プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » Mammoth Project

公開日: |最終更新日時:

Mammoth Project

Mammoth Projectは、タスク管理や議事録管理、メンバー情報管理などの様々な機能を搭載したプロジェクト管理ツール。5種類のビューを持つタスク管理機能が特徴のツールです。Mammoth Projectの代表的な機能やユーザーの口コミ評判、向いている企業・部署などについて見てみましょう。

Mammoth Projectの機能

5種類のビューでタスクを確認できる

一般にタスクのビューは、Todoリスト形式で一元共有管理されているもの。それに対してMammoth Projectのタスクのビューでは、Todoリスト形式のほかにも、カンバン形式やプロジェクトマップ形式、ガントチャート形式、カレンダー形式の計5種類を用意。どのビューでもタスクをドラッグ&ドロップできるなど、使い勝手も非常に良くなっています。

議事録やフィードバックなどをログ化

プロジェクトをスタートさせて完了させるまでの間、「検討したこと」や「決まったこと」などを、確実に共有し保管しておくことが大事。これらの情報が行方不明になってしまうと、関係者同士の「言った」「言わない」の問題へ発展しかねません。 Mammoth Projectでは、メールやチャットでは行方不明になりそうな情報をログ化するので、後からでも簡単に確認することが可能。精度の高い情報管理を実現します。

プロジェクト中でのメンバー退席・参入処理が容易

プロジェクトの進捗中、あるメンバーがプロジェクトから退席したり、新規メンバーが参入したりなど、人事上の変動はよくある話です。これらメンバーの変動を迅速に管理ツールへ反映させることは、スムーズなプロジェクト進行において重要な要素となるでしょう。

Mammoth Projectでは、プロジェクトメンバーの情報が一元管理されているので、メンバーの変更を始めとした各種の引き継ぎ業務をスムーズに遂行可能。法人契約における一括処理にも対応しています。

Mammoth Projectで何が叶う!?

効率化

どんなツールを使うのであれ、業務の進捗を直接管理する機能はタスク機能。タスク機能の仕様がプロジェクトの効率化の鍵を握っている、と言っても過言ではありません。

Mammoth Projectでは、5つのビューを駆使して多角的・可視的にタスク管理が可能。プロジェクトの著しい効率化が期待できます。

クオリティアップ

タスク管理機能の充実や議事録・フィードバックなどのログ化を通じ、プロジェクトの細部まで無駄のない動きとなります。これによりメンバーたちは、今まで得られなかった余力を得られるようになり、この余力により担当業務に厚みを付けられるようになるでしょう。必然的にプロジェクト全体のクオリティはアップし、クライアントからの評価にもつながります。

ミス防止

充実のタスク管理ビューを、管理者はもとよりメンバー全体で共有することができるので、従来よりもヌケやモレなどのミスは減少することでしょう。

ミスの減少により、取引先からのクレームも減る可能性があります。取引先との長期的な信頼関係構築にも役立つことでしょう。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

Mammoth Projectの導入事例

Mammoth Projectの導入事例は公式サイトに記載ありません。

その他の導入企業

Mammoth Projectの導入事例は公式サイトに記載ありません。

Mammoth Projectの
ネット上の口コミ・評判

複数の案件を平行してこなしていたとき、チーム内がコミュニケーション不足で疲弊していると感じ、解決のため導入いたしました。導入したことで、チーム内での情報の行き違いが減りました。無駄な揉め事で作業が止まることもなくなり、うまく成果を挙げることができ、とても満足しております。

引用元:BOXIL(https://boxil.jp/service/622/reviews/)

使い方が非常に簡単。思いついたらスグにプロジェクトに落とせるので、全体的な企画の回転が早くなりました。仕事の内容はもちろん、忘年会や懇親会といったイベントもまとめて管理しています。資料をアップロードできるので、タスク内容だけでなく情報共有の場としても使えています。

引用元:BOXIL(https://boxil.jp/service/622/reviews/)

Mammoth Projectは
どういう企業や
部署に向いている?

Mammoth Projectの最大の売りは、何よりもタスク機能の充実です。5つのビューでタスクを同時管理をできるツールは、なかなかないでしょう。この機能により業務改善が図れそうな企業・部署は、ぜひ導入を検討してみたいものです。 たとえばソフトウェア開発やシステム開発などのように、個人プレーはもとよりチームプレーが重視される企業・部署では、Mammoth Projectのタスク管理機能が大いに役立つ可能性があるでしょう。

クリエイティブ向け
プロジェクト管理
ツールを探す

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
Huddler
universions(ユニバージョンズ)
Time Krei(タイムクレイ)
Trello(トレロ)
Qast
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
SI Object Browser PM
Notion
Adobe Creative Cloud
AdFlow(アドフロー)
Bitrix24
Jooto(ジョートー)
ActiveAssets(アクティブアセット)
TimeTrackerNX(タイムトラッカーエヌエックス)
クラウドログ(旧InnoPM)
monday.com
アラジンオフィス
GroupTask
jive(ジャイブ)
Stock(ストック)
NotePM
Evernote
Zoho Projects
Asana(アサナ)
smartsheet(スマートシート)
Taskworld(タスクワールド)
Contrack(コントラック)
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Project Director
サイボウズOffice
clarizen(クラリゼン)
GoogleTables
Redbooth
Tom’s planner
Wrike(ライク)
Save Point(セーブポイント)
Agilefant
みんなでガント
CIERTO(シエルト)
GoWorks(ゴーワークス)
kintone(キントーン)
EAST2
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
gantter
COMMU
ReTask
Microsoft Project
ganttpro
vync(ビンク)
Brushup(ブラッシュアップ)