ぎ業務の仲介も不要で、抜けもなく円滑に複数人で業務を進められます。
もっと読む
Asanaを開発したAsanaとは?
Asanaを開発したAsanaとは?

引用元:Asana
https://asana.com/ja/company

働きがいのある会社として
4年連続選出

世界各国のさまざまなチームが、メンバーで協力して仕事を管理し、素晴らしい業績を生み出せるようにするめの製品を開発しているAsana。
世界の働きがいある会社を調査する「Best Place to Work」で2018年から4年連続でラインクインしています。
※引用・事例参照元:Asana https://asana.com/ja/jobs

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:Asana https://asana.com/ja/press/releases)

  • Asana Named #3 on the 2021 Best Small & Medium Workplaces™ list by Fortune and Great Place to Work®(2021/8/9)
  • Asana Named to Fast Company’s Annual List of the Best Workplaces for Innovators(2021/8/4)
  • Asana to Announce Second Quarter Fiscal 2022 Financial Results on Wednesday, September 1, 2021(2021/8/2)
  • Future of Work Here Today: Asana Launches App for Zoom to Reimagine Meetings(2021/7/21)
  • Asana Names SaaS Industry Leader Andrew Lindsay to Board of Directors(2021/7/8)
  • Asana Tops G2’s Enterprise Grid® for the Eighth Consecutive Quarter(2021/6/29)
  • The Long-Term Stock Exchange announces first listing commitments: Asana and Twilio(2021/6/24)
  • Asana to Present at Upcoming Investor Conference(2021/6/10)
  • Asana Unveils New Offerings to Reduce Distractions and Improve Focus, Adds Innovative Video Messaging Powered by Vimeo(2021/6/9)
  • Asana Announces Record First Quarter Fiscal 2022 Revenues(2021/6/3)

製造
プロジェクト管理に適したツール

製造業に関しては、その業界に合わせたカスタマイズがある程度必要になります。そのため、なんの機能が搭載されているかより、自社と同じ規模や業界の導入事例があるかどうか、また、製造業での導入数の多さを見ていくことをおすすめします。
ここでは、当サイトが調べたツールから、製造業の導入事例の多いツールからご紹介していきます。
(※2020年12月にプロジェクト管理ツール32社を調査しています)

シャープ・東芝・マツダなど大手も導入

Being Management3
ビーイングマネジメント3

導入業界一覧
  • スマートフォン
  • 自動車
  • 電線
  • プリンタなど
ビーイングマネジメント3

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/

Being Management3が製造業に
適している理由
1

もう進捗確認の会議はいらない

スムーズな状況把握で
無駄な会議をカット

スムーズな状況把握で無駄な会議をカット!

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/bm3-kinou01pp

進行中のプロジェクト、今後開始されるプロジェクトなど、すべてのプロジェクトの状況を1つの画面に分かりやすく表示。現在の状況や予定を常に把握でき、進捗会議や報告書作成の手間などもカットできます。

2

正しい人員配置・配分でクオリティを一定に保つ

適切な現状判断による
リソース配分

適切な現状判断によるリソース配分

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/bm3-kinou01pp

プロジェクトの状況(進行具合)を色別に表示する機能によって、早い段階で各プロジェクトを俯瞰でチェックが可能。そのため、メンバーに対する適切な指示やリソース配分を行うことができ、結果的にクオリティアップに繋がります。

頑張りどころ、休みどころがつかめる

頑張りどころ、休みどころがつかめる!

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/bm3-kinou01pp

各プロジェクトの現状を適切に知ることができ、タスクの優先度も高い順に表示されるため、今必要な作業と、そうではないものがハッキリと全員の中で統一されることで、自分の必要な作業に集中することが可能。

3

危険度表示で、手薄になりそうな部分をフォロー可能

リソースを最適な
タイミングで確保!

リソースを最適なタイミングで確保!

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/bm3-kinou01pp

すべてのプロジェクトについて、納期に対する“危険度”を表示。道路信号のように、「赤」「黄」「緑」のカラーで分かりやすく表されます。そのため、危険度の高いプロジェクトへのリソース投入などを、検討しやすくなります!

4

課題収集して、課題解決につなげる

タスクの遅れを
収集して継続的改善

タスクの遅れを登録・収集して継続的改善

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/bm3-kinou01pp

タスクの遅れの理由を登録できるため、その遅れ理由を収集し、根本原因や問題のあるプロセスを特定し、改善に導くことができます。プロジェクトに関する継続的な改善が見込めます。

Being Management3の導入実績
導入実績
掲載なし

導入事例は38社、うち10社が製造業によるものです。シャープ、東芝、マツダ、日産、リコーなど大手製造業で使われています。
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2016年版」では、プロジェクト管理ツール部門でシェア第2位に輝いたという実績を持ちます。
※2021年8月時点の実績(引用・事例参照元:Being Management3 http://www.toc-ccpm.net/cases/)

導入企業

アルパイン情報システム / オムロンソフトウェア / ソラン / 富士通 / 日本アドバンストシステム / 京都大学医学部付属病院 / ソラン/シンプルシステムズ / NECネクサソリューションズ / シンプルシステムズ / エクサム / 五星 / 中村建設 / サンイン技術コンサルタント / 石川組 / 中村建設 / 第一建設 / 砂子組 / 有限会社 創友 / エクネイクス ラボラトリー など

