【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」 » 本当に“使える”DAMとは » Aprimo

公開日: |最終更新日時:

Aprimo

資産の保存や利用だけでなく、効率的な運用までアシストしてくれるAprimoの特長や利用事例を紹介します。

AprimoのDAMとしての機能

テキストから3D、4Kビデオまで、あらゆるフォーマットのデジタル資産を一か所に集約。コンテンツのプランニングから作成、配信まで、コスト面においても企業のコンテンツ力向上をサポートします。

よりローカライズされたアセット

テキストベースから4Kまで、あらゆるタイプのコンテンツのライフサイクル(計画、作成、配信)を一か所で管理。様々なタイプのデータの検索性向上や地域によって異なる需要を的確にとらえた検索結果のローカライズ、共有がより簡単に行えます。さらに、柔軟な閲覧制限機能で、チームごとのアセット利用権限を細かく設定することができます。

ワークフローの自動化・合理化

制作スケジュールの管理やレビュー、承認などの生産プロセスを、アジャイル手法を取り入れた独自のAIを用いて自動化することで、チームはより価値の高い作業に集中することが可能です。配信の高速化に加え、一貫性のある企業のブランディングに特化しています。

的確なニーズキャッチ

メタデータの使用で、コンテンツを充実させたり有効期限を設定することができ、顧客の需要にマッチした製品を、より早く・優れた形で市場に提供することが可能です。常に変化するニーズを確実にとらえて、効率的なビジネスモデルを確立します。さらに、Salesforce、Adobe、Slackなどの他ツールと統合することで、より作業が簡単になります。

その他の機能まとめ

予算管理、リアルタイムな経費の追跡を視覚化することができます。プロジェクトの進行に欠かせないマーケティング費用の計画や構成、配分に必要なデータを独自収集し、より正確で効果的な投資収益率の計算を行います。コンテンツをただ保管するだけでなく、利益につながるより有用性のある再利用までを考慮したリソースの戦略的な利用でROIを向上させ、さらに優れたブランドへと企業を導きます。

自社に最適なDAMを
見つけたいならチェック!

Aprimoの導入事例

事例01

Bank of America
「運用し始めて最初の年には、請求書を33%高速に処理しました」

課題1 マーケティング手順の簡略化・支出の可視性の向上
課題2 マーケティング活動を戦略的目標に合わせて調整すること

PCベースのデータベースから、Webベースのシステムに移行したことで、リアルタイムのユーザー財務の可視性が拡大しました。さらにAIベースによる独自データ収集システムを利用して、マーケティング支出の正確な追跡を可能にするROI計算を開発。より正確な財務報告を実現することができました。さらに自動化されたワークフローのおかげで、承認タイムラインも27%短縮されました。

事例02

SOS CHILDREN’S VILLAGES
「法令順守とコスト管理がグッと簡単に、わかりやすくなりました」

課題1 多くの子供の個人情報を含んだ資産のセキュリティー管理
課題2 ブランドメッセージの管理と法コンプライアンスの準拠の両立
課題3 ブランドメッセージの管理にかかる高額な費用の削減

AprimoのDAM導入により、資産の管理や利用が容易になったことで資金調達に必要な外部とのやり取りもスムーズになりました。さらに柔軟なアクセス制限機能でより多くのメンバー協会がMediaboxにアクセスできるように。資産の包括的な運用管理でコスト効率が上昇し、資産のプライバシーと法令順守の確認が分かりやすく行えるようになりました。

Aprimoはどんな人にマッチしているDAM?

キャンペーン等を通したブランディングを行いたい企業におすすめのDAMと言えます。企業ごとのブランドコンプライアンスを尊重しながら、戦略的な資産管理、コスト計算をより正確に、かつ簡単に行いたい人に向けた製品です。

自社に最適な
DAMを探す

関連ページ

【2022年版】プロジェクト管理ツール比較サイト「.tool」

本当に“使える”DAMとは
オンラインストレージおすすめ一覧
Adobe Experience Manager Assets
CARAデジタルアセット