プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » JECTOR(ジェクター)

公開日: |最終更新日時:

JECTOR(ジェクター)

JECTOR(ジェクター)は、映像制作特化型のプロジェクト管理ツールであり、クリエイターのアイデアを安全に一元管理します。制作物をチームやプロジェクトメンバーで共有することで、アイデアを更にブラッシュアップしていけるでしょう。

JECTORの機能

豊富なフォーマットに対応

豊富なフォーマット(※以下参照)に対応しているため、実際に撮影した動画や音声、プロジェクトのための制作メモ、予算表など幅広い業務で使用することができます。コーデックのプレビューも可能です。

  • 画像:jpg・gif・png・tiff・pdf・ai・psd・eps・bmp・odg・odi・indd・tga・dpx
  • 動画:mxf・mp4・m4v・m2v・mov・avi・flv・asf・mpeg・mpg・ogm・wmv・wmx・mkv・ m2ts・mts・3gp・3g2・dv・ts・swf・vob
  • 音声:mp3・wav・aif・aiff・au・snd・oga・aac・m4a・wma・flac・caf・amr
  • 3Dデータ: stl・obj・fbx
  • Office:docx・doc・xls・xlsx・ppt・pptx・odt・ods・odp
  • その他:txt・rtf・csv・xml・xmp・html・odg・odc・odf・odi・odm・odb
JECTOR導入事例
引用元:JECTOR https://www.jector.com/feature/

メタデータ管理もできて
検索も簡単

独自の動画プレイヤー機能で、最小「×0.25」から最大「×8.0」まで自由に再生速度の変更が可能。フレーム単位のコマ送りやコマ戻しにも対応しています。撮影者の情報や日付などメタデータをファイルに紐づけて管理できるため、検索も簡単です。

JECTOR導入事例
引用元:JECTOR https://www.jector.com/feature/detail/

権限設定で情報漏洩リスクを回避

プロジェクトフォルダはメンバーごとに5段階の権限を設定できます。ファイル閲覧のみの設定をすることも可能。ファイルの持ち出しを最小限にすることで、情報漏洩リスクを回避します。

JECTOR導入事例
引用元:JECTOR https://www.jector.com/feature/detail/

動画ファイルへのコメント

ユーザーの行動はログに残ります。ログインやログアウト、プロジェクトファイルの作成や共有の設定、ファイル便の送信、パスワード変更まで全てにおいてログに残るため、何かあればログから誰のアクションかを把握することが可能です。

JECTOR導入事例
引用元:JECTOR https://www.jector.com/feature/detail/

JECTORで何が叶う!?

効率化

直感的に使用することができ、操作に煩わしさがありません。アップロードもダウンロードも安定して速いため、作業時間の削減が実感できるでしょう。所要時間の見積もりが正確に分かるため、作業の効率化が見込めます。

クオリティアップ

JECTORでは多くのフォーマット、大容量のファイルに対応しているため、大きなファイルの送受信を待ち続ける、特殊ソフトがないとファイルを閲覧できない…などの手間を省きます。よりアイデアそのものに集中できるため、クオリティアップに繋がります。

ミス防止

データはクラウドのみに保管され、使用していたパソコンやスマートフォンには保存されません。万が一盗難や置忘れなどがあったとしてもデータの流出を防ぐことができます。閲覧での一時的なキャッシュも端末に残さないように設定できます。

ナレッジ化

クラウドにデータを保管し、一元管理ができるJECTOR。データを保管するということは、クリエイターの生み出したアイデアを保管するということ。それらを誰でも見られるようにし、メンバーで確認してさらにブラッシュアップしていくことでナレッジ化を可能とします。

自分の会社にマストな
プロジェクト管理
ツールを探す

JECTORの導入事例

事例01

アニプレックス
「バランスに優れたツール」

課題01 セキュリティ面で安全なツールを探していた
課題02 業務内容や会社の拡大に対応できるツールが必要
課題03 過去素材の管理、再利用に時間や手間がかかっていた
JECTOR導入事例 アニプレックス

引用元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/aniplex/

セキュリティが強く求められるサービスであるため、2段階認証をはじめとするセキュリティ面の充実が導入の決め手となりました。

新しくアカウントを配布する際にも、2段階認証設定が準備されており、モバイル端末を紛失した際の対策も講じられています。

また、ハードディスクに保存していたデータや素材も出先からでも確認、送付することができるため、手間や時間を大幅に削減することが可能。UIが分かりやすくITリテラシーに精通していないスタッフでも使いやすいことも大きな魅力です。