引用元:Being Management3
http://www.toc-ccpm.net/cases/

Being Management3×
企業導入事例
シャープ株式会社

引用・事例参照元:Being Management3
https://toc-consulting.jp/case/case-sharp/

シャープ株式会社

半年で30%の開発リードタイム短縮に成功

スマートフォン事業を展開するシャープ株式会社 通信事業本部 パーソナル通信事業部では、スマートフォン開発プロジェクトに同ツールを適用し、

わずか6ヶ月間で30%の開発リードタイム短縮を成し遂げ、次期開発の先行検討/技術検討に割り当てる時間を獲得されました。それはまさに、苦境からの復活をかけた組織マネジメントのイノベーションでした。
もっと読む
東芝デジタルソリューションズ株式会社(プラットフォームセンター プラットフォームサービス設計部)

引用・事例参照元:Being Management3、ビーイングコンサルティング
http://www.toc-ccpm.net/cases/toc-ccpm_case104、https://toc-consulting.jp/case/toshiba/

東芝デジタルソリューションズ株式会社

悪いマルチタスクを大幅削減!
優先順位も可視化

ITプラット フォームの設計・構築業務は、複数の部門と担当を跨る作業があり、バッファも多くて全体のリードタイムが長いという大きな課題がありました。

そこで計画・実行プロセスを導入して、準備万端(フルキット)による後戻りの削減と作業分担の最適化を行い、設計・構築作業の過剰投入を抑止して悪いマルチタスクを大幅に削減、バッファ管理により優先順位を可視化しコントロールされました。
もっと読む
アルパイン情報システム株式会社

引用・事例参照元:ビーイングコンサルティング
【pdf】https://toc-consulting.jp/wp-content/uploads/2020/06/alpine.pdf

アルパイン情報システム株式会社

納期の遵守率が大幅に改善しました

事業環境の変化が年々加速し、顧客からはより短期間でのシステム導入を求められる傾向が強くなっており、柔軟かつ迅速に組織の能力を強化する必要性が高まっています。

しかし現実には、プロジェクトはなかなか計画通りに進まず、リソースの追加やスコープの縮小や納期延長が常態化していました。そこで私たちは2013年1月からCCPMを導入しました。その結果、顧客に最初に約束した納期の遵守率が大幅に改善(22%→88%)し、プロジェクトの流れが大きく安定しました。
もっと読む
株式会社エクサム

引用・事例参照元:Being Management3
【pdf】http://www.toc-ccpm.net/wp-content/uploads/2016/08/toc-ccpm_case059.pdf

株式会社エクサム

全員で納期意識を持てるように

企画内容の変更により仕様が増加し、遅延プロジェクトへの人員増加による新たな遅れも発生していました。

また一部の人員への作業負担が重くなり、作業遅れにより最終工程が圧迫されていました。導入後は、スタッフ全員でプロジェクトの状況を把握でき、納期意識を持てるように。さらに経営陣への報告もしやすくなり、プロジェクトの危機的状況が一目で分かるようになりました!さらに先手管理によって現場が混乱しなくなっています。
もっと読む
中村建設株式会社様

引用・事例参照元:Being Management3
【pdf】http://www.toc-ccpm.net/wp-content/uploads/2016/08/toc-ccpm_case057.pdf

中村建設株式会社

閉塞感を打破!
風通しが良くなりました

CCPMを導入することで、当初の目的だった、閉塞感の打破に成功した。会社の風通しがよくなり、各部署で蓄積されたノウハウを共有化することができた。

相互の知恵を出すことで、厳しい工期に間に合い、お客様や設計事務所が喜ぶことで、信頼関係が強くなってきている。コミュニケーションの場ができたことで、人材育成が進んだことも大きな成果だ。
もっと読む
株式会社石川組

引用・事例参照元:Being Management3
【pdf】https://www.toc-ccpm.net/wp-content/uploads/2016/08/toc-ccpm_case046.pdf、https://www.toc-ccpm.net/cases/toc-ccpm_case046

株式会社石川組

目的達成に向けて
社員一人ひとりが行動するように

ツールを導入したことで得た多くの経験と知恵は、会社の大きな資産となっています。

CCPMを導入することで、会社全体の目的達成に向け、社員一人ひとりが自ら考え行動し、それを取りまとめるリーダーが次の目標達成に向けて枠組みを創っていきます。いわゆるPDCAを組織的に展開できるようになってきていると実感しています。
さらに今後は、社員一人ひとりが知恵のある集団として成長していき、企業の継続・発展につなげて行きたいと考えております。
もっと読む
もっと読む
Being Management3を開発した株式会社ビーイングとは?
Being Management3を開発した株式会社ビーイングとは?

引用元:ビーイング
http://www.toc-ccpm.net/

セミナー・ワークショップの開催も豊富

創業(1984年)以来、業務用ソフトウェアの開発を通し、プロジェクトマネジメントによる経営改善や、建設業界の業務支援などに取り組んできた会社です。「建設業向け製品」「官公庁向け製品」「生産性向上製品」の3つを軸に開発・販売を手掛けています。
導入後のセミナーや、プロジェクト工程表作成の基礎が学べるワークショップなども開催しています。

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:Being Management3 http://www.toc-ccpm.net/news/)

