プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » kintone(キントーン)

公開日: |最終更新日時:

kintone(キントーン)

kintone(キントーン)はプロジェクト管理ツールです。

アプリやコミュニケーションスペースを必要に応じて追加できるため、自身の仕事に一番合う管理ツールすることができます。作業効率アップが望めるでしょう。

kintoneの機能

アプリを自分で
選ぶことができる

使用するアプリを自分で選ぶことができるkintone。100以上のサンプルアプリから必要なものを選び、すぐ使用することができます。エクセルやCSVファイルも読み込むだけでアプリ化が可能。自身の仕事にぴったり当てはまるアプリをつくれるでしょう。

アプリ同士の連携で
生産性アップ

アプリ同士はデータによって紐づけて、連携することができます。マスタアプリから情報を引っ張ってくることでデータ入力が簡素化。関連するデータをひとつの画面に集約することでデータを探す手間を省き、生産性アップに繋がります。

表示する情報の切り替えが可能

条件を絞り込んで、表示する情報を切り替えることができます。例えば自分が担当する顧客、未着手リストなど自分が見たい情報を示した一覧を複数用意できます。クリック一つで簡単に切り替えることも可能。探している情報がすぐ見つかるでしょう。

リアルタイムに
データのグラフ化

アプリに溜まったデータを集計し、グラフ化することができます。リアルタイムのデータがグラフに反映されるため、いちいちまとめ直す必要がありません。さまざまなグラフを表示させることでデータの分析に活用できます。

変更履歴が残るので
ミスしても安心

変更履歴のログを残すことができます。
いつ・誰が・どこを・どのように変更したかデータ編集の変更履歴が残るため、過去の経緯がすぐわかるでしょう。間違ってデータを処理してしまった場合も、すぐに変更前の状態に戻すこともできます。

kintoneで何が叶う!?

効率化

エクセルファイルを読み込むとWebアプリとなり、Webブラウザ上で編集・共有・管理が可能に。
日報や顧客管理などのファイルを複数人で管理することができます。メールでエクセルを送る必要もなくなり、時間を効率的に使えて生産性もアップするでしょう。

クオリティアップ

プロジェクト全体の情報を共有することで情報格差を防ぎます。一人ひとりの主体性を引き出し、
チーム内の目標を共有して強いチームワークを発揮。多様性を尊重し、議論を大事にすることで組織全体のクオリティアップに繋がるでしょう。

ミス防止

日時を条件にした通知の設定ができ、
必要に応じてリマインド通知を受け取ることができます。サービスの更新期日など忘れやすいタスクを通知させることで、処理漏れのミス防止に役立つでしょう。

当サイトでは、上記の3項目のほか、ツールによるナレッジ化に関する情報もまとめていますが、kintone(キントーン)の公式サイトからはその情報が得られませんでした。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

kintoneの導入事例

事例01

パーソルキャリア
「メールのやり取りが減って効率性が上がった」

課題01 メールで送られてくる申請書類の管理が煩雑
課題02 担当者やコスト、承認などの管理をエクセルで行っていた
課題03 ナレッジの属人化で知識や情報が一部で消費されていた
パーソルキャリア kintone導入事例

引用元:kintone
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/persolcareer.html

現場が情報を更新し、リアルタイムで確認することができるようになりました。情報の可視化により、現場担当者とガバナンス部署双方からひとつのプロジェクト情報を総合的かつ立体的に把握できます。

エクセルで管理しているときはヒューマンエラーも多々ありましたが、kintoneで管理をはじめてから入力ミスも少なくなり一覧性が向上しました。メールのやり取りも減り、メンバーのワークフローが簡略化され効率性アップに繋がっています。

参照元:kintone https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/persolcareer.html

事例02

Fast Fitness Japan
「メールのやり取りが減って効率性が上がった」

課題01 あらゆる書類を紙で管理していた
課題02 ファイリングしたものを閲覧・提出する際に探すのに時間がかかっていた
Fast Fitness Japan kintone導入事例

引用元:kintone
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/fastfitnessjapan.html

システム開発の経験がないにもかかわらず、直感的な操作で契約書管理システムを構築。店舗管理や取締役会議事録管理、出店承認など自社に合わせた様々なアプリを作成し、申請業務のほとんどをkintoneで行っています。

kintoneにアクセスすればすぐファイルを見つけられるようになったので、ファイルのある場所を見に行って、探して、コピーして…という探し物をする時間がいらなくなり、クオリティアップに繋がりました。

参照元:kintone https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/fastfitnessjapan.html

事例03

京屋染物店
「正確な納期の見積もりが可能に」

課題01 業務進捗や作業量が分からず、正確な納期の見積もりができなかった
課題02 余裕を持った納期しか伝えられないため急ぎの注文に対応できなかった
京屋染物店 kintone導入事例

