【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 本当に“使える”DAMとは » Boxデジタル資産管理

公開日: |最終更新日時:

Boxデジタル資産管理

多くのアプリケーションとの統合性が特徴のBoxのDAMによるアセット管理の有効性や実際の活用事例を紹介します。

boxのDAMとしての機能

Box内でデジタル資産を一括で管理、きめ細やかなアクセス制限で必要な人が必要な時にデータにアクセスすることができます。データの検索性を向上させるアセットのタグ付けや、信頼度の高い資産管理を自動で行います。

反復作業を自動化

Boxプラットフォーム内に統合されたワークフロー自動化ツールにより、作業の効率がアップ、時間をかけたい作業により集中することでチームの生産性も上がります。コメントや自動タグ付け機能で、リアルタイムのコラボレーション作業を実現。承認ワークフローの自動化で手作業によるエラーを回避できることに加え、契約書の管理などの反復業務を自動にすることが可能です。

アプリ連携でさらに使いやすく

1,500以上ものアプリとの統合機能を備えたBox。分散したコンテンツの集約で、顧客のニーズに沿ったコンテンツの発信を容易にするだけでなく、開発者向けのツールやAPIの活用によって、機能を拡張・カスタムすることができます。

安全性の高い資産管理

機密ファイルに電子透かしを設定したり、ユーザーごとの資産の閲覧権限を7段階から細かく選択することが可能。適切な人だけが、必要な時にコンテンツの表示、ダウンロード、編集を行うことができます。

その他の機能まとめ

制作物の改定やチームからのフィードバックを一か所に集約でき、新しい資産のレビューや承認を行うタスクを割り当てることができるため、ワークサイクルあたりの作業時間や手間が短縮されます。また、各ファイルのアクセス統計を確認することで、データのアクセス履歴を追跡。利用頻度の高いデータのレポートを取得して、パフォーマンスを評価することも可能です。

自社に最適なDAMを
見つけたいならチェック!

boxの導入事例

事例01

ChargePoint
コストを抑えながら販売から契約までのサイクルの短縮が実現しました

課題1 急成長するEVビジネスを支える新たなDAMツールの導入
課題2 自社および外部パートナーや代理店との業務プロセスを強化
課題3 容易に使え、かつ安全性の高いデータ管理

外部メーカー、ベンダー、規制当局と連携するための中央ハブとしてBoxを使用。安全性を保ったまま複数のクラウドベースアプリとの併用が実現しました。従来のITプラットフォームに比べ、コストを抑えながらも販売から契約までのサイクルが短縮され、自社製品をより迅速に市場に届けることができるようになりました。

事例02

ハーバライフ
流通をグローバルに合理化

課題 国内外の業者とのコミュニケーションの効率化

Boxのクラウドコンテンツ管理の導入により、他業者とのやり取りを一括管理・整理することができました。適切な情報を欲しいときに簡単に手に入れることができるようになり、生産性も向上しました。以前はセキュリティーが十分でない電子メールで様々な情報をやり取りしていましたが、新しい情報共有プラットフォームに変えたことでリスクが軽減しました。

boxはどんな人にマッチしているDAM?

多くのアプリケーションとの統合に対応するBoxは、作業の自動化や効率化をよりコストをかけずに行いたい人、さらにすぐに使えるわかりやすさと安全性を兼ね備えたツールを探している人向きの製品です。機密情報定義ごとの分類機能名など、セキュリティー管理に特化した機能が備わっています。Box Shieldの機械学習と、ポリシー設定による脅威検知機能でコンテンツを常に安全な状態に保ちます。

自社に最適な
DAMを探す

関連ページ

【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

本当に“使える”DAMとは
オンラインストレージおすすめ一覧
Contentserv DAM
OpenText Media Management