  • セミナー名「【シニアコンサルタントが解説】プロジェクトの上流から下流までCCPMでプロジェクトマネジメントを実現する!スタンダードCCPM&上流プロセスCCPM(2021/9/28)
  • セミナー名「経験豊富なチーフコンサルタントが解説! 【TOC流】プロジェクトマネジメントのアンチパターン(2021/9/14)
  • セミナー名「【もう悩まない】プロジェクトの不安をなくす! CCPMで見直すプロジェクトマネジメントセミナー(2021/9/7)
  • セミナー名「【いまこそ“変革”を実現しよう!】 ”変革を起こしたい VS 変革を避けたい”の対立から抜け出す! 『プロジェクトマネジメントと組織に変革をもたらす条件とは』 (2021年8/31)
  • セミナー名「体験できるから理解が深まる 【CCPM流】プロジェクト計画の見える化ワークショップセミナー 2021夏(2021年8/24)
  • セミナー名「【もう悩まない】プロジェクトの不安をなくす! CCPMで見直すプロジェクトマネジメントセミナー(2021/8/17)
  • セミナー名「TOC思考プロセスを活用した変革ファシリテーション ~悪いマルチタスキングを自律的改善活動で減らす!~(2021/7/15)
  • 夏期休業のご案内(2021/7/21)
  • セミナー名「マネジメント改善のヒントが見つかる! 【チーフコンサルタントが解説】TOC/CCPM導入による生産性向上最新事例セミナー(2021/7/8)
  • セミナー名「失敗要因を知れば成功のヒントを掴める! 改善活動の失敗を招く「3つの危険な罠」とは?(2021/7/1)
  • セミナー名「”変革を起こしたい VS 変革を避けたい”の対立から抜け出す! 『プロジェクトマネジメントと組織に変革をもたらす条件とは』」(2021/6/23)
  • セミナー名「客観的/俯瞰的な情報を瞬時に把握するマルチプロジェクトCCPMセミナー」(2021/6/16)
  • 5月連休に伴う休業のご案内(2021/4/19)
最新セミナー情報
【9/28開催】【シニアコンサルタントが解説】プロジェクトの上流から下流までCCPMでプロジェクトマネジメントを実現する!スタンダードCCPM&上流プロセスCCPM
Being Management3のここが
製造業にジャスト!まとめ
  • 1プロジェクト開始日・納期・リソースを直感的に一覧可能
  • 2プロジェクトの優先度や危険度を分かりやすく色で表現
  • 3三色グラフから日々の変化を大局的に捉え、プロジェクトの「今」を把握
管理側に使いやすいツール

TimeTrackerNXタイムトラッカーNX

導入業界一覧
  • 自動車
  • 輸送機器
  • 電気・精密機器など
TimeTrackerNX

引用元:TimeTrackerNX
https://www.timetracker.jp/

TimeTrackerNXが製造業に
適している理由

原価・見積もり管理など

TimeTrackerNXは柔軟な計画作成機能を備えているため、導入後も従来の仕事のやり方を変える必要はありません。その現場で培ってきた工夫を活かしつつ、“現場が本当に望むプロジェクト管理”を実現できます。

現場志向のシステムで
“現場の見える化”

徹底した現場志向のもと開発。管理者はもちろん、プロジェクトメンバー、サブリーダー、上級管理者や品質推進部門担当者など、プロジェクトに関わるあらゆるメンバーがそれぞれに活用することで、現場を“見える化”します。

楽な操作で
教育コスト削減

工数管理・プロジェクト管理ツールとしての使い勝手の良さが魅力。工数入力からプロジェクト管理まで、業務に必要なひと通りの作業が、ブラウザ上で快適に行えます。
教育コスト削減にも寄与します。

TimeTrackerNXの導入実績
導入実績
7万5千ユーザー

2021年8月時点での導入実績は7万5千ユーザー(※社数ではなくユーザー数)。導入事例は25社掲載されています。
業種別では自動車・輸送機器、ついで電気・精密機器が占める割合が高く、利用部門別に見ると、ソフト開発、ハード開発が大半を占めています。
※引用・事例参照元:TimeTrackerNX https://www.timetracker.jp/casestudies/

TimeTrackerNX

引用・事例参照元:TimeTrackerNX
https://www.timetracker.jp/casestudies/

TimeTrackerNX×企業導入事例
製造業/情報システム

引用・事例参照元:TimeTrackerNX
https://www.timetracker.jp/casestudies/voice/

製造業/情報システム

工数集計・管理の負荷を大幅に短縮

複数のツールやデータベースに情報が散らばっていることで、工数集計に時間を要し、管理するための情報を整理するのに手間がかかっていました。

導入後は、工数集計・管理の負荷が、1日30分程度まで短縮!また、これまで見えてこなかった工程比率や直間比率(開発・企画・保守・その他業務)が、リアルタイムで集計できるようにもなりました。
もっと読む
製造業/ソフトウェア設計

引用・事例参照元:TimeTrackerNX
https://www.timetracker.jp/casestudies/voice/

製造業/ソフトウェア設計

リソース調整が容易に

エクセルで品質や生産性を計測していたものの、工数管理はできていなかったため、メンバーの負荷、空き状況などの把握が不透明な状態だった。

そこで、工数を元にした原価管理・見積もり管理の強化を目的に、TimeTrackerを導入。
導入して半年が経過しましたが、顧客からの見積もり遺体にすぐに答えることができるように。さらにメンバーの業務量が把握できて、リソース調整も行いやすくなりました。
もっと読む
TimeTrackerNXを開発した株式会社デンソークリエイトとは?
TimeTrackerNXを開発した株式会社デンソークリエイトとは?

