プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【特集】クリエイティブ管理ツールのススメ » デザイン管理を改善する

公開日: |最終更新日時:

デザイン管理を改善する

過去の制作物が見つからない、あの素材をどこに格納したのか覚えていない、ディレクターのために色々探したり…身に覚えのあるデザイナーは多いのではないでしょうか。

そんな経験が少しでもある、またはそんなデザイナーの状況をどうにかしたいと思っている人は、ぜひ読んでください。

デザイン管理を改善するイメージ

デザイン管理において
改善すべき「課題」とは?

社内でのデザイン管理において、以下のようなやり方を採用しているケースは多いと思います。

  • 社内の共有ドライブに置かれた案件ごとのフォルダーで管理
  • デザインファイルはデザイナーがすべて管理
  • 「ai」「psd」ファイルはディレクターが確認できない

しかし、上記のような管理を行っていると、以下に挙げるような問題が生じてきます。仕事を進めるうえで、不都合に感じたり、わずらわしさを感じたりしているケースも多いのではないでしょうか?

  • 最新のデザインファイルがいつ更新されたか把握しにくい
  • デザインファイルの管理がデザイナー頼みになってしまい、不便が多い
  • デザイナーの性格によっては格納されていないことも…
  • 誤ってファイルが削除されてしまう可能性もあり得る
  • デザイナーがいちいちpdfに書き出す必要がある

このように、デザイナーの負担が全体的に大きく、また他の職種の人にとっても、不都合なことが多い状況が生まれてしまいがちです。

では、解決策として、どのような方法があるのでしょうか?

デザイン管理の課題を
解決するための対策とは?

上で紹介したような「デザイン管理における課題」を解決するための対策として、さまざまなことが考えられますが、まずは便利なツールを導入することが得策といえるでしょう。

今時のプロジェクト管理ツールには、デザイナーの工数を削減するような機能が多く搭載されているものがあります。

その機能というのは、以下のようなものです。