プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » アラジンオフィス

公開日: |最終更新日時:

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、東証1部上場企業の「株式会社アイル」が提供しているプロジェクト管理ツール。ツールのベースは中小企業向けの販売在庫管理システムですが、これにオプションを加えることで、様々な規模、様々な業種のツールへとカスタマイズすることができます。

アラジンオフィスの機能

基本は「販売管理システム」向けのツール

各種オプションを加えることで様々な目的のツールへと変化するアラジンオフィスですが、もともとのベースは販売管理ツールです。この販売管理ツールをオプションでカスタマイズして、自社向けのツールを作り上げていくというスタイルが、アラジンオフィスのサービスになります。

ちなみに販売管理ツールには、得意先管理機能や商品管理機能、単価管理機能、受注管理機能、売上管理機能など、非常に多彩な機能が標準搭載されています。

需要予測に基づいた製造管理を行う「生産管理システム」ツール

ベースとなる販売管理ツールにオプションを加える形で、自社に有用な管理ツールを作り上げていくのが、アラジンオフィスのサービス。たくさんのオプションが用意されていますが、そのうちの代表的な一つが「生産管理システム」ツールです。

各製品の市場需要予測を打ち立て、綿密な生産計画のもと製造管理をしていく「生産管理システム」ツール。あらゆる製造業の売上・収益効率化を目指します。

輸入業務を一括管理できるオプションツールも用意

オプションの中から注目したいもう一つのツールが、輸入業務を一括管理できるシステム。国内外取引の一元管理、輸入諸掛の按分、入荷ロット別の在庫管理、為替差損益の自動計算、為替予約の残高管理など、ともすると、まだエクセルの手作業によって行われている各種業務を、アラジンオフィスの画面で一括管理します。輸入関連業務が一気に効率化することでしょう。

アラジンオフィスで何が叶う!?

在庫管理・販売管理を通じた業務効率化

特に複数の店舗を展開している会社の場合、どの店舗にどの商品がどの程度だけ在庫として保管されているのか、リアルタイムで正確に把握できないことが少なくありません。把握しているつもりでも、それが最新の正しい数字とも限りません。

アラジンオフィスは、もともと販売管理と在庫管理をメインとするツール。あるべきところにあるべき商品が適切な量だけ保管されるよう調整されるため、全体の業務効率化が期待できるでしょう。

売上・収益の改善

あるべき店舗に在庫が存在しないということは、とりもなおさず、売上のチャンスを失ってしまったということ。わずか1回の在庫管理ミスは、さほど大きな問題ではないかもしれませんが、このようなミスが毎日どこかの店舗で一定数生じていると仮定すると、年度の売上に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

アラジンオフィスの商品管理ツールを活用することで、在庫回転率の向上から売上・収益体質が改善する可能性があります。

事務作業の軽減

ツールを導入した企業の多くから聞かれる声が、大幅な事務作業の軽減につながった、というもの。ツールを使うことで、受注や売上などの各種集計や取引先ごとの帳票の出力の工程が大幅に削減された、という声が非常に多く聞かれます。

マンパワーの限られた中小企業では、事務作業が大きな負担です。事務作業の負担が減った分、本業に力を注ぐことができれば、売上アップにもつながることでしょう。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

アラジンオフィスの導入事例

事例01

株式会社ANAP
「在庫管理・販売管理の精度が上がった」

課題01 商品単品の色やサイズといったSKU管理ができていなかった
アラジンオフィスの導入事例

引用元:アラジンオフィス
参照元:https://aladdin-office.com/case/fashion/anap/

ECと店舗、どちらにどの程度在庫を積むのかが課題だった。その解決策として、ネットとリアルの在庫を全て共有してしまおうと考えた。今まで余剰在庫だった商品も、必ずどこかで販売されているような状況ができた

参照元:https://aladdin-office.com/case/fashion/anap/

事例02

イーオクト株式会社
「年間2,392時間の作業時間が削減された」

課題01 受注から販売までの処理が分断されていた
課題02 見たい実績を自由な切り口で見ることができなかった
課題03 店舗とECサイトの売上が別管理で作業負担が多かった
アラジンオフィスの導入事例

引用元:アラジンオフィス
https://aladdin-office.com/case/fashion/eoct/

従来のシステムでは、受注・出荷の処理だけでほぼ1日が終わっていましたが、アラジンオフィス導入後は半日で終わるようになりました。その結果、受注・出荷チームに新たな業務が加わり、得意先への提案や営業活動の商談を行ったり、商品開発の会議に参加したりすることができるようになりました。

参照元:https://aladdin-office.com/case/fashion/eoct/

その他の導入企業

アラジンオフィス導入事例
引用元:アラジンオフィス https://todoist.com/ja/achievements

株式会社DLX/株式会社ワイズフリー/株式会社ダブルエー/株式会社クー/hap株式会社/株式会社R&D/アジア・ラゲージ株式会社/藤掛株式会社など

2021年5月時点での情報 参照元:2021年5月時点での情報 参照元:https://aladdin-office.com/case/

アラジンオフィスの
ネット上の口コミ・評判

以前までは取り扱い商品の在庫方法の都合上、1商品を調べるのにその商品を構成する子商品の在庫を確認しないといけない場合があったが、こちらのシステムを導入してからは、親商品を調べるだけでそれに紐づく子商品の在庫状況も調べられるようになり、かなりの時間短縮に繋がった。

引用元:TIトレンド(https://it-trend.jp/sales_management/2695/review)

製品を登録しておけば、販売管理、見積もり、受注状況の確認、売り上げ金管理、在庫管理、出荷状況などすべて管理できます。発注リスト、原価リスト、在庫数、期間別でどのくらい販売したかなども検索機能で一覧を出せて、これがないと仕事できないくらいとても便利です。

引用元:TIトレンド(https://it-trend.jp/sales_management/2695/review)

アラジンオフィス
どういう企業や
部署に向いている?

ベースとなる仕様を変えたり各種オプションを加えたりすれば、基本的には業種・部署を問わずに利用価値のあるアラジンオフィス。実際に、国内のほぼすべての業界においてアラジンオフィスの導入実績があります。

ただし本来の機能としては、中堅・中小企業向けの販売在庫管理がメイン。オプションでカスタマイズする可能性も考慮しつつ、自社の仕事に照らして導入をよく検討してみましょう。

アラジンオフィスの費用

公式HPに記載がありませんでした。

クリエイティブ向け
プロジェクト管理
ツールを探す

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Bitrix24
jive(ジャイブ)
ActiveAssets(アクティブアセット)
ZAC(ザック)
Wrike(ライク)
ganttpro
Asana(アサナ)
gantter
Brabio!(ブラビオ)
SI Object Browser PM
Jira(ジラ)
clarizen(クラリゼン)
vync(ビンク)
Youtrack
CIERTO(シエルト)
monday.com
Redbooth
Project Director
Nozbe
Jooto(ジョートー)
Notion
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
Adobe Creative Cloud
MeisterTask
Evernote
SMOOTHie(スムージー)
aipo
Save Point(セーブポイント)
Zoho Projects
Huddler
クラウドログ(旧InnoPM)
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
synco(シンコー)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
AdFlow(アドフロー)
Brushup(ブラッシュアップ)
Contrack(コントラック)
Redmine(レッドマイン)
universions(ユニバージョンズ)
みんなでガント
JECTOR(ジェクター)
Trello(トレロ)
Taskworld(タスクワールド)
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
ReTask
Agilefant
Todoist
smartsheet(スマートシート)
Microsoft Project