【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » おすすめ修正指示ツール

公開日:|最終更新日時:

おすすめ修正指示ツール

このページでは、Webページや画像などの修正指示の手間を省くことができるツールを紹介しています。
※2022/8/22時点で「修正指示ツール おすすめ」で検索してTOP10のサイトに掲載されていたツール。掲載順はアルファベット順。

デザイン修正指示ツールとは

「デザイン修正ツール」とは、ブラウザ上でデザインの画像に直接指示内容を書き込み、修正指示を行えるツールです。デザインの修正指示の手間を効率的に行うことができます。これまでに、「修正指示の作成に時間がかかる」「手書きの修正指示が読み取れなくていつも電話で確認する」「修正指示が十分に伝わらず、何度も同じ修正を依頼する」といった現場の悩みを解決してくれるでしょう。

これまで画像をプリントアウトしてから修正指示を書き込むなど、手間のかかる作業を行っていた場合でも、このデザイン修正指示ツールを使用することができます。

デザイン修正指示ツールを使うメリット

このツールを使用した場合には、下記のようなメリットが得られると考えられます。

  • これまで行っていた電話やメールなどの手間を省ける
  • チーム内での情報共有が容易にできる
  • 修正依頼の履歴を確認できる
  • 操作が簡単
  • スマホからも修正指示が出せる

デザイン修正指示ツールは、やはり修正指示にかかる時間を短縮できる点が大きな魅力です。導入しやすものが多いという点もポイントのひとつといえるでしょう。

デザイン修正指示ツールを使うデメリット

上記のようなメリットがある反面、デメリットとして考えられるのは下記の通りです。

  • 修正指示が簡単になる分、修正回数が増えないように注意する必要がある

デザイン修正ツールを使用すると、修正指示にかかる手間が省けます。そのため、気軽に修正指示を出すことができますが、注意しないと修正指示が多くなってしまうことも考えられます。そのため、修正回数が多くならないように気をつけることが必要でしょう。

おすすめのデザイン修正ツール

AdFlow

引用元:AdFlow公式HP
(https://adflow.jp)

機能

AdFlowには、チャット機能や校正ツール、稿数管理、修正指示など、製作部門が必要とする機能を幅広く備えています。例えば、AdFlow上で制作物の修正指示を行うこともできますので、指示出しにかかる工数を削減することができます。また、プロジェクトに関わるさまざまな情報やツールを一元化する機能も備えていますが、その中では初稿から最新稿まで制作物のバージョン管理を行うことが可能です。一目でどの原稿が最も新しいものかが把握できるため、どれが最新版かを探すこともありません。

さらに、制作依頼時に納期を登録しておくことで、プロジェクトのスケジュールを自動で生成し、進捗の確認も行うことができます。

特徴

AdFlowはクリエイティブ制作をスムーズに行いたい、という希望に応えてくれるツールです。PCからの操作だけではなくスマホなどのモバイル端末からも操作できますので、作業を中断することなくスピーディーな進行が可能に。

また、クラウドサービスの形で提供されていることから契約翌日にはアカウントが発行され迅速に導入できる点や、外部企業と共同利用が可能な点なども同システムの特徴。プロジェクトごとにセキュリティをかけられますので、複数の会社とのやりとりにも対応します。

利用料金

AdFlowの利用料金は、利用機能や利用人数、ストレージの容量、オプションの有無によって変動します。詳しい費用が知りたい場合には、問い合わせが必要です。

修正対応可能なファイル

さまざまなファイルのアップロードに対応していますが、サムネイル表示可能なのはgif、jpeg、png、mp4、psd、ai、tiff、eps、pdfとなっています(1ファイルあたりの上限:1GB)。また、AdFlowの修正指示画面における「外部画像挿入」では、gif、jpeg、png、pdfのみアップロード可能です。

AdFlowの
修正指示機能についてはこちら

AKAPON(アカポン)

引用元:AKAPON(アカポン)公式HP
(https://kanritools.com)

機能

AKAPONを使用すると、動画やサイト、デザインの赤入れを行うことができます。画像や動画の修正したい部分に文字入力を行ったり、ペンツールを使用してペン入力を行えるため、視覚的にわかりやすい修正指示を出すことが可能。ペン入力を行なった内容はキャプチャでログが残りますし、キャプチャとコメントを一緒に保存することもできるため、明確に指示を出すことができます。

