【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 本当に“使える”DAMとは » Canto

公開日: |最終更新日時:

Canto

よりパーソナライズされたデジタル資産管理がウリのCantoのDAMの特長と利用事例をまとめました。

CantoのDAMとしての機能

データの保管と再利用ができることはもちろん、柔軟なタグ付け機能やカスタム性のあるファイル整理システムで、より使用者のニーズをとらえたアセットを提供。

スマートアルバムで検索性アップ

Cantoにアップロードされたデジタルアセットをファイルタイプ別に自動的に並べ替えます。簡単なタグ付け操作で、特定のアセットを探す際の検索性がアップしました。また、お気に入りのファイルや利用頻度の高いデータをCanto内で保存し、独自のコレクションを作成することができます。さらに、高度な顔認証機能を使えば、データベースからベントスピーカーやチームメンバーを即座に見つけることも可能です。

資産共有のリスクを軽減

貴重なデジタル資産は、SSL暗号化によって保存および保護されます。管理者によってアクセス権限が設定され、承認された人物のみがデータを閲覧できるようになっています。さらに、保護されたデータを共有する際も、ポータルを使用して外部の共同作業者にコンテンツを配布し、プライベートワークスペースで新しい資料を作成します。共有リンクと電子メールに有効期限を設定することも可能です。

ビジュアルプレビュー

シングルクリックで、フルスクリーン画像、HDビデオ、PowerPointプレゼンテーション、InDesignレイアウトなどの視覚的なコンテンツを簡単にプレビューできます。

その他の機能まとめ

Canto内のすべてのアセットには、ユーザーがメモを残すための独自のコメントセクションがあります。指定したユーザーやグループに紺とすると、アプリ内で通知が届き、そのままやり取りを続けることができます。また、プラットフォーム内で利用されているデータについて、ユーザーの使用履歴が詳細に記録されます。ダウンロード数やよく使われる検索ワードから、リアルなユーザーニーズを知ることができます。

自社に最適なDAMを
見つけたいならチェック!

Cantoの導入事例

事例01

Broxap
「Cantoを使用することで、作業がより合理化され検索や販売にかかる時間が節約されました」

課題 テクノロジースタックの近代化に適合するデジタル資産の管理システムの導入

何千もの大量の製品が像が一元化され、簡単にアクセスできるようになったことで販売、マーケティング、購入の各チームがデジタルアセットを効果的に使用できるようになりました。従来のシステムでは、自由にファイルにアクセスできるのはグラフィックチームのみだったが、Canto導入後は必要な人が特別な技術なしでほしいときに必要なデータにアクセスできるようになったため、作業がより合理化され検索や販売にかかる時間が節約されました。

事例02

Bantam Materials
「外部のPRチームとの連携と協力することで、ブランドの認知度を高めることに成功」

課題 発展途上国から廃棄されたペットボトルを調達してRPETフレークに変える環境活動を行っているBantam Materialsの活動内容を広く発信するプラットフォームを作ること。

検索性の高いライブラリの導入で、これまで無秩序に保存されていた多数の画像ファイルを整理し、閲覧者の求めるデータに簡単にアクセスすることが可能に。外部のPRチームとの連携と協力することで、ブランドの認知度を高めることに成功しています。パーソナライズされたアセットを大規模に発信できる体制が整い、新しい顧客の獲得やより良い顧客関係の構築に役に立っている。

Cantoはどんな人にマッチしているDAM?

大規模なデータを保存・編集するだけでなく、個人やチームのニーズに合わせてよりパーソナライズされたストレージを欲している人におすすめのDAMです。テーマや製品、キャンペーン、テンプレートなどのラベルを設定でき、フォルダ内のアセットをカスタマイズ可能な並べ替えオプションで整理することで、データのライフサイクルを合理的なものにします。

自社に最適な
DAMを探す

関連ページ

【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

本当に“使える”DAMとは
オンラインストレージおすすめ一覧
QBank
NEC