プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » Genie Frame(ジニーフレーム)

公開日: |最終更新日時:

Genie Frame(ジニーフレーム)

Genie Frame(ジニーフレーム)は質問に答えるだけで自然に必要なアイデアが湧いたり、問題解決の方法が明確になったりする、一風変わった、経営やチームワークの改善ツールです。

シンプルな操作で、使い勝手はSNSに近いので、直感的なプロジェクト管理が行えるでしょう。

Genie Frameの機能

一目でプロジェクト全容を把握

プロジェクト進捗の一覧がひとつの画面上に表示されます。マイルストーンやToDoリストに加え、期日超過も確認できるため、プロジェクトの全容を直感的に把握できるでしょう。

柔軟なタスク管理が可能

タスクを階層化してグルーピングするなど、1クリックで移動など気軽な操作でタスク管理が行えます。担当者指定も可能。タスクを整理することによって、効率的なタスクの割り振りができるでしょう。

Genie Frame導入事例
引用元:Genie Frame http://www.genieframe.com/content/genieframe.html

グループウェアの機能が充実

メモやレポート、ファイルのアップ、ミーティングの設定、コメントのやりとりなど、チーム内で共有が可能。チャット機能もあるため、遠隔地での作業も安心です。

Genie Frame導入事例
引用元:Genie Frame http://www.genieframe.com/content/genieframe.html

メールの代わりに
使用できるメッセージ

メール感覚で使用できるメッセージ機能が搭載されています。検索も簡単で、大量のメールで必要な連絡が埋もれてしまう心配がありません。急ぎの連絡があれば同時にメール送信することもできます。

Genie Frame導入事例
引用元:Genie Frame http://www.genieframe.com/content/genieframe.html

大切な項目は引き出しで整理

引き出し機能では、未解決の項目を引き出しに入れておけます。重要な項目や現在作業中のものは、ハイライトをつけて管理が可能です。必要な情報をなくしてしまう心配がありません。

Genie Frameで何が叶う!?

効率化

プロジェクトからマイルストーン、タスクまでノンストップで作成可能。登録したタスクは、重要度や優先度に合わせて1クリックで並べ替えることができます。プロジェクト全体を見える化できるため視覚的に全体を把握でき、作業の効率化が望めるでしょう。

クオリティアップ

新規追加案件や変更点、ミーティング内容などがリアルタイムで把握できます。個人ごとにしか情報がなく、確認し合わなければ現状が分からないという状況をつくりません。本来のプロジェクト管理に集中できるため、クオリティアップに繋がります。

ミス防止

メールなどでやり取りしていたタスク内容や進捗状況が一元化されることにより、視覚的な理解が深まります。チーム内の情報伝達のミスが減ることで、チームの一体感も強くなるでしょう。

当サイトでは、そのほかナレッジ化に関する情報もまとめていますが、Genie Frame(ジニーフレーム)の公式サイトからはその情報が得られませんでした。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

Genie Frameの導入事例

Genie Frame(ジニーフレーム)の導入事例や使用企業名などの記載は公式サイトにはありませんでした。

Genie Frameのネット上の
口コミ・評判

Genie Frameは
どういう企業や
部署に向いている?

使用しているだけでプロジェクトの成功が促される本質的なツールとして開発されたジニーフレーム。コストの効率化やスリム化もでき、スモールビジネスで活躍する企業や個人事業主に特化したサービスを展開しています。

ちょっとクセがあるツールなので、使いこなせるかどうかは会社の社風にもよるのかもしれない?

もう少し大規模向けのクリエイティブ管理ツールや、わかりやすく工数削減できるようなツールがいい場合は、以下で紹介していますので、参考にしてください。

Genie Frameの費用

▼表は横にスクロールできます。

プラン名 ぷち まぁまぁ ごーじゃす 限界
費用 ¥2,480/月 ¥4,980/月 ¥9,800/月 ¥19,800/月
ユーザー数 6人 15人 35人 無制限
プロジェクト数 30 無制限 無制限 無制限
ストレージ(容量) 3GB 10GB 25GB 50GB

参照元:Genie Frame 公式HP http://www.genieframe.com/content/price.html

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
COMMU
Todoist
Wrike(ライク)
クラウドログ(旧InnoPM)
サイボウズOffice
Youtrack
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
Brabio!(ブラビオ)
EAST2
ReTask
Instagantt
AdFlow(アドフロー)
Tom’s planner
みんなでガント
GroupTask
Agilefant
Jooto(ジョートー)
Notion
Contrack(コントラック)
Taskworld(タスクワールド)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
Bitrix24
Nozbe
CIERTO(シエルト)
MeisterTask
Qast
smartsheet(スマートシート)
GoogleTables
clarizen(クラリゼン)
Microsoft Project
vync(ビンク)
GoWorks(ゴーワークス)
Asana(アサナ)
Evernote
ANDPAD
Jira(ジラ)
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
ganttpro
SMOOTHie(スムージー)
aipo
Save Point(セーブポイント)
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
universions(ユニバージョンズ)
Sciforma(サイフォーマ)
Project Director
Adobe Creative Cloud
Zoho Projects
Brushup(ブラッシュアップ)
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
NotePM