【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » おすすめ修正指示ツール » Figma

公開日: |更新日:

Figma

ブラウザ上での共同作業ができるFigma。作業を効率化するためのさまざまな機能が搭載されている点が特徴のツールです。こちらの記事では、Figmaの特徴や口コミ、料金についてまとめました。

画像修正ツール

引用元:Figma公式サイト
(https://www.figma.com/ja/)

Figmaの特徴

効率的な作業を可能にするオートレイアウト機能

修正ツール

引用元:Figma公式サイト
(https://www.figma.com/ja/design/)

Figmaには、手動タスクを減らしてよりスピーディーに作業を行うためのツールが搭載されています。例えば、手元でのリサイズ作業を減らセル「オートレイアウト機能」を搭載している点もそのひとつ。こちらの機能を使用することにより、本来のデザイン業務へ集中できるようになります。

また、スタイルやコンポーネント、バリアブルを標準化することにより、デザインシステムとの一貫性を実現している点も注目しておきたいポイントといえるでしょう。

メンバー同士でのアイディア交換をスムーズに

修正ツール

引用元:Figma公式サイト
(https://www.figma.com/ja/design/)

メンバー間でファイルを共有している・非同期で作業を行っているといったように、いずれの場合でもワークスペースでアイデアの交換や共有を簡単に行える機能も搭載しています。また、デザインファイルはマルチプレイヤーに対応していることに加えてバージョン管理も行えるため、ステークホルダーからフィードバックをコメントで取得することもできます。

また、ブランチ機能によりアイデアを膨らませることや、マージ機能を使ってメインのデザインファイルに最新データの取り込みを行うことも可能です。

直感的な作業を可能にするクリエイティブキャンバス

修正ツール

引用元:Figma公式サイト
(https://www.figma.com/ja/design/)

Figmaで提供されているインターフェースと機能は直感的であり、Webファーストである点が特徴です。そのため、エキスパートからアマチュアデザイナーまで、簡単にデザインを行うことが可能となっています。

たとえば、OpenTypeやバリアブルフォントの活用によって、フォントの微妙な調整やさまざまな表現が可能に。さらに、スマートセレクションの活用によって、デザイン内のレイヤーを均一に配置したり並べ替えを行うこともできます。

インテグレーション機能の活用により他ツールと連携

修正ツール

引用元:Figma公式サイト
(https://www.figma.com/ja/product-integrations/google-workspace/)

FigmaはGoogleとシームレスに連携することによって、より効率的な作業を可能にします。たとえば、Google Meetの活用によるFigmaデザインファイルの共有や、フィードバックの収集を行えるようにもなります。また、Google Docs内でFigmaファイルについて対話形式のプレビューを行うことも可能。この機能によりチームメンバーが最新のデザインを参照できるようになります。

また、Googleカレンダーを使用することでFigmaファイルをGoogleの予定に添付することもできます。

Figmaを使用したお客様の声

働き方を強力にサポートしてくれる

UI デザイナーとして、私たちは、人間中心のデザインアプローチを仕事に取り入れるために、多くのツールを使用することができます。今日、私たちが Figma を選んだのは、デザイン業務をより効率的に行うためです。
技術的な機能だけでなく、Figma は、部門を超えたチームでの私たちの働き方をサポートしてくれる強力な柱です。

引用元:Figma公式HP (https://www.figma.com/ja/customers/endeavourx-design-transformation-with-figma/)

管理が行いやすくなった

管理ポータル、SSO、自動化プロビジョニング、そしてFigmaのセキュリティ機能により、非常に管理しやすくなりました。おかげで、より戦略的なプロジェクトに時間を取れるようになりました

引用元:Figma公式HP (https://www.figma.com/ja/customers/how-datadog-built-enterprise-platform-scaling-design-system/)

Figmaの費用

▼表は横にスクロールできます。

プラン名 Starter Professional Organization Enterprise
費用 無料 1,800円(税不明)/月 ※年間契約 6,750円(税不明)/月 ※年間契約 11,250円(税不明)/月 ※年間契約
ユーザ数 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ
データ容量 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ

参照元:Figma公式HP (https://www.figma.com/ja/pricing/)

Figmaの会社概要

会社名Figma Japan株式会社
所在地公式HPに記載なし
電話番号公式HPに記載なし

おすすめの修正指示ツールをみる

関連ページ

【2023年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

おすすめ修正指示ツール
オンラインストレージおすすめ一覧
AUN(あうん)
Revool(レブール)