引用元:デンソークリエイト
https://www.denso-create.jp/

開発現場のQCD向上を目的とした
ソフトウェアを開発

デンソークリエイトは愛知県に本社のあるソフトウェア開発会社、「デンソー」の子会社です。長年にわたり培ってきた車載ソフトウェアの開発ノウハウを基礎に、システムとソフトウェア開発のための次世代設計ツール「Next Design」、設計レビュー支援ツール「Lightning Review」などを開発・発売しています。
車載ソフトウェア開発が主ということもあり、TimeTrackerNXでも自動車に関する会社の導入が多くを占めています。

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:TimeTrackerNX https://www.timetracker.jp/news/)

  • ソフトウェア品質シンポジウム2021 ツール出展のお知らせ(2021/8/16)
  • お客様業務休止期間のお知らせ(2021/7/5)
  • TimeTracker FX 3.8以前のバージョンの製品サポート終了のお知らせ(2021/6/11)
  • エル・エス・アイ ジャパン株式会社様の導入事例を公開しました(2021/5/11)
  • 第30回 ソフトウェア&アプリ開発展(SODEC)出展のご案内(2021/3/26)
最新セミナー情報
【9/10開催】TimeTracker NX製品紹介セミナー進捗状況からコストまで横断に見える化

TimeTracker NXで実現する進捗管理から横断分析について、デモと事例を交えて紹介します。

実装の容易さが革新的

Sciforma
サイフォーマ

導入業界一覧
  • 半導体
  • 農業機器
  • 医療研究所
  • 鉄鋼生産など
Sciforma

引用元:Sciforma
https://www.sciforma.com/ja

Sciformaが製造業に
適している理由

多角的な機能で
成功に近づける

プロジェクト管理、ポートフォリオ管理、プログラム管理に必須の機能をすべて搭載しています。また、プロジェクト、ポートフォリオの現在の状況に適応し、さらには今後の成長をしっかりサポートする機能も。

導入までの
迅速さが魅力

「簡単な実装」「簡単なメンテナンス」「構成変更可能」といった特徴により、スムーズに使用を開始できるのがうれしいポイント。自動アップグレード機能も備わっています。

直感的に使えるからストレスなし!

Sciformaは、直感的に使いこなすことができる、やさしい操作性も魅力のひとつと言えます。ただし、英語が主なので、そのあたりの不便さは否めません。

Sciformaの導入実績
導入実績
25万ユーザー

35年の実績を持つSciformaは、世界で25万人以上のユーザーを抱えていると記載があります。導入事例は全部で11社、企業ロゴは140社分掲載されています。(2021年8月時点)
製薬会社やソフトウェア関連会社、運輸系、各種メーカー、ヘルスケア関連、保険・金融、建設、食品・飲料、自動車など、多種多様な業界の現場に対応しています。
※引用・事例参照元:Sciforma https://www.sciforma.com/ja

Sciforma導入事例

引用元:Sciforma
https://www.sciforma.com/ja/customers/ppm-success-stories

Sciforma×企業導入事例
UMB Financial

引用・事例参照元:Sciforma
https://www.sciforma.com/ja/customers/ppm-success-stories/umb-financial-creating-value-faster-thanks-easier-reporting-0

UMB Financial

キャパシティプランニングに
時間をかけられるように

最大の利点は、以前はばらばらのシステムに記録されていたデータが1つのアプリケーションにまとめられたことです。

一本化されたリソーステーブルのような単純なものからダイナミックレポートのように複雑なものまで、今ではSciformaがないとやっていけません。データの集積とレポートの作成に多大な時間をかけていた昔と比べると、プロジェクトとキャパシティプランニングにより多くの時間を掛けることができるようになりました。
もっと読む
Mechanical Solutions, Inc

引用・事例参照元:Sciforma
https://www.sciforma.com/ja/customers/ppm-success-stories/mechanical-solutions-inc-aligning-engineering-expertise-and

Mechanical Solutions, Inc

ビジネスの現状を
より理解できるように

(前略)Sciformaを使って時間とプロジェクトを管理することで、エンジアリングとマネジメントの双方の期待に応えることができる結果となっています。

ビジネスの現状をより良く理解できるようになった今、マネジメントにとっての次のステップは分析ツールを使ってSciformaソリューションに記録されたデータを分析し、今後に活かすことです。(後略)
もっと読む
Sciformaを開発したサイフォーマ株式会社とは?
Sciformaを開発したサイフォーマ株式会社とは?

引用元:Sciforma
https://www.sciforma.com/ja/about

ITトレンド受賞歴もある
プロジェクト管理の専門家

サイフォーマはプロジェクト管理の専門家集団。30年以上にわたり、企業向けのパワフルなソリューションを提供してきました。
ITトレンド年間ランキング2017のプロジェクト管理部門の総合1位、工程管理部門の総合2位に輝いたことも。
※引用・参照元:Sciforma https://www.sciforma.com/ja/about/awards

最新情報

※2021年8月時点(引用・事例参照元:Sciforma https://www.sciforma.com/ja/about/press-releases)

  • エネルギー大手のトータルエネルギー社(TotalEnergies)、探査と生産部門(Exploration & Production)でSciformaのPPM使用を拡大(2021/7/20)
  • PPM のリーディングカンパニー Sciforma、Symphony Technology Group (STG) による買収を発表(2021/3/31)
  • サイフォーマ社、Gartnerのプログラム&ポートフォリオ・マネジメント・サミット2017 (6月12、13日、ロンドン)で業界初のアジャイルとウォーターフォールのシームレスな統合製品を発表(2017/6/12)
  • Sciforma、Info-Tech Research GroupのMid-Market High Maturity Use Case (成熟度の高い中規模企業向け)でチャンピオンと認定され、Best Overall Value Award (ベスト総合ヴァリュー賞)を受賞(2016/5/24)
最新セミナー情報

公式HPにセミナー情報の記載はありませんでした。

クリエイティブ制作 の
プロジェクト管理に
適したツール

AdFlowアドフロー

ソフトウェア開発 の
プロジェクト管理に
適したツール

Backlogバックログ

製造業 の
プロジェクト管理に
適したツール

Being Management3
ビーイング
マネジメント3

目的別

おすすめプロジェクト管理ツール

「プロジェクト管理ツール」と言っても幅広いため、「誰がどんな目的で使うか」を明確にして、ジャストなツールを導入する必要があります。

当サイトでは、「プロジェクト管理ツール」大きく3つに分けました。

現場の工数を削減したいとう目的がメインであれば「進行管理ツール」を、進行管理の中からタスク管理だけを主に行いたいというときは、「タスク管理ツール」を、現場ではなく、むしろ管理側が原価や人件費計算に用いたいという場合は「PM(プロジェクトマネージャー)管理」です。使いたい用途に合わせて選択をしてください。