引用元:kintone
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/kyoya.html

受注管理アプリとして製品の最終納期だけでなく、各部署の納期や進捗状況も同時に管理しています。業務の進捗状況をステータスごとにグラフ表示させることにより見える化が実現。

メンバーがどれくらいの仕事を抱えているのか正確に把握できる分正確な納期の見積もりが可能になり、急ぎのお客様にも対応できるようになりました。

部署をまたいだ話し合いもすぐできるように。業務時間の短縮にも繋がり、残業がほとんどなくなりました。

参照元:kintone https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/kyoya.html

事例04

エネチェンジ
「情報管理の効率化で案件数が15倍に増加」

課題01 数千におよぶ顧客情報をエクセルで記録していた
課題02 行追加による計算式のズレが発生したり更新履歴が不明瞭になっていた
課題03 顧客からの連絡が漏れてしまうこともあった
エネチェンジ kintone導入事例

引用元:kintone
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/enechange.html

家庭向け電力自由化に伴い問い合わせ数が増大して対応が追い付かなくなっていましたが、kintoneを導入することで情報管理の効率化が実現。問い合わせにも積極的に対応できるようになり、案件数も15倍に伸びました。

顧客管理アプリにて電気やガスの供給を受ける需要家リストを一括管理しているため、専任担当者を設定してきめ細かくミスのないサポートができます。顧客満足度にも繋がりました。至急フラグにより急ぎの顧客にも対応できています。

参照元:kintone https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/enechange.html

事例05

中江病院
「営指標の可視化で現場の意識改革に貢献」

課題01 紙カルテを中心に業務が行われていた
課題02 患者の情報共有がスムーズにいかず多くの手間と時間がかかっていた
中江病院 kintone導入事例

引用元:kintone
https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/nakae-hp.html

電子カルテだけでは拾えない業務を支援する機能がkintoneにはありました。電子カルテと柔軟に連携することで、経営指標が自動的に収集できて可視化できる点も魅力的です。

病床稼働率やインフルエンザ情報など緊急度の高い情報はポータルのトップに表示されることで、自分たちの病棟においてどのくらいの稼働率なのか意識している人を9.3%から84.0%まで増やすことに成功。数字を意識することで職員の意識改革に貢献しています。

参照元:kintone https://kintone-sol.cybozu.co.jp/cases/nakae-hp.html

その他の導入企業

kintone導入事例
引用元:kintone https://kintone.cybozu.co.jp/what_is_kintone/why/

15,000社以上の導入実績

NISSAN/SHISEIDO/ANA/朝日新聞/SohtBank/リンガーロイヤルホテルグループ/Lions/産経新聞社/KEIO/住友不動産/mercari/ゆうの森/リノベる。/FUSO/東急電鉄/瀬戸内市/ニッポンレンタカー/大阪産業大学など

2020年3月時点の情報 参照元:kintone https://kintone.cybozu.co.jp/what_is_kintone/why/

kintoneのネット上の
口コミ・評判

kintoneはどういう企業や
部署に向いている?

kintoneは仕事に合わせてアプリの追加ができるため、さまざまな企業や部署に向いています。中でも特に営業・セールス、開発・品質保証、情報システムといった部署にてよく利用されています。

ただし、どの業界に特化しているというわけではないので、場合によってはアプリではカバーできない業務が出てくるかもしれません(とくに現場向けの業務では)。

当サイトでは、業界ごとにおすすめのツールをまとめていますので、業界に特化したツールにはどんな機能があるのか、参考にしてください。

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

製造業向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

ソフトウェア開発向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
トコトン
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
Jira(ジラ)
Wrike(ライク)
Taskworld(タスクワールド)
SMOOTHie(スムージー)
Jooto(ジョートー)
GoogleTables
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
vync(ビンク)
COMMU
Reforma PSA(レフォルマピーエスエー)
jive(ジャイブ)
gantter
サイボウズOffice
Save Point(セーブポイント)
ActiveAssets(アクティブアセット)
AdFlow(アドフロー)
Redmine(レッドマイン)
monday.com
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
EAST2
Instagantt
JECTOR(ジェクター)
Mammoth Project
Todoist
GoWorks(ゴーワークス)
synco(シンコー)
CIERTO(シエルト)
ReTask
Nozbe
Agilefant
Notion
clarizen(クラリゼン)
SI Object Browser PM
みんなでガント
aipo
universions(ユニバージョンズ)
MeisterTask
Project Director
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
Evernote
Trello(トレロ)
Brushup(ブラッシュアップ)
Qast
Adobe Creative Cloud
Sciforma(サイフォーマ)
Youtrack
Ganttodo(ガントトゥードゥー)