また、動画やサイトのバージョン管理も容易にできますし、ページ追加機能も備えており、ページ単位で赤入れ管理を行えます。

特徴

プロジェクトのメンバー招待を行う際にはメールアドレス情報を入力するだけ、という手軽さ(有料版は招待人数無制限)。URLを共有するだけで誰とでも赤入れを共有できますし、会員同士であれば複数人で赤入れ追加を行うことも可能なので、修正のやりとりを行う回数を減らすことができるでしょう。社内や関係者との複数共有もできます。

また、AKAPONでは最大6TBのストレージ容量を用意している点、チャットワークやTrelloなど他のツールとの共有が可能な点も特徴となっています。

利用料金

AKAPONでは、6種類のバージョンが用意されています。

  • Free:無料
  • Bacic:月額2,000円(税別)
  • Master:月額5,000円(税別)
  • Standard:月額18,000円(税別)
  • Pro:月額29,800円(税別)
  • Business:59,800円(税別)

修正対応可能なファイル

対応可能な画像形式はPDF・JPG・PNG・GIF、動画形式はWMV・AVI・MP4・MOVです。

AKAPONの
修正指示機能についてはこちら

AUN(あうん)

引用元:AUN(あうん)公式HP
(https://aun.tools)

機能

Web製作において、バグや修正の指示をスムーズに行うために作られた「AUN(あうん)」。紙にふせん紙を貼るような感覚でサイトや画像にメモを貼り、デザイナーやチームのメンバーなどと共有することができます。

まず対象となる画像を取り込み、その画像に修正内容を書き込んで指示を出したい人に送るだけ、という手軽さです。

特徴

AUN(あうん)は、登録なしでURLをサイトに入力するだけで作業ができるという手軽さが非常に大きな特徴となっています。また、機能別に「無料版」「プレミアム1」「プレミアム11」と分かれています。

例えば無料版は保存期間7日間に対してプレミアム1は最大365日、プレミアム11なら最大50年間の保存が可能。他にも、まとめてキャプチャを行える、パスワードでの保存が可能、マイページで管理が可能など有料版にはさまざまな機能が搭載されているため、仕事で使う・共同作業を行うといった場合であれば「プレミアム1」「プレミアム11」といった有料版を選択するのがおすすめといえるでしょう。

利用料金

AUNの利用料金は下記の通りとなっています。

  • 無料版:0円
  • プレミアム1:月額3,300円(税込)
  • プレミアム11:月額33,000円(税込)

修正対応可能なファイル

AUNで取り込める画像ファイルの形式はjpg、gif、png、pdfです(PDFは5ページまでの取り込み)。Webサイトにも対応しています。

AUNの
修正指示機能についてはこちら

Brushup

引用元:Brushup公式HP
(https://www.brushup.net/)

機能

Brushupには、レビュー機能や制作管理機能、情報共有・蓄積、検索・絞り込み、外部とのやりとりなど幅広い機能が搭載されています。特に修正指示に関しては、Brushup上にアップロードした制作物のプレビューにそのままペンツールを使用して赤入れを行うことができます。また、赤入れした箇所や矩形選択した部分に対してコメント入れが可能。このコメントには返信も行えますので、1つのコメントやレビューに関するやりとりをわかりやすくまとめられます。

特徴

Brushupは、制作物のやりとりはもちろん、フィードバックや制作の工程管理などを1つにまとめられるツール。さらに、PDFファイルやイラストだけではなく、動画やWebサイトなどさまざまな種類のデータをブラウザ上で確認したりフィードバックを行ったりすることができます。

さらに、ファイル形式を意識せずにブラウザやアプリでチェックができますので、専用ソフトが必要なく導入しやすい点も大きな特徴といえるでしょう。もちろん、手書きやコメントのフィードバックもブラウザ上で行えます。

利用料金

Brushupには4種類のプランが用意されています。利用料金は下記の通りです。

  • エントリープラン:0円
  • ライトプラン:年間契約の場合1アカウントあたり1,078円(税込)/月
  • スタンダードプラン:年間契約の場合1アカウントあたり1,408円(税込)/月
  • エンタープライズプラン:要問い合わせ

修正対応可能なファイル

多数のファイルのアップロードに対応していますが、プレビュー・レビューが可能な拡張子としてはgif、jpeg、jpg、png、tga、ai、psd、doc、docx、odp、ods、odt、pdf、ppt、pptx、asf、avi、flv、m2ts、m4vほか。非常に多くのファイルに対応が可能です。

Brushupの
修正指示機能についてはこちら

Cacoo

引用元:Cacoo公式HP
(https://cacoo.com/ja/)

