プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » プロジェクト管理の手法まとめ » プロジェクト管理における必須アイテム・ガントを使いこなす

公開日: |最終更新日時:

プロジェクト管理における必須アイテム・ガントを使いこなす

ここでは、プロジェクト管理において欠かせないアイテム「ガントチャート」ですが、本当の活用方法や必要性を理解しているか否かで、使いこなし具合は大きく変わります。

何を“見える化”するものなのか、どんなメリットがあるのかなど、まとめているので、ぜひ参考にしてください。

ガントチャートおすすめツールを知りたい方はこちらでページ下部に飛べます。

プロジェクト管理における必須アイテム・ガントを使いこなすイメージ

プロジェクト管理の要
「ガントチャート」とは?

プロジェクトを進行させていくうえで、「スケジュール管理」は非常に重要なポイントとなります。スケジュールをきちんと把握できていないと、効率よく業務を進められません。このスケジュール管理に便利なのが、「ガントチャート」です!

ガントチャートは、縦軸に「タスク」、横軸に「日付け」を並べて、タスクごとにスケジュールや進捗状況を記入するもの。つまり、プロジェクト全体のスケジュールを管理するためのチャートなのです。

プロジェクトにはたくさんのタスク(作業)が発生します。それらの各タスクの予定や進捗状況をひと目で把握できるようにすることで、各タスク、ひいてはプロジェクト全体のスケジュール調整を適切に行えるようになるのです。

ガントチャートを使うメリットとは?

上で触れたように、ガントチャートを使用することによって得られる1番の大きなメリットは、プロジェクト全体のスケジュールを“見える化”できることです。

プロジェクトに関わるすべてのタスクについて、今どのような進捗状況にあるのかがひと目で把握できるので、プロジェクト全体が計画どおりに進んでいるかどうかをすぐに判断できます。

また、計画どおりに進んでいない場合は計画を立て直すなど調整を行う必要がありますが、ガントチャートがあることで、その調整の判断もしやすくなります。すべてのタスクの進捗状況が見えているので、どのタスクを優先的に調整するのか、どのタイミングでどう調整するのか、といった判断が適切に行えるのです。

さらに、タスクにかかる時間の見積もり精度が高くなるため、無理のあるスケジューリングをしていないか?など、プロジェクト内の欠点も見つけやすくなるでしょう。

以下に、ガントチャートを使用する主なメリットを一覧にまとめてみました。

  • プロジェクト全体のスケジュールを“見える化”できる
  • 計画どおりに進んでいない場合に、調整判断が適切に行える
  • プロジェクトのスケジューリングの欠点が発見しやすくなる

ガントはエクセルで作る?
ツールを使う?

ガントは、エクセルを使ってセルフ作業で作成することも一応可能です。エクセルで作るだけなので、コストもかかりません。

しかし、ゼロから自分で作るとなると、どうしても手間と時間がかかります。また、セルフガントでは機能的に足りない部分も出てきてしまうでしょう。

そこでおすすめなのが、ガントチャートを利用できるツールの導入です。ガントチャート専用のツールや、プロジェクト管理に便利な他の機能も搭載したツールなど、さまざまなものが出回っています。無料のものも有料のものもあり、選べる幅は実に広いです。

会社や部署のニーズに合わせて選ぶことが大切ですが、おすすめなのは、プロジェクト管理に必要なガント以外の機能も搭載した管理ツール!ガント専用のツールと違い、別途他のツールを導入する必要がありません。また、会社や部署全体で長く使うことを考えるならば、より優れた機能を持つ優良ツールの方が安心といえるでしょう。

以下に、ガントチャートを利用できるおすすめのツールを、業界別にいくつかピックアップしてみました。それぞれのツールについて、簡単に特徴をまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください!

【クリエイティブ制作おすすめツール】
AdFlow(アドフロー)

制作会社が自社のディレクター業務を効率化するために開発したツールのため、WEB制作に必要な機能が網羅されています。

ガント機能はもちろん、制作~納品までをトータルに管理。ステークホルダー間の情報共有やコミュニケーションも効率化され、業務効率もアップするので、制作にかけられる時間をしっかり確保できます。制作現場のニーズを満たしてくれる優秀なツールと言えます。

【ソフトウェア開発おすすめツール】
Backlog

「スタンダード」プラン以上でガントチャートの使用が可能。課題に「開始日」「期限日」「マイルストーン」のいずれかの日付を設定することで、特別な情報を入力することなく有効的なガントチャートを作成できます。表示する課題のグルーピングや、絞り込みも可能。

ソフトウェア開発のプロジェクト管理ツールとして鉄板のツールです。

【製造業おすすめツール】
Being Management3

マツダや日産、東芝といった大手製造業が導入しているツール。

信号のように色分けされたガントで、そのタスクが切迫しているのかどうかを一目でチェックできます。管理側も、現場側もわかりやすく、使いやすいツールと言えます。

先ほど少し触れたように、プロジェクト管理に必要なのは、ガントだけではありません。ガント以外にどのような機能が必要なのかも別ページで解説しているので、ぜひご確認を!

プロジェクト管理に
必要な機能リストを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

プロジェクト管理の手法まとめ
プロジェクト管理に必要な見える化の実現
プロジェクト管理に必要な機能リスト