おすすめ進行管理ツール

効率化&資産化で働き方改革

AdFlow

引用元:AdFlow https://adflow.jp/

機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • オンライン校正
  • デザイン管理
  • ファイル管理
  • 素材アーカイブ
  • スマホ対応など
特徴
  1. 制作業務の効率化のために開発された、制作部門に特化した多機能ツール
  2. 制作に必要な機能を完備!煩雑な制作情報も一元的に管理することが可能
  3. 制作フローを「見える化」「共有化」。工数の激減につながり、生産性もアップ

プロジェクトとタスクを簡単管理

Asana

引用元:Asana https://asana.com/ja

機能一覧
  • リストビュー
  • タイムライン
  • ボード
  • ガントチャート
  • バグ管理
  • バージョン管理
  • スマホ対応など
特徴
  1. ポートフォリオで全プロジェクトの進行状況をリアルタイムに確認可能
  2. 重要プロジェクトのステータスを、常にモニタリング
  3. 煩わしい苦手な作業は、「オートメーション」を利用して自動的に処理

チームコラボレーションを円滑化

Backlog

引用元:Backlog https://backlog.com/ja/

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • ガントチャート
  • バグ管理
  • バージョン管理
  • Wiki
  • スマホ対応など
特徴
  1. 業務ごとに作成するプロジェクトで、進捗状況をハッキリ“見える化”
  2. 誰もが直感的に操作できるイージーなインターフェースで導入時も安心
  3. キャラクターアイコン、「いいね」機能など、チームワークを高める機能が満載

クリエイターへの依頼機能も有

Videoworks クラウド

引用元:Videoworks クラウド https://cloud.videoworks.com/

機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • オンライン校正
  • ファイル管理
  • スマホ対応など
特徴
  1. シェア用URLで共有がラクラク。修正指示は画面に直接書き込める
  2. 安全な環境のもとファイルの共有が可能。格納場所もすぐに把握
  3. 国内外のクリエイターに、いつでも必要な業務を簡単依頼できる

一風変わった社内SNS型ツール

Genie Frame

引用元:Genie Frame http://www.genieframe.com/

機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • オンライン校正など
特徴
  1. 「タスク管理」「進捗管理」「スケジュール管理」のすべてを統合
  2. タスクやメモ、スケジュールなど、コルクボードにペタペタ貼る感覚で一画面共有
  3. だれでもすぐに使えるようになるシンプルかつスピーディーな操作性

動画に特化したツール

Jector

引用元:JECTOR https://www.jector.com/

機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガント自動作成
  • オンライン校正
  • ファイル管理
  • 素材アーカイブ
  • スマホ対応など
特徴
  1. 社内外で安心して大容量ファイルを共有。コミュニケーションもラクラク
  2. 容量や、ファイルのフォーマットなどに関係なくさまざまなデータを扱える
  3. クラウド経由で、どこにいても適切な権限でのデータ共有ができる

制作業務向けの簡易ツール

vync

引用元:vync https://viibar.com/vync

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • ストレージ
  • オンライン校正
  • スマホ対応など
特徴
  1. 進捗状況の可視化により、チーム全体で優先度を決めて進行できる
  2. リアルタイムな視覚的データに基づき、チームのパフォーマンスを改善
  3. チームのプロセスに最適なワークフローをカスタマイズ可能

中小企業向けのスケジュール管理ツール

サイボウズOffice

引用元:サイボウズOffice https://office.cybozu.co.jp/

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャート
  • スマホ対応など
特徴
  1. タスクごとに担当者・責任者の割り振理が可能
  2. 各タスクがどこまで進捗しているかを可視的に確認可能
  3. ToDoリスト、タイムカードなど日本人にマッチした分かりやすい機能あり

直感的でシンプルなプロジェクト管理

aipo

引用元:aipo https://aipo.com/apps/project/

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャートなど
特徴
  1. プロジェクトの進行状況や部署・企業の予定を1つのカレンダーでわかりやすく管理
  2. 情報共有や他のアプリと連携可能
  3. ユーザーの年齢層や職種に関係なく気軽に利用しやすいシステム

システム開発現場での"使いやすさ"を追求

Contrack

引用元:Contrack https://www.veriserve.co.jp/service/detail/contrack.html

機能一覧
  • トレース画面機能
  • 文書解析エンジン
  • ツール連携など
特徴
  1. ツールとの有機的な連携によって開発プロジェクトの品質向上と生産性・効率性向上の両立をサポート
  2. 短時間で操作方法を習得
  3. WordやExcelなどで作られた成果物をそのまま取り込める

マーケターの販促業務に特化

GoWorks

引用元:GoWorks https://promarketing.konicaminolta.com/service/goworks/

機能一覧
  • 予算と実績管理
  • レポートの自動出力
  • デザインデータ管理など
特徴
  1. プロジェクトで管理している予算実績やスケジュールなど、データを一元化して管理
  2. デザインデータもクラウドで管理
  3. 販促物の数量を自動集計

おすすめタスク管理ツール

チームのコラボレーションで効率化

Trello

引用元:Trello https://trello.com/ja

機能一覧
  • カンバンボード
  • コメント
特徴
  1. ボードやリスト、カードの利用で、プロジェクトを柔軟に効率よく進行!
  2. ワークフローを自動化し、煩雑な作業を取り除いてチームの生産性をアップ
  3. シンプルで使いやすく、誰でも簡単に操作可能