機能

Cacooは、クラウドベースのビジュアルコラボレーションツール。リアルタイムの共同作業やコメントの書き込み、ビデオ通話とチャット、ビデオ通話中の画面共有などが行えることで、チーム内で会話をしつつアイディアを可視化できます。

また、さまざまなテンプレートを用意しているため、フローチャートやワイヤーフレーム、マインドマップなどを容易に作成できるでしょう。さらに変更履歴や図の埋め込み機能、コメント機能など多彩な機能を搭載することによって、チームのワークフローを促進します。

特徴

Cacooを使用すると簡単な操作で図を共有できるため、チームメンバーへの確認操作が簡単に行える点が大きな特徴。またテンプレートを使用することによって、職種が異なるチームメンバーとも情報共有が容易になるという面もポイントです。リアルタイムで会話をしながら共同作業が行えることから、チームのコミュニケーション促進も期待できるでしょう。

利用料金

Cacooの利用料金は、下記の通りとなっています。

  • プロプラン:年額6,600円(税不明)
  • チームプラン:年額19,800円(税不明・3ユーザーあたりの金額)

修正対応可能なファイル

修正対応可能なファイルについては、公式ホームページに記載がありませんでした。

Cacooの
修正指示機能についてはこちら

MONJI(モンジ)

引用元:MONJI(モンジ)公式HP
(https://monji.tech/ja/)

機能

MONJIは、Webサイトや画像、PDFの修正依頼をブラウザ上で完結できるツールです。URLを入力することによってページ全体のキャプチャを取得できるので、そこに修正指示を入力することができますし、画像やPDFといったファイルにも対応しています。また、保存した修正指示については自動でURLの発行を行えますし、修正依頼については一覧ページに履歴として保存されますので、過去にどのような指示を行っているかがいつでも確認できます。

特徴

使用するにあたり、手間がかかる設定は一切不要である点が特徴。また、「改行」「トルツメ」「句点」「濁点」といった校正記号に対応しているため、テキストの修正指示も素早く行えます。加えて、音声入力にも完全対応しているため、長く複雑な指示をタイピングする必要もありません。

さらに、現在使用されているさまざまなプロジェクト管理ツールやチャットツールとの連携が可能。例えばチャットワークやasana、Gmail、Trello、backlogなど多くのツールとの連携を行うことができますので、同システムで作成した修正を外部のツールに簡単に送信可能です。

利用料金

MONJIは無料で利用開始できます。

修正対応可能なファイル

Webサイト、jpg、GIF、PNG、PDFに対応が可能です。

MONJIの
修正指示機能についてはこちら

ReMEMO(リメモ)

引用元:ReMEMO(リメモ)公式HP
(https://www.gio-cubic.co.jp/rememo)

機能

ReMEMOは、Webページの校正を行う際に、紙でふせんを貼るようにメモを貼って共有できるツールとなっています。まるでメーリングリストのように、プロジェクトのメンバーなどで情報を共有することができます。

メモを貼る際には、画面に表示されるツールバーの「Add」をクリックすることによってメモの作成が可能。その後内容や色、宛先を入力するのみでメモが完成します。

特徴

構築中のWebページでも、運用中のホームページでも使用することが可能。HTMLの共通ヘッダやフッタのソースコードに、JavaScriptタグを1行追加するだけで使えます。ページにログインすることによってメモが表示されるという仕組みになっていることから、一般ユーザーからはメモを見ることはできない仕様になっています。

また、メモの色は7色から選択が可能となっていますので、クライアントと制作会社別にメモの色を変えたり、緊急性の高いメモは色を濃くするといった運用ルールを作ると、よりわかりやすく情報を共有できるでしょう。

利用料金

利用料金はドメイン数によって異なります。

  • 1ドメイン:月額11,800円(税込)
  • 5ドメイン:月額54,800円(税込)
  • 15ドメイン:月額97,200円(税込)
  • 専用サーバプラン:年額1,944,000円(月額162,000円、税込)

修正対応可能なファイル

ReMEMOはWebサイトへの対応が可能です。

ReMEMOの
修正指示機能についてはこちら

まとめ

さまざまな修正指示ツールについて紹介してきました。非常に便利なツールではありますが、まずは修正が発生しないようなフローを作ることを目指すことも大切です。まずは、修正の元を断ち切ることを意識しながら、プロジェクトを始めから管理していくことを意識するのがおすすめです。

修正工数を元から断ち切る
プロジェクト管理ツールとは