【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 【2023年】プロジェクト管理ツール » Redbooth

公開日: |更新日:

Redbooth

Redboothは、世界中の企業が利用しているプロジェクト管理ツールです。残念ながら日本語対応していないため、あまり日本では知られていませんが、タスク管理とメンバー同士のコミュニケーションツールも備えています。

Redboothの機能

カンバン方式でタスク管理

カンバン方式でタスク管理

引用元:Redbooth
(https://redbooth.com/kanban-board)

Redboothはプロジェクト管理ツールですが、個々のタスクについて進捗管理も細かく設定できます。

タスクの優先順位を変更したり、並べ替えもドラッグするだけで行えるため、誰でも感覚的に操作できます。

ビデオ会議が簡単に行える

ビデオ会議が簡単に行える

引用元:Redbooth
(https://redbooth.com/hd-video-conferencing)

リモートでの会議が可能です。Zoomなどほかの会議ソフトを使う違いは、Redboothでリモート会議を行いながら、その場でタスクの追加や変更、担当者への割り当て作業などを同時に行えることです。

会議後の確認では二度手間になり、コミュニケーションミスが発生することもありますが、Redboothでリモート会議を行うことで、参加者全員がすぐにやるべきことを把握し、結果として時間短縮、効率化にもつながります。

どのデバイスでも使用できる

どのデバイスでも使用できる

引用元:Redbooth
(https://redbooth.com/)

パソコンに限らず、タブレットやAndroid、iOSのスマホから利用できます。プロジェクトの進捗やタスクの確認はもちろん、ビデオ会議にも携帯端末から参加できるため、利用場所を選びません。

端末へのインストールや、サーバー設定などの煩わしい作業も必要ないため、IT知識の有無を問わずに利用できるのも特徴です。

Redboothで何が叶う!?

セキュリティ担当者の業務軽減

業務で多数のソフトウェアを利用すると、その分セキュリティ対策が必要となります。

Redboothを利用することで、それまで別々に管理されていたプロジェクト管理、タスク管理、ビデオ会議に関するツールをRedboothひとつにまとめることができるため、セキュリティ担当者の業務も軽減されます。

タスク管理の効率化

プロジェクトを円滑に進めるためには、各自が担当するタスクの内容や期限を明確にすることが必要です。Redboothではカンバン方式を利用したタスク管理を行うため、パッと見てすぐに誰が何をいつまでに行う必要があるのかを把握できます。

また、タスク内容に変化があった場合も、修正が容易なためすぐに反映させることができ、メンバー同士での確認もすぐに行うことが可能です。

コミュニケーション機能による情報共有

Redboothのビデオ会議機能は、最大25人が参加できます。プロジェクトの進捗状況やタスクの確認を顔を見ながら行うことができ、変更点がある場合はその場で修正できるため、コミュニケーションミスを最小限に減らすことができます。

リモートでプロジェクトを行っている場合には特に便利な機能と言えるでしょう。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを比較検討する

Redboothの導入事例

事例01

インディアナ大学ITサービス

Redboothは、私たちが求める効率性やマネジメント、結びつきなどを満たしてくれています。部署間でのコミュニケーションを促進してくれ、不透明さもありません。加えて、セットアップも簡単で、直感的に利用することができます。

参照元:Redbooth https://redbooth.com/education

事例02

May Arts Ribbon社

チームの仲間も私も、一日中Redboothのお世話になっています。これまでに数々の他社のプロジェクト管理ツールを調べ、利用してきましたが、Redboothがダントツで最高のツールです。

参照元:Redbooth https://redbooth.com/marketing-project-management

その他の導入企業

Redbooth導入事例
引用元:Redbooth (https://redbooth.com/marketing-project-management、https://redbooth.com/education)

コカ・コーラ、NBC、リッツカールトン、アムネスティインターナショナル、ブリジストン、ファイザー、富士通、スタンフォード大学、コーネル大学、ハーバード大学など

2020年12月時点の情報 参照元:Redbooth https://redbooth.com/marketing-project-management、https://redbooth.com/education

Redboothのネット上の
口コミ・評判

Redboothはどういう企業や
部署に向いている?

日本語化されていないため、英語での利用が問題ない企業や部署での利用をお勧めします。

プロジェクト管理において、タスクの進捗も合わせて共有したい場合や、リモートで業務を行うスタッフがいる場合にも向いています。

プロジェクト完了までは予定の変更や修正などがたびたび発生することが多いため、Redboothの機能を利用することで、メンバー同士の行き違いを減らし業務効率化を助けてくれるでしょう。

Redboothの費用

▼表は横にスクロールできます。

プラン名 プロ ビジネス エンタープライズ
費用 12ドル/月 18.75ドル/月 カスタム価格
プロジェクト数 無制限 無制限 無制限
ストレージ(容量) 5 GB 50 TB 500 TB
ゲスト数上限 無制限 無制限 無制限

デザイナーも使える
プロジェクト管理
ツールを探す

そのほかのエンジニア向け
プロジェクト管理
ツールを探す

関連ページ

【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

【2023年】プロジェクト管理ツール
オンラインストレージおすすめ一覧
Taskworld(タスクワールド)
kintone(キントーン)