ドラッグ&ドロップで簡単管理

Jooto

引用元:Jooto https://www.jooto.com/

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • ガントチャート
  • ファイル管理など
特徴
  1. 同じダッシュボードで複数のプロジェクトをまとめて管理
  2. 各プロジェクトの予定がひと目で把握できるガントチャート機能
  3. 一貫してドラッグ&ドロップで簡単操作

タスク管理機能や分析&レポート機能が充実

zoho

引用元:Zoho Projects https://www.zoho.com/jp/projects/tasks.html

機能一覧
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • 分析&レポート機能
  • アプリ連携など
特徴
  1. 用途やプロジェクトに応じた多彩なタスク管理機能
  2. プロジェクトを可視化できる分析&レポート機能
  3. Googleカレンダー、Slackなど様々なアプリとの連携機能

小規模なエンジニアチームのプロジェクト管理なら

youtrack

引用元:Youtrack https://www.jetbrains.com/ja-jp/youtrack/features/

機能一覧
  • アジャイルボード
  • ガントチャート
  • タイムレポート作成など
特徴
  1. 各メンバーのタスクを管理するアジャイルボード搭載
  2. マスト、重要などに分類してタスクの優先順位を整理可能
  3. メンバーのタスクに要する見積時間の設定など時間管理機能あり

様々な情報管理機能を搭載したマルチツール

Evernote

引用元:Evernote https://evernote.com/intl/jp/features/tasks

機能一覧
  • 自由形式での保管機能
  • 共有式ToDoリスト
  • アプリ連携など
特徴
  1. あらゆる情報を自由な形式で保管する機能
  2. iPhoneやAndroid、Linuxなど様々なプラットフォームから利用が可能
  3. Gmail、Slackなど様々なアプリとの連携機能

タスク進捗状況を一ヵ所に集約させて管理できる

todoist

引用元:Todoist https://todoist.com/ja/features

機能一覧
  • カンバンボード
  • リマインダー機能
  • アプリ連携など
特徴
  1. タスク・ファイル・議事録を一ヵ所に集約して管理可能
  2. メンバーの業務進捗状況を可視化して確認できる
  3. Dropbox、Slackなど様々なアプリとの連携機能

オンライン校正・ファイル管理で圧倒的な実績

ActiveAssets

引用元:ActiveAssets https://www.activeassets.jp/product/

機能一覧
  • オンライン修正/確認ワークフロー機能
  • ファイル検索機能
  • プリント機能など
特徴
  1. ActiveAssetsはWebブラウザだけで始められる
  2. SSL暗号化通信やウィルススキャンも標準装備
  3. ファイル形式やメタ情報など、豊富な検索条件から必要なファイルを簡単に検索

必要な機能のみ搭載、チーム運営を円滑にする

GroupTask

引用元:GroupTask https://grouptask.biz/functions

機能一覧
  • メール、Webプッシュ、slackでの通知機能
  • HTMLなど書式ありペースト可能
  • ツール上で進捗報告機能など
特徴
  1. 管理者が各スタッフの業務状況をツール上で把握可能
  2. ツールを経由し、メンバーにタスクを依頼
  3. 期日や優先度順表示で作業効率アップ

個別のタスク管理からプロジェクト計画まで

MeisterTask

引用元:MeisterTask https://www.meistertask.com/pages/ja/features/

機能一覧
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • 時間トラッキング機能
  • 議事録ログ化機能など
特徴
  1. カスタマイズ可能なプロジェクト管理機能
  2. メールやチャットでは行方不明になりそうな情報をログ化
  3. タスク機能が非常に充実

タスクの「見える化」を追求したPMツール

Mammoth Project

引用元:Mammoth Project https://mmth.pro/ja

機能一覧
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • プロジェクトマップ
  • Todoリスト形式
  • Slack連携・Github連携など
特徴
  1. 5種類のビューでタスクを確認
  2. メールやチャットでは行方不明になりそうな情報をログ化
  3. メンバーの変更を始めとした各種の引き継ぎ業務をスムーズに遂行可能

社内業務の「見える化」を目指したタスク管理ツール

ReTask

引用元:ReTask https://retask.jp/function/

機能一覧
  • ガントチャート
  • ワークロード機能
  • タスク自動通知など
特徴
  1. メンバーの全員がプロジェクトを可視的に共有
  2. 様々なデバイスに対応したタスク進捗管理機能
  3. 各メンバーの労働負荷を自動でグラフ化する「ワークロード機能」を搭載

サイト更新に特化したシンプルな機能

トコトン

引用元:トコトン https://tokoton.biz/function/

機能一覧
  • カレンダー
  • ポイント報酬
  • 画面メモ機能
  • 案件ごとのチャット機能など
特徴
  1. シンプルなタスク管理
  2. クライアントからの指示書を1本化することができる
  3. クライアントとWeb製作会社の両者が進捗状況の把握を行える

チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stock

引用元:Stock https://www.stock-app.info/

機能一覧
  • バックアップデータ保持機能
  • 削除防止機能
  • 定型文書テンプレート機能
  • 情報アーカイブ機能など
特徴
  1. データの削除ミスもフォロー
  2. 定型文書を一瞬で呼び出せるテンプレート機能
  3. 重要情報は情報アーカイブで保存

おすすめPM管理ツール

“色”でプロジェクト状況を把握

Being Management3

引用元:Being Management3
https://www.toc-ccpm.net/product/

機能一覧
  • ガントチャート
  • プロジェクト納期管理など
特徴
  1. 各プロジェクトの優先度・危険度を分かりやすくカラーで表現
  2. 進行中プロジェクトだけでなく、先の予定を含めた全プロジェクト一画面表示
  3. 三色グラフにより、日々の変化を大局的に把握できる

