【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 【2023年】プロジェクト管理ツール » Brabio!(ブラビオ)

公開日: |更新日:

Brabio!(ブラビオ)

Brabio!(ブラビオ)はクラウドのプロジェクト管理ツールです。インストールやサーバーの設定が必要なく、1分ほどで開始できる非常に手軽なツールと言えるでしょう。瞬間的にさくさくとガントチャートを作成できて時間の短縮に繋がります。

Brabio!の機能

プロジェクト横断ビュー

複数のプロジェクトをまたいだ状況を確認するための機能。会社全体で「誰が」「いつ」「何を」行っているのか一目で分かります。忙しいプロジェクトや個人が特定されるため、早めの対策を行うことができるでしょう。

Brabio!導入事例
引用元:Brabio! https://brabio.jp/

4つのユーザーモード

「管理者」「スタッフ」「パートナー(外部メンバー)」「ゲスト(外部メンバー)」の4つのユーザーモードを搭載。招待する時点で設定することで、得意先や関連会社との情報共有がスムーズに行えます。

Brabio!導入事例
引用元:Brabio! https://brabio.jp/

多彩なビューで見える化

ガントチャート表示に加えてカレンダー表示、締切カレンダー表示、印刷用画面など多彩なビューでプロジェクトを可視化します。場面に応じてビューの変更ができるため、様々なタスクが混在する全体像を把握しやすいでしょう。

Brabio!導入事例
引用元:Brabio! https://brabio.jp/

一覧で表示できるToDoリスト

自分のToDoリストとメンバーに依頼したToDoリストとその共有を一覧にして表示することによって、それぞれをまとめて管理することができます。スケジューラーとして使用することも可能。

Brabio!導入事例
引用元:Brabio! https://brabio.jp/

意見を書き込めるつぶやき機能

つぶやき機能によって、アイデアや意見を書き込むことができます。会議で発言するほどではないことを気軽に書き込めることによって、部署や役職を超えた良いアイデアが出てくるかもしれません。

Brabio!導入事例
引用元:Brabio! https://brabio.jp/

Brabio!で何が叶う!?

効率化

Brabio!では、誰でも簡単にガントチャートの作成が可能。チャートを引くだけでファイル管理などの場が自動的に生成され、ストレスなくどんどん作成していくことができます。進捗報告や進捗管理も簡単操作でできるため、作業の効率化が見込めます。

ミス防止

社内だけでなく関連会社など社外スタッフもユーザーモード設定で連携を取ることができます。お互いの情報を共有することで、コミュニケーション不足によるミスの防止に繋がるでしょう。プロジェクトを円滑に進めることができます。

当サイトでは、そのほかクオリティアップ・ナレッジ化に関する情報もまとめていますが、Brabio!の機能は主にガントチャートなので、その辺りの機能は搭載されていません。

クリエイティブ管理におすすめ!
プロジェクト管理ツール2選

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを比較検討する

Brabio!の導入事例

事例01

そらいろ
「対クライアントで欠かせないツール」

初めてこのツールの紹介をうけたときには最初は戸惑いました。

使い始めた今となっては“なぜ、いままでこうじゃなかったのだろう?”と感じます(笑)

チャートを引くだけでファイル管理、コミュニケーションまで全ての場がワンクリックで自動的に生成される気持ちの良さは使い込めば使い込むほど“しっくり”くる感じです。

今後はクライアント様との仕事では欠かせないツールになりそうです。

引用元:Brabio!(ブラビオ) https://brabio.jp/case.html

その他の導入企業

Brabio!導入事例
引用元:Brabio!(ブラビオ) https://brabio.jp/

企業名の掲載はありませんでしたが、5人まで無料ということも影響しているのか、「20万社突破」という記載が公式サイトにありました。

2020年12月時点の情報 参照元:Brabio! https://brabio.jp/

Brabio!のネット上の
口コミ・評判

Brabio!はどういう企業や
部署に向いている?

Brabio!は、初心者専用のクラウドガントチャートツールです。直感的にサクサクと使えるやさしいプロジェクト管理ツールで、工程管理やスケジュール表も簡単に作成できるでしょう。様々な分野の企業に向いていますが、はじめてプロジェクト管理ツールを使用する企業や部署に特におすすめです。

とはいえ、基本ガントチャートのみなので、もっと多くの工数削減などをかなえたい場合、またクオリティアップやミス防止に寄与するツールを検討している場合には、あまり向きません。

そういったツールを求めている方は、以下のページにクリエイティブ管理ツールの情報をまとめていますので、参考にしてください。

Brabio!の費用

▼表は横にスクロールできます。

プラン名 無料プラン
費用 ¥0/月
ユーザー数 5人
プロジェクト数 無制限
ストレージ(容量) 50GB

エントリープラン

プラン名 プラン10 プラン20 プラン30 プラン40 プラン50
費用 ¥3,300/月
(税込)
¥6,600/月
(税込)
¥9,900/月
(税込)
¥13,200/月
(税込)
¥16,500/月
(税込)
ユーザー数 10人 20人 30人 40人 50人
プロジェクト数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
ストレージ(容量) 1GB 1GB 1GB 1GB 1GB

ミッドレンジプラン

プラン名 プラン100 プラン200 プラン300
費用 ¥33,000/月
(税込)
¥66,000/月
(税込)
¥99,000/月
(税込)
ユーザー数 100人 200人 300人
プロジェクト数 無制限 無制限 無制限
ストレージ(容量) 1GB 1GB 1GB

参照元:Brabio!(ブラビオ)公式HP https://brabio.jp/help/07-setting_group/853.html

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

【2023年】プロジェクト管理ツール
オンラインストレージおすすめ一覧
SMOOTHie(スムージー)
Ganttodo(ガントトゥードゥー)