プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » ActiveAssets(アクティブアセット)

公開日: |最終更新日時:

ActiveAssets(アクティブアセット)

10年以上にわたり使われてきた実績のある校正システムで、大量ファイルの管理・利用・共同作業に必要なすべての機能を備え、ドラッグ&ドロップでの登録、サムネイル表示での閲覧など操作画面は簡単で使いやすくなっています。クラウドサービスなのでメンテナンスや保守管理も任せられログイン認証、アクセス権限の詳細な制御、暗号化通信、IPアドレス制限などセキュリティも万全です。

ActiveAssetsの機能

複雑な校正作業がクラウドサービスでらくらく

クラウドサービスであるActiveAssetsはWebブラウザだけで始められます。グループ機能も充実しているので、各ユーザーを自由にグループ分けできます。また、各利用者が自分の好みの環境を設定可能で、ファイルの表示数からメール通知の有無まで、いつでも同じ自分だけの環境で利用できます。

大企業に認められたセキュリティ

SSL暗号化通信やウィルススキャンも標準装備。不正アクセス対策やファイルのアクセス利用期限など、今必要とされている機能が当初から標準で装備されています。IDごとのストレージ容量設定や機能制御、ゲストID発行制御も可能です。

ズーム表示が生かせる、大判の印刷校正

高解像度の画像やPDFを登録するだけで、内部に校正用拡大表示データを自動生成します。広告やチラシに多いA2やA1・A0サイズのデータでもダウンロードすることなく、Web画面でスムーズに表示できます。

多彩なライブラリ表示

サムネールやリストによる表示、詳細表示や大きな画面プレビュー表示など多彩なライブラリ表示が可能です。Javaマルチアップロードも装備し、大容量・複数のファイルやフォルダを高速・確実にドラッグ&ドロップでアップロードできます。プラグイン不要で登録・取り出しができるシンプルな機能もあります。

検索機能

ファイル形式やメタ情報など、豊富な検索条件から必要なファイルを簡単に検索できます。ファイル登録にCSVを用いれば一括でファイル個別の情報を付加できます。

ActiveAssetsで何が叶う?

100%ブラウザでどこからでも使える

専用ツールや校正ファイルのダウンロード不要で、Webブラウザで作業できます。大容量・複数のファイルも校正業務の1つとして受け渡し、履歴ファイルの管理まで1つで全て対応できます。

ファイルごとにアクセス権が設定可能

「見る権限」「ダウンロード」「アクセス権限」まで、ファイルごとにチェックボックスで簡単に設定できます。

誰がいつ使ったのか確認できる

複数の拠点間でウェブブラウザを介した回覧、文書確認作業を行えるほか、印刷会社などとの本格的なオンライン校正が行えます。作業の終わりに個人の作業ステータスを変更することによって、プロジェクトに参加しているメンバー全員の作業状況を把握することができます。

ActiveAssetsの導入事例

事例01

理研ビタミン
「2週間かかっていた業務が1日で完了」

課題01 作業効率の改善と向上
課題02 より高い信頼性の確立
課題03 コストの削減
理研ビタミンActiveAssets事例

引用元:ActiveAssets(アクティブアセット)
https://www.activeassets.jp/case-study/rikenvitamin/

ActiveAssetsを導入してから、関係者が同時に版下を確認することができるようになり、2週間かかっていた回覧作業が1日で完了したことがありました。また滞留、重複作業などは大きく改善されました。

プロジェクトが可視化されたことにより、資材の発注時に重複や無駄を省けるなど、当初想定していなかった効果もあがってきています。実際に試算しましたが、これらを合わせると年間数百万単位でのコスト削減が図れています。

参照元:ActiveAssets(アクティブアセット) https://www.activeassets.jp/case-study/rikenvitamin/

ActiveAssetsはどういう企業や
部署に向いている?

校正作業を圧倒的に簡単にするための管理サービスなので、大量の出版物に関わるカタログ通販会社、チラシ印刷会社に向いています。

10年以上にわたって印刷・出版をはじめ日本のメーカー企業に利用されてきました。

数百ページのカタログ制作での校正チェックや機密ファイルの受け渡しなどのアナログ作業をオンラインで管理し、初期投資不要で月額9,800円から利用できる低コスト、運用を検証しながら段階的に導入できます。

ActiveAssetsの費用

・初期費用:55,000円(税込)
・受け渡しプラン(容量10GB): 50ID 10,780円(税込)/月・100ID 16,280円(税込)/月
・ファイル保管プラン(容量50GB): 50ID 28,380円(税込)/月・100ID 32,780円(税込)/月
・校正プラン(容量10GB): 50ID 27,280円(税込)/月・100ID 32,780円(税込)/月
・校正ファイル保管プラン(容量50GB): 50ID 44,880円(税込)/月・100ID 49,280円(税込)/月
(オプション)
・ID追加(10ID):初期費用 11,000円(税込)+3,300円(税込)/月
・高機能プロジェクト管理機能:初期費用 11,000円(税込)+5,500円(税込)/月
・利用トレーニング:初期費用 104,500円(税込)
参照元:ActiveAssets 公式HP(https://www.activeassets.jp/price/)

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
AdFlow(アドフロー)
Stock(ストック)
MA-EYES(エムエーアイズ)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
サイボウズOffice
clarizen(クラリゼン)
GroupTask
Jira(ジラ)
みんなでガント
Sciforma(サイフォーマ)
synco(シンコー)
JECTOR(ジェクター)
アラジンオフィス
kintone(キントーン)
jive(ジャイブ)
ANDPAD
Wrike(ライク)
CIERTO(シエルト)
Zoho Projects
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
Genie Frame(ジニーフレーム)
SI Object Browser PM
GoogleTables
smartsheet(スマートシート)
トコトン
Instagantt
クラウドログ(旧InnoPM)
Youtrack
Qast
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
Redbooth
Todoist
Evernote
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
Asana(アサナ)
Redmine(レッドマイン)
MeisterTask
Huddler
EAST2
ReTask
Tom’s planner
Taskworld(タスクワールド)
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
aipo
SMOOTHie(スムージー)
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
NotePM
gantter
Trello(トレロ)