サクサク使える優しいツール

Brabio

引用元:Brabio
https://brabio.jp/

機能一覧
  • チャット・コメント機能
  • ガントチャートなど
特徴
  1. スケジュール表も工程管理もラクラク作成。さまざまなビューで視覚的に把握
  2. メンバーの空き状況を可視化。タスクの管理の確実性をアップさせます
  3. 5人までは無料で使用可能

リアルタイムで進捗状況が360°把握できる

clarizen

引用元:clarizen
https://www.clarizen.com/jp/

機能一覧
  • ガントチャート
  • 工数自動レポート
  • 電子承認
  • プロジェクト毎財務管理など
特徴
  1. 優先順位に基づいてリソースをグラフ表示
  2. ワークフローをチーム仕様にカスタマイズOK。独自フローで業務効率アップ
  3. 柔軟性があり、直感的で分かりやすいユーザーインターフェイス

勤怠も工数も管理できる

クラウドログ

引用元:クラウドログ
https://www.innopm.com/

機能一覧
  • ガントチャート
  • 工数自動レポート
  • カレンダー
  • 勤怠管理
  • スマホ対応など
特徴
  1. 工数から、各プロジェクトの損益を自動的に“見える化”
  2. ドラッグ&ドロップで直感的に工数入力が可能。スマホからも簡単入力
  3. 自動レポート作成機能で、個人やチームの働き方がわかる

どんな業界にも対応できる

kintone

引用元:kintone
https://kintone.cybozu.co.jp/

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • 日報
  • 交通費申請
  • 採用面接管理など
特徴
  1. 直感的に自社に適したシステムを作成可能。他システムとの連携もラクラク
  2. APIやWebhookを利用して、外部サービスと連携
  3. コミュニケーションとデータ管理を、一画面に集約&チームで共有

大小さまざまなチームに対応

Lychee Redmine

引用元:Lychee Redmine
https://lychee-redmine.jp/

機能一覧
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • プロジェクトレポート
  • 工数管理
  • コスト管理など
特徴
  1. シンプルで小規模なタスク管理にも、大規模プロジェクトの管理にも対応
  2. 少⼈数で気軽に使い始められるフリープランをはじめ、3つのプランからセレクト
  3. オープンソースの「Redmine」がベース。カスタマイズを自由に行えるのが魅力

業界特化型の管理システム

MA-EYESnc

引用元:MA-EYES
https://www.bbreak.co.jp/maeyes/

機能一覧
  • プロジェクト見積
  • 発注管理
  • 経理管理
  • 人材派遣管理
  • 勤怠管理など
特徴
  1. 広告業やシステム開発業の企業に向けた業界特化型の管理ツール
  2. クラウドシステムのため、オンプレミスのシステムより経済的
  3. 利用する機能は、ニーズに合わせて選択可能。変更も柔軟にできます

クリエイティブ特化の経営管理ツール

Reforma PSA

引用元:Reforma PSA
https://www.oro.com/reforma-psa/

機能一覧
  • 受注管理
  • 支払い管理
  • 勤怠管理
  • プロジェクト別工数集計
  • 売上・利益分析
  • 源泉税管理など
特徴
  1. クリエイティブ業界に特化した設計が特徴。プロジェクトの損益管理を見事に実現
  2. 未来の売り上げを把握し、正しいリソース確保できる
  3. 正しい工数管理で無駄を排除

シンプル実装で導入がスムーズ

Sciforma 7.0

引用元:Sciforma
https://www.sciforma.com/ja

機能一覧
  • ガントチャート
  • 財務管理
  • プロジェクトのシミュレーション
  • ポートフォリオ分析など
特徴
  1. プロジェクト・ポートフォリオ・プログラムの管理に必須な機能をすべて搭載
  2. シンプルな実装のためスムーズに導入可能
  3. 直感的に使いこなせるやさしい操作性

1分でできる工数入力で改善に繋げる

TimeTrackerFX

引用元:TimeTrackerNX
https://www.timetracker.jp/

機能一覧
  • ガントチャート
  • プロジェクト別工数集計
  • コスト管理
  • 優先タスク表示など
特徴
  1. ソフトウェア開発やハード設計などさまざまなデスクワーク業務に対応可能
  2. ドラッグ&ドロップで簡単に工数入力できるのが魅力
  3. これまで使っていたエクセルデータをスムーズに移行・連携

チームの誰もが計画・追跡・リリース可能

Jira

引用元:Jira https://www.atlassian.com/ja/software/jira

機能一覧
  • コミュニケーション機能
  • ガントチャート
  • バグ管理
  • バージョン管理
  • アジャイルレポート
  • ボード
  • スマホ対応など
特徴
  1. 進捗状況の可視化により、チーム全体で優先度を決めて進行できる
  2. リアルタイムな視覚的データに基づき、チームのパフォーマンスを改善
  3. チームのプロセスに最適なワークフローをカスタマイズ可能

多くの業界で使われる業務効率化ツール

Jira

引用元:ZAC https://www.oro.com/zac/

機能一覧
  • プロジェクト管理
  • 販売管理
  • 購買管理
  • 勤怠管理
  • 在庫管理
  • コンタクト管理
  • 経営モニタリングなど
特徴
  1. 「担当者別」「プロジェクト別」「部門別」の原価管理や配賦計算などを自動化
  2. 見込段階のプロジェクトから管理できるため、未来の損益予測も可能
  3. 損益管理から請求機能まで、プロジェクトに関する機能を同一システムに集約

