【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 【2023年】プロジェクト管理ツール » みんなでガント

公開日: |更新日:

みんなでガント

多人数のプロジェクト管理におすすめなプロジェクト管理ツールです。みんなでガントは、フェーズ毎の進捗管理などに役立ちます。ことに小規模プロジェクトではプロジェクト全体の計画や進捗管理に有用です。報告用のガントチャート作成には不向きですが、より実践現場向きのツールです。

みんなでガントの機能

一企業または一プロジェクトに対して複数のガントチャートを作成できる

みんなでガントはガントチャート管理機能を備えており、ガントチャートを複数作成し一つの画面で管理することができます。複数のガントチャートを一覧性を持って一つの画面で管理できることで、全体の進捗管理に便利です。

データ通信のセキュリティを強化できる

機密性が要求されるプロジェクト管理には、データ通信時のセキュリティ強化も重要です。みんなでガントでは、SSLでの暗号化通信を提供しています。IP制限を使用すれば、設定されたIP以外からのアクセスは拒否することも可能です。

プロジェクト管理を多人数で行うことができる

長時間かけてチャートを更新したのに、他ユーザーが先に保存していて自身の更新分が保存ができなかったという、同時更新によるデータのカニバリは他のツールではよくある現象です。 そのようなことが発生しないように、一定間隔で他ユーザーの保存を監視、検知してお知らせすることで 再入力の手間が省けます。

第三者に作成したガントチャートを公開できる

第三者に作成したガントチャートを公開したい場合、閲覧専用URL設定機能をすることで後悔することが可能です。閲覧のみで編集できないので、データの上書きも防いでくれます。

みんなでガントで何が叶う!?

フェーズ毎の進捗管理

みんなでガントが得意とするのは、小規模プロジェクトの進捗管理です。手軽に導入し、簡単な操作でプロジェクト全体の計画や進捗管理に役立ちます。 反対に大規模プロジェクトでの報告用に作成される計画表には不向きです。報告するためのツールというより、実践現場を管理するための手軽なツールです。

管理コストダウン

MS プロジェクトやオープンソース、各種ソフトウェアはビジュアル表現に優れていますが、数名で使おうとするとプロジェクトサーバーを導入する必要があったり、ライセンスが必要だったりとコストがかかります。また本来進捗管理のためのツールであるにも関わらず、ビジュアルを整えるための時間で意外とコストがかかります。みんなでガントが価格体系や表現がシンプルなため、管理コストの削減につながります。

環境の差異を埋める

プロジェクトには通常、社内外の複数のメンバーが関わっているものです。PCなど環境の性能に左右されて時間を取られることが発生することがままありますが、みんなでガントは使用している時間や場所が異なるなどの環境にほとんど挙動や性能が左右されることがありません。ブラウザーだけで動作するので、EXCELなどが入っていないPCでも問題なく動作します。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを比較検討する

みんなでガントの導入事例

みんなでガントの導入事例は公式サイトに記載ありません。

みんなでガントのネット上の
口コミ・評判

みんなでガントはどういう企業や
部署に向いている?

AdFlowはビジュアル系制作物だけでなく企画書などのファイル管理もできるため、様々な企業や部署で活躍するツールと言えるでしょう。中でも、社内デザイナーを抱えるような部署にはピッタリ。

当サイトでは他にもクリエイティブ管理ツールをまとめているので、ツール導入を検討している方はぜひ読んでください。

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

【2023年】プロジェクト管理ツール
オンラインストレージおすすめ一覧
AdFlow(アドフロー)
ActiveAssets(アクティブアセット)