プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » プロジェクト管理の手法まとめ

公開日:|最終更新日時:

プロジェクト管理の手法まとめ

ここでは、会社のプロジェクト管理に有効となる手法について解説しています!

プロジェクト管理の概要についてもまとめました。「プロジェクト管理って何?」という基本を知りたい方から、「プロジェクト管理に必要なスキルを知りたい」という方まで、参考にしていただける内容となっています。

そもそも
プロジェクト管理とは?

プロジェクト管理の手法イメージ画像

プロジェクト管理とは、プロジェクトの最終目標を、定められた期限内に達成できるよう、さまざまな問題を管理することです。プロジェクトの成功には、適切なプロジェクト管理が欠かせません。

そしてこのプロジェクト管理を担うのが、「PM」と呼ばれるプロジェクトマネージャーです。プロジェクトマネージャーの業務は、計画書の立案・作成やQCD(品質・コスト・納期)の管理、ステークホルダーとの連絡調整など、多岐にわたります。

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトを成功に導くためのさまざまな知識やスキルが求められますが、大きく、2つの視点(「PM視点」「現場視点」)にわかれると言っていいでしょう。

この2つの視点について、それぞれくわしく見ていきましょう。

業界別!
最適なプロジェクト管理ツール
を探す

PM視点のプロジェクト管理

まず、プロジェクトの“全体”を見渡しながら管理を行うことが必要です。

ひとつひとつのタスクが滞りなく進んでいるか、どこかで問題は発生していないか(発生する危険性はないか)、各所との情報共有やコミュニケーションはできているか…など、プロジェクトを総合的な目線で俯瞰にとらえ、適宜調整を行って、目標達成に導くことが求められます。

現場視点のプロジェクト管理

一方、現場視点のプロジェクト管理では、管理側ではなく実際に作業を進める“現場側”の目線に立った管理を行う必要があります。

具体的には、自分の案件をいかに効率的にまわすか、いかに成果物のクオリティを高めるか、といったことに目を向けて管理を行っていきます。

プロジェクトを成功に導くには、この「PM視点のプロジェクト管理」「現場視点のプロジェクト管理」の両方を行う必要があるのです。ぜひ、頭に入れておきましょう。

ここまで、プロジェクト管理とはどのようなものなのか、その概要を解説してきました。次は、プロジェクト管理に必要となる、具体的な手法について紹介していきたいと思います!

今すぐ取り入れたい
プロジェクト管理の手法

ここからは、プロジェクト管理に必要なこと、必須アイテムなどを、具体的に見ていきましょう。 まずこのトップページでは、各ページの簡単な概要のみをまとめてみました。くわしい解説は、各詳細ページにて確認してみてください!

1.プロジェクト管理に
必要な見える化の実現

プロジェクト管理には、“見える化”が重要であると言われています。

具体的に何を見える化?…というのは、「タスク」「コスト」「スケジュール」「品質」「コミュニケーション」「要員」になるでしょう。

リンク先のページでは、これらプロジェクト管理に関する項目を一気に見える化するために有効な方法を紹介しています。また、その方法によって実際に“見える化”を実現した会社の事例もいくつか集めました。

プロジェクト管理の
“見える化”に
ついてくわしく見る

2.プロジェクト管理における
必須アイテム・ガントを
使いこなす

プロジェクト管理において欠かせないアイテムとして知られている「ガントチャート」について、くわしく解説しています。

「ガントチャートとはどんなアイテムなのか?」「何を“見える化”するものなのか?」「ガントチャートを取り入れることによってどんなメリットがあるのか?」「エクセルで作るのとツールを使うのと、どちらが良いのか?」などについて、分かりやすく丁寧にまとめました!

基礎だから知っているとあなどるなかれ!

また、ガントチャートを使用できるおすすめのツールも3つほど紹介しています。

プロジェクト管理での
ガントチャートの
使いこなし術

3.プロジェクト管理に
必要な機能リスト

やみくもにツールを導入しても、「複数のツールで余計に煩雑になった」「ツールが使われなかった」ということになる可能性大。

大事なのは管理したいプロジェクトに合わせたツールを導入することです。

「クリエイティブ」「開発」「製造」の大きく3つに分けて、解説します。

プロジェクト管理に必要な機能を
くわしく見る