クラウドであらゆる情報を管理

Huddler

引用元:Huddler https://service.huddler.app/about/#About

機能一覧
  • プロジェクト管理
  • プライベート個人タスク管理
  • カンバンボード
  • 一元管理機能など
特徴
  1. 部署やプロジェクトなど、様々な単位でグループを設定可能
  2. プロジェクトごとにカンバン形式でタスク管理画面を設定可能
  3. グループごとに必要な機能のON/OFFが可能

在庫管理・販売管理・生産管理システムの

aladdin office

引用元:aladdin office https://aladdin-office.com/ex/project/

機能一覧
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 輸入業務一括管理など
特徴
  1. 商品管理機能、受注管理機能、売上管理機能など多彩な機能が標準搭載
  2. 各製品の市場需要予測を打ち立てられる生産管理システム
  3. 輸入業務を一括管理できるシステムも用意

日本初のAIプロジェクト管理サービス

commu

引用元:commu https://commu.co.jp/#function

機能一覧
  • プロジェクト管理
  • チャットボット機能
  • ガントチャート
  • タスクのチケット管理など
特徴
  1. 各タスクの実施をチケットにしてスケジュール管理
  2. 進捗の良いチケットと悪いチケットを可視化できるガントチャート機能
  3. チャットボットが納期が近いチケットを自動通知

建築・建設業界に特化した電子受発注サービス

ANDPAD

引用元:ANDPAD https://lp.andpad.jp/features/

機能一覧
  • 電子受発注
  • 施工管理
  • 工程表一元管理
  • 写真・資料管理など
特徴
  1. 建築・建設業界に必須の写真・資料管理機能
  2. 現場で写真の取り込みも日報作成も可能
  3. 最新の情報をつねに確認できる、工程表一元管理機能

タスク管理、スケジュール管理を1アプリで

Ganttodo

引用元:Ganttodo https://ganttodo.jp/

機能一覧
  • プロジェクト管理
  • チャット機能
  • ガントチャート
  • カンバンボード
  • モバイルアプリ対応など
特徴
  1. タスクをTodo画面で管理可能
  2. 進捗が遅れているものに関してアイコンが出るガントチャート機能
  3. 外出が多いメンバーやテレワークでも使えるモバイルアプリ機能

プロジェクト管理ツールの選び方

押さえるべき
ポイントは2つ
  1. “何の目的”でツールを導入したいのかを明確にする
  2. 管理側だけが便利にならないよう、現場の意見を取り入れる
例えば

制作 × 進行管理

かゆいところに
手が届くツールを

個人に委ねられがちな進行管理をツールで一括管理するために導入すると思いますが、プラスα、現場の工数削減や効率化のための機能をどこまで求めるかによって、選ぶツールが異なってきます。ここは、せっかくなので圧縮時間、ファイルを探す時間など、細かい無駄を省くようなツールをおすすめします。

制作 × タスク管理

極力シンプルで
教育コストのかからないものを

自分のタスク、またプロジェクトのタスクを横串で見たい、というためだけのツールと考えると、操作性が極力シンプルで、価格は安いものがおすすめ。シンプルであればあるほど、教育コストや導入後の指導が必要ありません。
タスク管理だけだと…という場合は進行管理ツールも検討してみてください。

制作 × PM管理

管理目線と現場目線の
バランスを考える

プロジェクトを俯瞰で見て、リソースや原価、人件費、ものによっては勤怠や日報までも管理できるPM管理ツール。
適切なPM管理で現場の工数を削減する以外にも、進行管理ツールに含まれるような現場の効率化に直接寄与する機能をどこまで求めるかで、選ぶツールが変わります。

制作会社・部門の
クリエイティブ管理の
課題と解決策

令和になってもブラックと言われがちな制作会社やクリエイティブ関係の部署。リモートワークになって、「エンドレス仕事…」「社畜の呼吸…」なんて会社は、どのような手法やツールで救われるのか。まとめてみました。

課題01
デザイナーがデザイン以外の
仕事が多すぎる説
デザインを効率化して
人件費削減
課題02
過去の素材やファイル
探すの地味に面倒
デザイン管理を改善する
課題03
誰もが一度は経験がある
先祖返りを撲滅するには
究極の無駄・
先祖がえりを防ぐ
課題04
そもそも進行管理が
ザルすぎる問題
進行管理を進化させて
みんなハッピーに!
課題05
プロジェクト管理って
そもそも何するもの?
webディレクターの
スケジュール管理術
イメージ

プロジェクト管理手法まとめ

プロジェクト管理ツールを紹介してきましたが、そもそもプロジェクト管理って何をしたらいいのか、本当の意味でわかっている人は意外と少ないかもしれません。

ここでは、プロジェクト管理に関する考え方や、手法をご紹介します。

基礎を知ってこそ、ツールのありがたみがわかります!

テレワークで
制作会社が
効率化するための教科書

このコロナ禍で進むテレワーク。しかし、「生産性が下がった」なんて声もちらほら聞かれます。

クリエイティブを担う会社が、生産性もクオリティも下げずにテレワークに入ることは果たして可能なのでしょうか?

制作会社がテレワークを効率化させるために重要となる知識や、おすすめの導入ツールなどを紹介しています。

PR

制作部署が
プロジェクト管理ツールを
導入してみた

制作部署がプロジェクト管理ツールwを導入してみた

ツールを導入するまでの動き、調べ方、困ったことや、こんな視点で選んだ方がいい…そんなリアルな話を、プロジェクト管理ツールを導入した制作部のマネージャーに聞いてみました!

デジタルアセット
マネジメント(DAM)とは?

いまさら聞けないDAMの基礎とおすすめツール

2021年、その存在がより重要視されている「DAM(デジタルアセットマネジメント)」。その概要や、主な機能、また導入することで得られるメリットなどについて解説しています。おすすめのツールもセレクトして紹介!