プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」 » 【2021年】プロジェクト管理ツール比較 » teamgantt

公開日: |最終更新日時:

teamgantt

teamganttはteamgantt GmbHが提供する、ドイツ生まれのプロジェクト管理ツールです。Redmineをベースに制作されており、パソコンからはもちろん、iOSアプリも提供されているためモバイル端末でもアクセスしやすくなっています。

teamganttの機能

簡単に操作できるシンプル設計

簡単に操作できるシンプル設計

引用元:teamgantt
(https://www.teamgantt.com/features)

Teamganttは操作がシンプルで分かりやすいのが特徴です。直感的に操作でき、開始日や終了日、タスクの並べ替えや作業の順番を入れ替えたりもクリック一つで可能です。

表記は英語のみですが、複雑な操作はないので特に影響を受けることなく利用できるでしょう。

改善ポイントがすぐに見つかるガントチャート

改善ポイントがすぐに見つかるガントチャート

引用元:teamgantt
(https://www.teamgantt.com/features)

すっきりとしたデザインのガントチャートに、プロジェクト全体がおさまるので、進捗遅れの原因となるタスクを発見しやすくなります。

チームメンバーの仕事管理が容易

チームメンバーの仕事管理が容易

引用元:teamgantt
(https://www.teamgantt.com/features)

チームメンバーが現在何個のタスクを抱えているのか、何個のタスクを完了したのかなどが一覧で表示されます。もし、負荷がかかりすぎているメンバーがいる場合はタスク数の調整をしていきましょう。また、プロジェクトが予算内に収まっているかについても管理が可能です。

teamganttで何が叶う!?

プロジェクトの問題点を発見できる

Teamganttではガントチャート全体が見渡しやすくなっており、メンバー個人の作業進捗と共に、プロジェクト全体の進捗状況もひと目で確認できます。そのため、ボトルネックとなっている所があれば、すぐに発見でき適切な対応を取ることができます。

メンバー間のやり取りがスムーズになる

Teamganttは他の多くのプロジェクト管理ツールと同様、使いやすいスマートフォンアプリが用意されています。使いにくいアプリだと、別のツールでやり取りをしてしまいがちです。アプリが使いやすいので、ストレスを感じずにメンバー同士やり取りが可能になります。

タスクの割り振りが効果的にできる

チームメンバーがタスクを何個抱えているのか、現在余裕があるのか、それとも手一杯なのかを一覧表で把握できるため、問題が発生する前に余裕のあるメンバーにタスクを振るなどの対応ができます。

今の業務にベストな
プロジェクト管理
ツールを探す

teamganttの導入事例

事例01

Lisa氏
(Rush社)

導入事例01

TeamGanttは本当に見やすいです。好みに応じてビューを切り替えられるのも気に入っています。TeamGanttのおかげで、より自信をもってマネージメントできるようになりました。

参照元:teamgantt (https://www.teamgantt.com/success-stories)

事例02

担当者
(Ascent Architecture and Interior社)

導入事例02

私たちのチームはTeamganttを使うのが好きです。なぜならスケジュールを立てやすく、とても見やすいからです。

参照元:teamgantt (https://www.teamgantt.com/success-stories)

その他の導入企業

アマゾン、ネットフリックス、ナイキなど

2021年8月時点での情報 参照元:teamgantt(https://www.teamgantt.com/)

teamganttのネット上の
口コミ・評判

teamganttはどういう企業や
部署に向いている?

teamganttは多くのスタッフでプロジェクトを行うほか、個人事業主にも向いているプロジェクト管理ツールと言えるでしょう。

teamganttの費用

▼表は横にスクロールできます。

プラン名 フリー スタンダード※ アドバンス※
月額費用 無料 24ドル95セントから 29ドル95セントから
プロジェクト数 1 無制限 無制限
ユーザー数 3 プランによる プランによる
※30日間無料利用が可能

デザイナーも使える
プロジェクト管理
ツールを探す

そのほかのエンジニア向け
プロジェクト管理
ツールを探す

関連ページ

プロジェクト管理ツールマッチングサイト「.tool」

【2021年】プロジェクト管理ツール比較
MeisterTask
THOMAS PROJECT(トーマスプロジェクト)
Redbooth
Wrike(ライク)
NotePM
ActiveAssets(アクティブアセット)
Lychee Redmine(ライチレッドマイン)
Tom’s planner
COMMU
jive(ジャイブ)
Taskworld(タスクワールド)
Todoist
Jooto(ジョートー)
GoogleTables
Brushup(ブラッシュアップ)
Brabio!(ブラビオ)
Jira(ジラ)
アラジンオフィス
Trello(トレロ)
GroupTask
Contrack(コントラック)
aipo
smartsheet(スマートシート)
SMOOTHie(スムージー)
ReTask
GoWorks(ゴーワークス)
Qast
Instagantt
EAST2
ganttpro
VideoWorks クラウド(旧Crevo Base)
みんなでガント
ZAC(ザック)
monday.com
Being Management3(ビーイングマネジメント3)
Huddler
universions(ユニバージョンズ)
Save Point(セーブポイント)
ANDPAD
MA-EYES(エムエーアイズ)
Nozbe
Zoho Projects
Evernote
Stock(ストック)
Ganttodo(ガントトゥードゥー)
Project Director
Notion
【プロジェクト管理ツール】
Backlog(バックログ)
Time Krei(タイムクレイ)
サイボウズOffice