プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » jive(ジャイブ)

公開日: |最終更新日時:

jive(ジャイブ)

Jive(ジャイブ)を使用して情報を一元管理することで、接続・共有・作業が効率的に行えます。

外部システムやアプリケーションとも統合できるため、アプリケーション間の移動に捉われません。クオリティアップや工数削減が見込めるでしょう。

Jiveの機能

様々な情報システムと統合

外部システムからの情報やメールなどでの会話、アプリケーションと統合することが可能です。メンバーが簡単にアクセスして情報を共有することができ、アプリケーション間の移動に捉われないため工数の削減が見込めるでしょう。

ピープルグラフで全体を俯瞰できる

チームメンバーやコンテンツ、活動の関係をマッピングします。それらを利用してユーザーのニーズを予測し、作業をより迅速に行えるように工夫したピープルグラフを提供。全体を俯瞰することができ、クオリティアップに繋がります。

合理化された管理機能

合理化された管理機能があるため、クリックのみで迷うことなくさまざまな機能にアクセスできます。簡単にタスク管理が行えるでしょう。24時間365日のカスタマーサポートサービスもあるので、操作に困っても安心です。

ファイルの共有ですぐに見つけられる

ファイルには共有やプレビュー、ダウンロード、コメント、フォロー、バージョン管理情報が組み込まれています。探したいファイルを検索すれば、簡単に見つけることができるでしょう。時間短縮に繋がります。

メールなしでイベントの調整が可能

Jive上での質疑応答が可能です。長時間の会議をせずに議論が行えるでしょう。また会社のイベントのスケジュールの調整もできます。メールなしで、招待状の送信や出欠の管理などが行える合理的な機能です。

Jiveで何が叶う!?

効率化

プロジェクトや組織全体、外部メンバーとも流動的なネットワークで繋がり、情報をリアルタイムで共有します。いちいちメールや電話を利用してやり取りを行う必要がないため、作業の効率化が見込めるでしょう。

クオリティアップ

ドキュメントや画像の共有に加えて外部システムやアプリケーションとの統合が可能なため、Jiveに様々な情報が集約されます。アプリケーション間の移動に捉われないため、タスクに集中して取り組め、クオリティアップが期待できます。

ミス防止

ユーザーが求める情報を見つけるためにQ&Aサイトへの誘導や質問検索機能でサポートする機能があります。困ったことや迷っていることがある場合、すぐに質問できるためミス防止に繋がるでしょう。

当サイトでは、上記の3項目のほか、ツールによるナレッジ化に関する情報もまとめていますが、Jive(ジャイブ)の公式サイトからはその情報が得られませんでした。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

Jiveの導入事例

Jiveの公式サイト上には、具体的な事例は掲載されていませんでしたが、「Jiveを使用している企業は、次のような結果を達成しています。」として、以下のような項目が掲載されていました。

  • 1日あたりのアクティブユーザー率83%
  • 生産性が15%向上
  • 従業員満足度が38%向上
  • 従業員の接続性と連携が61%向上
  • メールの負荷を21%削減
  • 従業員の離職率が24%減少
引用元:Jive https://www.Jivesoftware.com/solutions/collaboration/、https://www.Jivesoftware.com/solutions/corporate-communication-software/

その他の導入企業

800社の導入実績

DELL/citi/AmericanAirlines/AMERICANEXPRESS/verizon/フォルクスワーゲン/POMERLEAUなど

800社という実績は、2013年にJiveが日本に上陸したときにリリースされた当時の数字です。当時ジャイブのプレジデント兼ワールドワイド・フィールドオペレーションを務めるジェイ・ラーソンは「(日本では)3年で最低50社以上は獲得したい」と話していました。

2020年12月時点の情報 参照元:Jive https://www.jivesoftware.com/、ASCII https://ascii.jp/elem/000/000/822/822212/

Jiveのネット上の
口コミ・評判

Twitterや法人向けツールの比較サイト等にも、Jiveの口コミ・評判は掲載されていませんでした。

もともと公式サイトも英語だけなので、言うほど日本の市場を狙っていないこともあるのかもしれません。

Jiveはどういう企業や
部署に向いている?

Jiveはタスク管理システムのため、どのような企業にも向いています。規模も大きな組織から少人数チームまで、さまざまな部署で活用できるでしょう。クリックひとつで直感的に操作できるため、はじめてタスク管理を使用する人でも安心です。

ただ公式サイトは英語のみ、サポートやチャットも英語のみなので、そこにハードルを感じる場合は、他のツールをおすすめします。

また、タスク管理だけではなく、プロジェクト一元管理をしたいという際には、他のツールも比較検討してみるといいでしょう。

その他のツールは業界別に以下にまとめてあるので、参考にしてください。

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

製造業向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

ソフトウェア開発向きの
プロジェクト管理
のまとめを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Redbooth
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
clarizen(クラリゼン)
Jira(ジラ)
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
ganttpro
Wrike(ライク)
Nozbe
ANDPAD
Time Krei(タイムクレイ)
Jooto(ジョートー)
GoWorks(ゴーワークス)
Stock(ストック)
Qast
Redmine(レッドマイン)
EAST2
Evernote
Brushup(ブラッシュアップ)
Save Point(セーブポイント)
SMOOTHie(スムージー)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
CIERTO(シエルト)
Instagantt
アラジンオフィス
Asana(アサナ)
トコトン
AdFlow(アドフロー)
Brabio!(ブラビオ)
Microsoft Project
Tom’s planner
Genie Frame(ジニーフレーム)
Project Director
クラウドログ(旧InnoPM)
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
Bitrix24
Notion
synco(シンコー)
Huddler
kintone(キントーン)
Adobe Creative Cloud
GoogleTables
Zoho Projects
ZAC(ザック)
MA-EYES(エムエーアイズ)
Todoist
COMMU
みんなでガント
NotePM
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
gantter