参照元:JECTOR https://www.jector.com/interviews/aniplex/

事例02

東映
「セキュリティを担保しながらスムーズな現場作業を実現」

課題01 どこからでも簡単にデータをチェックする必要があった
課題02 会社が許可していない状況でIT機器やwebサービスを利用するリスクがあった
課題03 セキュリティを担保しながらも、現場がスムーズに回るツールが必要
東映導入事例 アニプレックス

引用元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/toei/

マネジメント側が納得できるセキュリティ、ユーザー側の使い勝手のよさのバランスがとれていることからJECTORの導入を決めました。

スペックはもちろんのこと、使い勝手がよくシンプルな機能であるため、簡単な説明だけでユーザーが使えることも大きな魅力です。

閲覧ログが確認できるため、電話やメールで確認する必要もなくなりました。アップロードにより、視聴者側に合わせた自動エンコードが行われるため、エンコード作業自体をカットすることも可能です。

参照元:JECTOR https://www.jector.com/interviews/toei/

事例03

日本ブラインドサッカー協会
「海外でもメディア対応が可能」

課題01 国内外を問わず迅速な対応ができる環境が欲しかった
課題02 サーバー構築すると手間やコストがかかり現実的ではなかった
課題03 ポータブルHDへのコピー作業だけでも1日で終わらないことがあった
日本ブラインドサッカー協会導入事例 jector

引用元:JECTOR
https://www.jector.com/interviews/blind-soccer/

JECTORの導入により、試合終了後、最短2時間以内で日本のメディアに素材を提供できる環境を構築することができました。

過去の映像や画像をアップロードしておけば、急なリクエストにも迅速に対応することが可能に。映像や画像のURLを発行して送るだけのシンプルな作業により、手間や時間を大幅にカットすることができます。

これによりハードディスクのコピー作業をする費用もなくなり、モバイル端末からすぐに返信できることも魅力となっています。

参照元:JECTOR https://www.jector.com/interviews/blind-soccer/

その他の導入企業

JECTOR導入事例
引用元:JECTOR https://www.jector.com/interviews/page/2/

アークベル株式会社/亜細亜堂/Assist/ANIPLEX/一般社団法人 衛星放送協会/hulu/NAI/NHK EDUCATIONAL CORPORATION/LCV/ELESEVIER/OAB/角川大映スタジオ/神風動画/木万屋/Canbas/Kiyoko Goto and Bourdarie Cancer Foundation/CRAZY TV/crossmedeia communication/KRK/NCNPなど

2020年12月時点の情報 参照元:JECTOR https://www.jector.com/interviews/

JECTORのネット上の
口コミ・評判

JECTORはどういう企業や
部署に向いている?

JECTORはクリエイティブ制作のプロジェクト管理ツールの中でも、映像関係の企業に向いてる機能が多く搭載されています。

映像だけではなく静止画に関する機能も充実していますが、静止画中心でしたら、他にも様々なツールがありますので、一度比較検討をしてみても良いでしょう。

以下のページでクリエイティブ管理ツールをまとめています。

JECTORの費用

「アカウント数」「容量」により料金が変化します。下記に費用例を紹介します。

  • ユーザー数5人、容量100GBの場合:¥18,700/月(税込)
  • ユーザー数5人、容量200GBの場合:¥20,900/月(税込)
  • ユーザー数10人、容量100GBの場合:¥35,200/月(税込)
  • ユーザー数10人、容量200GBの場合:¥37,400/月(税込)

参照元:JECTOR 公式HP https://www.jector.com/price/

クリエイティブ制作向きの
プロジェクト管理ツール
のまとめを見る

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Brabio!(ブラビオ)
Youtrack
NotePM
kintone(キントーン)
Save Point(セーブポイント)
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
Todoist
GoogleTables
universions(ユニバージョンズ)
ActiveAssets(アクティブアセット)
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
Adobe Creative Cloud
Zoho Projects
Project Director
smartsheet(スマートシート)
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Brushup(ブラッシュアップ)
Tom’s planner
clarizen(クラリゼン)
ANDPAD
monday.com
サイボウズOffice
Notion
Reforma PSA(レフォルマピーエスエー)
Taskworld(タスクワールド)
CIERTO(シエルト)
Jira(ジラ)
jive(ジャイブ)
Asana(アサナ)
Time Krei(タイムクレイ)
MA-EYES(エムエーアイズ)
AdFlow(アドフロー)
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
みんなでガント
Contrack(コントラック)
synco(シンコー)
vync(ビンク)
ganttpro
SMOOTHie(スムージー)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
Instagantt
Huddler
Stock(ストック)
Wrike(ライク)
Redbooth
SI Object Browser PM
Nozbe
Redmine(レッドマイン)
MeisterTask